ニュースリリース

Digital Performer 11.3リリースノート

DP11の最新バージョンである「DP11.3」がリリースされました。今回のアップデートにて、クリップに梱包されたMIDIデータを、MIDIウィンドウ及び、クイックスクライブ・ウィンドウにて編集する機能が搭載されました。また、多くの不具合の修正が行われています。DP11ユーザーは下記のページより無償にてアップデーターをダウンロードすることができます。

 

MOTUダウンロードページ

 

 

 バージョン11.31で導入された機能拡張

 

機能拡張および最適化

 

  • Novation Launchkey MK3シリーズのサポートを追加。
  • DPとSoftube Console 1間のトラック選択同期機能を追加。 Console 1はDPで選択されたトラックに追従し、DPはConsole 1で選択されたトラックに基づいて更新されます。
  • iCONのコントローラーであるV1-M、V1-X、P1 Nano、P1-M、P1-Xを完全にサポートするように、コントロール・サーフェスのプログラムを更新しました。
  • データのクリップを解凍するときの動作を微調整し、ミュートされたクリップをトラックのギャップとして「解凍」するのではなく、スキップするようにしました。

 
 

修正

 

  • DPのMackie Controlドキュメントに記載されている方法に従った場合に、MCUベースのコントロールサーフェスからParaEQを挿入できないバグを修正しました。
  • ミュートされたMIDIトラックの最初の音が省略されてしまうバグを修正しました。
  • オートメーションラインでトリムツールを使用した際にDPがクラッシュする不具合を修正しました。
  • クリップデータの一部が選択されている場合に、時間範囲選択で部分選択されたクリップの選択を解除します。MIDIエディターでクリップ内の時間範囲選択をコピー&ペーストするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • MIDIエディターでピッチルーラー上のノートをダブルクリックすると、すべてのクリップからノートが選択されないバグを修正しました。
  • ラインモードでMIDIデータをスクロールする際のグラフィックの不具合を修正しました。
  • MIDIエディターとシーケンスエディターで、左エッジを使ってクリップをエッジ編集してループさせるときの問題を修正しました。
  • ドラムエディターとノーテーションエディターで、画面をスクロールするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • フィルターに関するいくつかの潜在的なバグを修正しました。
  • ノーテーションエディターでノートが表示されないバグを修正しました。
  • トラックオーバービューの時間範囲選択に関連するクラッシュを修正しました。
  • MIDIノートが小さすぎると消えてしまうバグを修正しました。
  • クリップが選択されているときに、プレビューが有効になっているグルーブクオンタイズペインを終了するとクラッシュする不具合を修正しました。
  • Metric HaloプラグインのVST3との互換性問題を修正しました。
  • カスタムコントローラー名を含む、古いプロジェクトファイルをDP11で開くとクラッシュする問題を修正しました。
  • プロジェクト内のすべてのバンドルを削除するとクラッシュする不具合を修正しました。
  • 環境設定でMIDIクリップをMIDIエディターで開くように設定している場合に、オーディオクリップをMIDIエディターで開こうとするバグを修正しました。
  • まだディスクに保存されていないプロジェクトのArticulation Map Setupウィンドウを開こうとしたときに発生するエラーを修正しました。
  • クイックスクライブを使用して、ループクリップの1つ以上のノートの選択範囲にスラーを追加するときに、視覚的な不具合や予測不可能な動作を引き起こすバグを修正しました。
  • クイックスクライブでスラーを含むノートにアーティキュレーションを追加するとクラッシュすることがある不具合を修正しました、
    クイックスクライブでスラーをグラフィカルに削除するとクラッシュする不具合を修正しました。
  • トラックセレクターでMIDIチャンネルによるフィルタリングが機能しないバグを修正しました。
  • ミキシングボードのトラックセレクターで、アクティブな検索語によってフィルタリングされている状態で、ユーザーが現在ミキシングボードに表示されている1つ以上のトラックを含むV-Rackを削除しようとすると、クラッシュする可能性があるバグを修正しました。
  • 外部プログラムからのオーディオファイルのドラッグ&ドロップ、またはセッション中にハードドライブから削除されたオーディオのドラッグ&ドロップによる未定義の動作とクラッシュの可能性を修正しました。
  • Nugen AB Assist 2 が常にリアルタイムで実行されるようにし、再生中にミックスを切り替えたときのオーディオ再生の問題を防止しました。
  • トラック名や色のような追加のホスト情報を使用するプラグインを含むプロジェクトに新しいトラックを追加するときに発生する可能性のあるクラッシュを修正しました。
  • ARAが有効なトラックでテイクを表示、編集する際に、未定義の動作やクラッシュを引き起こす可能性のあるバグを修正しました。
  • テイクが表示されている状態で、割り当てられたトラックのARAエフェクトを変更すると、テイクのサウンドバイトに割り当てられたARAエフェクトが正しく更新されないバグを修正しました。
  • シーケンスエディターで、現在の選択に1つ以上のテイクのデータが含まれているときに、テイクを非表示にするとクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • チャンネル・ストリップからトラック名をポップ・エディットしているときに、上下矢印キーを押すとクラッシュする不具合を修正しました。
  • コントロール・サーフェスがVCAトラックのトラック・ソロ状態を変更できないバグを修正しました。
  • リストから1つ以上の項目を削除した後、WindowsのBounce Again設定が新しい選択項目を正しくハイライトしないバグを修正しました。
  • Follow Click Style “のメモリーリーク問題を修正しました。
  • Windows上でパンの編集に問題があったConsole 1の統合バグを修正しました。
  • Console 1のパンコントロールが、最も右のパン値で停止するバグを修正しました。
  • Change Meterダイアログのメモリーリークを修正しました。
  • コンティニュアスデータエディターで、ベロシティイベントが描画されない表示バグを修正。
  • 保存時に選択されたエクスポート設定に関係なく、MIDIとして保存するときに非破壊的なMIDIエフェクトがプリントされてしまうバグを修正しました。
  • MIDIエディターとシーケンスエディターで、テンポイベントが表示されるバグを修正しました。
  • ARAが有効なサウンドバイトを含む、ストレッチが有効なトラックで、再生中にシーケンスのテンポを変更するとクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • Console 1/VST3 で、ホスト情報を使用するプラグインからパンをセンターにリセットすると、センターでない設定になるバグを修正しました。
  • トラックカラーが、個々のトラックのカラー変更ではなく、スキームの変更の結果として変更された場合、この情報を使用するVST3プラグイン(Console 1など)が更新されないバグを修正しました。
  •  Live Room B、Live Room G、Live Stage、Springamabobで、バイパスが無効化された後でも、プラグインがバイパス・モードで立ち往生してしまうバグを修正しました。
  • macOS 14.3以上でのグラフィックの遅延問題を修正しました。
  • DPのスペイン語ローカライズ版のグラフィックの不具合を修正しました。

 

 

バージョン11.3で導入された機能拡張

 

機能強化と最適化

 

  • スタンドアロンのエディター・ウインドウにて、トラック・セレクターのサイズを変更する機能を追加。
  • MIDIウィンドウとクイックスクライブ・ウィンドウで、クリップを表示、編集する機能を追加。
  • クイックスクライブ・ウィンドウのツールパレットを画面にドッキング、またはアンドッキングさせる機能を追加。右クリックで切り替えが可能。
  • Windows環境にて、PCに接続された異なる解像度で動作する2台以上のディスプレイを含む、高解像度ディスプレイをより良くサポートします。古いプラグインのUIを強制的にアップスケーリングする機能を追加しました。
  • Synchro Arts VocAlignとSound Radix Auto-Align 2のARA互換性を追加。
  • Articulation Map Setipコマンドを複数のトラックで動作するように更新しました。
  • クリップの拍子を、コンダクタートラック上の拍子通りに設定するように「クリップへ梱包」コマンドの仕様を変更。
  • 「小節を挿入…」コマンドを、クリップ化したサウンドバイトに対して実行した際、クリップを分割するように機能を変更しました。
  • EastWestプラグインに関連する、MIDIファイルとの互換性を改善しました。
  • クイックスクライブ・ウィンドウの入力モードで、マウスカーソルに対する音符のクオンタイズと配置を改善しました。
  • ウインドウ・スイッチャー・メニューのコンダクター・トラックの項目を、コンダクター・トラックを含むチャンク(曲またはシーケンス)の名前に固定しました。
  • 低いバッファサイズでのオフライン・バウンストゥディスクの速度を改善しました。
  • サウンドファイル情報ウィンドウを変更し、選択されたすべてのバイトにチェックマークを表示するようにしました。
  • 環境設定 > MIDI Editing > Double Clickの項目に、MIDIエディターでノートをダブルクリックしても、何も起こらないようにするオプションを追加。
  • 環境設定 > エディットウィンドウ > Clips in Tracksの項目に、MIDIエディターでClips in Tracksを開く設定を追加。
  • チャンクリストウィンドウで、フォルダの三角形をopt/altクリックすると、ツリー内の同じ階層にあるすべてのフォルダを開閉するように変更しました。
  • バウンストゥディスク・プリセットの編集機能を追加しました。
  • FabFilterプラグインでトラック名を表示する機能を追加しました。

 
 

修正

 

  • クリップエディターを閉じた後、シーケンスエディターでサウンドバイトをエッジ編集するときにクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • MIDIエディターがコンソリデイトウィンドウにドッキングされているとき、コンダクタートラックのイベントリストの “MIDIエディター”メニュー項目がMIDIエディターを正しく開かないバグを修正しました。
  • クイックスクライブオートノートスペリングのエッジケースを修正しました。
  • システムダイアログの様々な視覚的な不具合を、より新しいWindowsシステムダイアログスタイルに置き換えることで修正しました。
  • ドラムエディターを閉じずにトラックセレクターの可視性を切り替えた後に、プロジェクトファイルを保存した場合、ポップアウトしたドラムエディターがトラックセレクターの保存された可視性の状態を更新しないバグを修正しました(以前は、この設定はドラムエディターを閉じたときにのみ更新されました)。
  • ミキシングボードとクリップウインドウでトラックセレクターを開くと、ウインドウの右端がスクリーンの端から押し出されるようなリサイズが発生するバグを修正しました。
  • トラックからクリップをコピーしてクリップウインドウにペーストする際に発生するバグを修正しました。
  • 複数のクリップを連続して再生すると、まれにトラック内のクリップが省略されてしまうバグを修正しました。
  • 同じハードウェア設定の異なる Mac コンピューター間でドキュメントを移動できるように改善しました。
  • まれにDPが特定のプロジェクトファイルを読めないバグを修正しました。
  • まれにサウンドバイトを選択するときにDPがクラッシュするバグを修正しました。
  • アーティキュレーション・マップがトラックに割り当てられているかどうかに関係なく、MIDIデータを含むトラックのアーティキュレーション・レーンを “Show All Lanes With Data “で表示してしまうバグを修正しました。
  • 複数のエフェクトウィンドウを開いている場合、プロジェクトを保存/再開するたびに、開いているエフェクトウィンドウが下に移動してしまうバグを修正しました。
  • メトロノームメニューの「リモートソースを設定」が、選択されたMIDIソースを保存しないバグを修正しました。
  • アクティブなシーケンスがリネームされたとき、クリップウインドウが正しく更新されないバグを修正しました。
  • AAFエクスポートにおけるApple Siliconとの互換性を修正しました。
  • クリップウインドウで再生中のMIDIクリップで特定の操作を行うと、DPがハングアップするバグを修正しました。
  • マイクアクセスのメッセージが間違ったアプリ名を表示するMacの問題を修正しました。
  • 特定のWindowsシステムのMASプラグインで、テキストラベルが間違った場所にレンダリングされ、視覚的な不具合を引き起こすバグを修正しました。
  • DPがノートオフなしであまりにも多くのノートオンを送信しようとし、使用可能なすべてのボイスを長時間使い果たした場合に発生する可能性のあるMASプラグインのクラッシュを防止しました。
  • V-Rackのインストゥルメント・トラックが、VIトラックに変換される不具合を修正しました。
  • Windowsで大きなWAVファイルをインポートするとクラッシュするバグを修正しました。
  • チャンクウィンドウにドラッグしてインポートしたときに、1つのテンポ・イベントを持つ MIDIファイルが誤ってこのイベントを省略してしまうバグを修正しました。
  • macOSでカスタムダイアログボックスの要素がダイアログボックスの幅に正しく拡大されないバグを修正しました。
  • 特定のテーマで発生する、ファインドテンポウィンドウの視覚的な不具合を修正しました。
  • オーディオトラックイベントをドラッグする際の不具合を修正しました。
  • オーディオのオートメーションポイントを削除した後にドラッグするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • トラックセレクターボタンが、常にエディットウインドウのトラックセレクターを開くように設定されている場合、コンソリデイトウィンドウのタブ間を切り替えたときにクリップウインドウに埋め込まれたトラックセレクターが非表示になるバグを修正しました。
  • アクティブなエディターのターゲットを切り替えるために “Select Prev/Next Target in Editor” コマンドを使用するとクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • クリップウインドウでトラックストリップが重複するバグを修正しました。
  • プロジェクトを開いたときのバッファーサイズが2048より大きく、その後コントロールパネルから2048より小さいサイズに変更された場合、Windows環境でバウンストゥディスクするときにクラッシュすることがあった問題を修正しました。
  • Windows環境で、色のついた領域が明確な終了時間を持たない場合(自動巻き戻しが有効になっている場合など)、 メモリサイクルと自動記録ストリップの視覚的な不具合を修正しました。
  • オーディオ再生中にAudio MIDI Setupを開くとDPが緊急停止するCoreAudioのバグを回避しました。    オーディオは一時的にグリッチしますが、継続します。
  • 特定のウィンドウがアクティブな状態で保存されたプロジェクトを再び開くと、まれにクラッシュすることがあった問題を修正しました。
  • ポップエディットマーカーが機能しないバグを修正しました。
  • UIが100%以上に拡大縮小されたときに、いくつかのウィンドウ(ロックされたマーカーからファインドテンポウィンドウなど)が視覚的な不具合とともに開くことがあるバグを修正しました。
  • 新しいスタイルのインストゥルメント・トラックを含むクリッピング・ファイルを読み込んだ後、 プロジェクトを変更するとクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • グラフィックエディターでMIDIノートをドラッグし、自動スクロールするときに発生する可能性のある視覚的な不具合を修正しました。
  • シーケンスエディターのトラックミニメニューの「ソロ免除」チェックマークが、実際のステータスに関係なく、インストゥルメントトラック上で常にチェックされた状態で表示されるバグを修正しました。
  • クイックスクライブウィンドウで、フィルムキューを表示しようとするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • UIがスケールアップされたとき、エフェクト選択ウィンドウのポップ編集テキストボックスが正しくない位置になるバグを修正しました。
  • 右クリックのコンテキストメニューを開く前に、スロットがまだ選択されていない場合、右クリックのショートカットでミキシングボードのインサートをコピー/ペースト編集すると、反応がおかしくなるバグを修正しました。
  • ある種の無効なデータを含むチャンクを切り替えたときに発生するクラッシュを防止しました。
  • ミキサーの値をポップ編集した後に起こる不規則なクラッシュを修正しました。
  • 特定のノートを入力するためにMIDIコントローラーを使用するとき、スプリットノート・ダイアログがキーボードのノート選択を正しく更新しない原因となっていたバグを修正しました。
  • Spitfireプラグインとの互換性の問題を回避しました。
  • ボリュームとパンのオートメーションのグループ編集が、オーディオトラックを持つグループ内の、結合されたヴァーチャル・インストゥルメントに対して正しく更新されないバグを修正しました。
  • ARA対応のサウンドバイトを再生した後に不安定になるリークを修正しました。
  • 既知のARAエフェクトが、iLok認証の欠落などの外部理由でロードに失敗した場合、DPの起動時にクラッシュすることがある不具合を修正しました。
  • ドキュメントを開いたときに、自動整列と自動整列ポストが正しく復元されない原因となっていたARAのバグを修正しました。
  • 組み合わされたヴァーチャル・インストゥルメント・トラックのデータを含む、トラック・クリッピングのインポートに関するいくつかの問題を修正しました。
  • 組み合わされたヴァーチャル・インストゥルメント・トラックのデータを含むクリッピングをインポートした後、終了時にクラッシュすることがあった問題を修正しました。
  • UIが100%以上に拡大縮小されたときに、トラックを選択した連結ウィンドウの外側でミキシングボードが正しい幅で開かないバグを修正しました。
  • トラックセレクターからマスタートラックが変更されたときに、コンソリデイト・ウインドウのMIDIエディターのタブ幅が更新されないバグを修正しました。
  • トラックセレクターを閉じた状態で、以前に保存されたデフォルトの位置で、トラックセレクターを開いた状態で初めて楽譜を開くと、クイック・スクライブ・ウィンドウが縮小して表示されるバグを修正しました。
  • スケールタイム・ウィンドウを開いているときにチャンクを削除するとクラッシュする問題を修正しました。
  • チャンク・シーケンスがフォルダー内にあるときに発生する、チャンク・リストのヘッダーの視覚的な不具合を修正しました。
  • クリッピング・ウィンドウから名前を変更した後、クリッピングがファイル拡張子を失う原因となっていたバグを修正しました。
  • クイックスクライブ・ウィンドウがすでに開いている状態で 「クイックスクライブエディター」コマンドを使用した場合、いくつかの一貫性のない動作が発生する問題を修正しました。    これらの動作により、選択されたトラックに合わせて楽譜のレイアウトが更新されなかったり、選択されたトラックを開くときにスタンドアローンのエディタウィンドウの位置が不必要にリセットされたりすることがありました。
  • コントロール・サーフェイスが最初に初期化されたとき、MCUシングルフェーダー・オートメーションのトグルがWindows上ですぐに反応しない原因となっていたバグを修正しました。
  • アンドゥ・ヒストリーが破損したプロジェクトをDPにロードできるようにしました。
  • マーキー選択中に、コンダクター・トラック以外のすべてのトラックが、コンダクター・トラックより強いハイライトを受けるバグを修正しました。
  • 時代遅れのMIDIイベントを挿入しようとしたときの “Stop Ask “オプションを削除し、ポップアップ警告ダイアログのメッセージを明確にしました。
  • トラック・オーバービューでopt/alt+クリックを使用してマーカーをポップ編集すると、マーカーの時間範囲が選択されてしまうバグを修正しました。
  • サウンドバイト・リスト・ウィンドウからサウンドファイル情報ウィンドウにタブを変更すると、選択されたサウンドバイトの情報が表示されないバグを修正しました。
  • サウンドファイル情報ウィンドウで、複数のファイルから複数のサウンドバイトを選択すると、選択されたすべてのサウンドバイトが表示されるのではなく、1つのファイルから選択されたサウンドバイトのみが表示されるバグを修正しました。
  • サウンドバイトを削除したり、元に戻すコマンドを使用すると、特定の状況でサウンドファイル情報ウィンドウが正しく更新されないバグを修正しました。
  • サウンドバイト以外をクリックすると、特定の状況でサウンドファイル情報ウィンドウがクリアされるバグを修正しました。
  • サウンドファイル情報ウィンドウで、同じファイルから複数のバイトを選択すると、そのサウンドファイルの情報が正しく表示されなかったり、全く表示されなかったりするバグを修正しました。
  • ドキュメントを開くときに稀にクラッシュすることがあった問題を修正しました。
  • クリップエディターにてフォーカスがあるときでも、フォーカスがないように描画される視覚的な不具合を修正しました。
  • 破損したクイックスクライブ・データから起こりうるクラッシュを防止しました。
  • 特定のVST3またはARAプラグインで、バッファサイズを変更した後にクラッシュすることがあった問題を修正しました。 バッファサイズを大きくしたときにオートアライン2でクラッシュする問題を修正しました。
  • JUCEフレームワークでビルドされた VST3 プラグインでアサーションが失敗する問題を修正しました。
  • 特定のアーティキュレーションがMusicXMLに正しくエクスポートされないバグを修正しました。
  • タブを変更したり、再度開いたりすると、サウンドファイル情報ウィンドウがクリアされてしまうバグを修正しました。
  • サウンドファイル情報ウィンドウのサウンドバイトまたはサウンドファイル選択ポップアップの外側をクリックすると、現在の選択を保持する代わりに、選択がクリアされるバグを修正しました。
  • バウンストゥディスクでMIDIデスティネーションがプロトコル設定を失う問題を修正しました。
  • オフラインバウンスで、デスティネーションにノート単位のイベントが送信されない問題を修正しました。
  • MPEデータを含むMOTUヴァーチャル・インストゥルメントをレコードアームした場合に、バウンスの問題が発生するバグを修正しました。
  • WindowsでPolysynth、Proton、Model12、Basslineをデフォルトのプリセットに設定しようとしたときのエラーを修正しました。
  • BassLineとPolySynthの初期設定が実際の “Default “サウンドパッチと一致しないバグを修正。
  • PolySynthのオシレーターラベルのタイプミスを修正しました。
  • 既存のコントロールを編集するときに、コンソール・コントロールのMIDIトラック・デスティネーション・メニューが正しく入力されないバグを修正しました。
  • チャンク・フォルダーを表示しているときにチャンク・ウィンドウにチャンクをドラッグすると、フォルダー表示が終了し、チャンク・フォルダーへの移動に失敗するバグを修正しました。
  • 複数のエディターウィンドウが同時に開いている場合に、選択情報ペインが現在の選択範囲と同期しなくなるバグを修正しました。
  • MIDIエディターで、ノートの上に表示されたノートごとのデータが、CCレーンで編集されたときに更新されない表示バグを修正しました。
  • 新しい音符の自動ビート検出に関するクラッシュの可能性を修正しました。
  • プロジェクトを開いたり閉じたりするときや、多数のヴァーチャル・インストゥルメント・トラックを追加するときの読み込み速度を改善するための最適化を追加しました。
  • Melodyne5.3とのARA互換性の問題を修正しました。
  • 多くのノートがMIDIエディターでエッジ編集されているときのドラッグアニメーションを最適化しました。
  • 複数のクリップを一度にカット&ペーストした後に元に戻すとクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • コンソールの割り当てを編集するためにダブルクリックすると発生する “bad variant access “エラーを修正しました。
  • macOS Sonoma で、ダブルクリックしないと Macのメニューバーがアクティブにならないバグを修正しました。
  • 選択されたチャンクをControl + クリックすると、コンテキストメニューが表示されず、ポップエディットになるバグを修正しました。
  • 現在のセッション中にトラック・グループに追加されたヴァーチャル・インストゥルメント・トラックを削除しようとするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • 同じ名前の複数のトラックが現在のシーケンスに存在する場合、ウィンドウ切り替えメニューがロードされないか、 正しくロードされないMac上のバグを修正しました。
  • プロジェクトで初めてクリップを選択せずに、矢印キーでクリップウィンドウを上下に移動するとクラッシュする不具合を修正しました。
  • 極端に長い楽譜をページングしたときに、クイックスクライブがハングするバグを修正しました。
  • 複数のエディターがコンソリデイト・ウィンドウで開かれているとき、トラックオーバービューのトラックセレクタボタンがトラックセレクタウィンドウの存在と同期しないバグを修正しました。
  • UIが拡大された状態で最初にバンドル・ウインドウを開いたときに、ウインドウが部分的に黒く描画される状態になるWindowsのバグを修正しました。
  • ヘルプタグが表示されている間、マウスがクリックされた後、そのままにされるとUIが遅くなるバグを修正しました。
  • デフォルトのシステムフォントを使用するようにmacOSのメニューを調整し、macOS Sonoma環境でのアライメントの問題を修正しました。
  •  VCAグループのメンバー・トラックを表示/非表示にする際に、VCAのスピル・グループが DPと同期しないEUCONの問題を修正しました。VCAグループのメンバー・トラックを表示/非表示にするときに、VCAスピル・グループがDPと同期しない原因となっていた EUCONの問題を修正しました。グループを表示/非表示にするときに、サーフェス上で更新されるようになりましたが、完全に更新するには、コントロール・サーフェス上でスピル・グループを閉じて再度開く必要があるかもしれません。
  • MIDIファイルをシーケンス・エディターにドラッグするとクラッシュする不具合を修正しました。
  • セッションで初めてクイックスクライブを開いたときに、インフォメーション・バーのカーソル情報ペインが正しくロードされないバグを修正しました。
  • DPの特定のテキスト入力フィールドで、日本語キーボードの英数字とカナキーを押すと、空白文字が挿入されるバグを修正しました。
  • MIDIクオンタイズの「ランダマイズ」設定のパフォーマンスを改善しました。
  • 未定義の動作や潜在的なクラッシュの原因となる macOSのメモリ割り当てのバグを修正しました。
  • ムービーウィンドウが開いている時にチャンクを削除するとクラッシュする不具合を修正しました。
  • VST2プラグインが間違ったスピーカーチャンネル構成で初期化され、予期しない、または正しくない動作になる可能性のあるバグを修正しました。
  • スケールタイム・ダイアログで不安定な動作になるバグを修正しました。

 

 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

UK発、創業50年を超える由緒あるライブコンソール・メーカーが開発するハイエンドDJミキサー ラインナップ

ハリウッドを象徴するスタジオを擁するオスカー御用達のプレミアム・インストゥルメンツ

ヴィンテージ・シンセサイザー・プラグインの開拓者として席巻するデベロッパーブランド

音声分離と音楽認識の開発研究を追及するUK・ロンドン拠点のソフトウェアデベロッパー

洗練されたデザインと様々な音響アプローチのニーズに対応したインストゥルメント / スタジオエフェクトをリリースするスウェーデンのプラグイン・デザイナーブランド

80年代初頭の創業より業界をリードするDAWブランド Digital Performer / オーディオ、MIDI、AVBインターフェイス

鍵盤楽器にMPE機能を追加するほか新たな表現を演出するMIDIプラグイン・ブランド

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んで開発するUKメイドのハイエンド・パフォーマンスコンソール

バーチャルラックとパッチングによって独自のワークフローを提供する最新版DAW & プラグイン

“Tilt EQ”の開発に代表される優れたクラフトマンシップと独自のサウンド・キャラクターを両立するプロオーディオ・ブランド

数々の名曲を生み出したA-Range、Series 80など歴史的コンソールを輩出するコンソール・ブランド

スウェーデン発、軽快動作と中毒性あふれるAddictiveシリーズ、RC-20などのインストゥルメント / エフェクトを多数開発するプラグイン・ブランド

[instagram-feed num=6 cols=6 imagepadding=0 showcaption=false showbutton=false showheader=false showlikes=false showfollow=false carousel=false]