ニュースリリース

音声分離AIソフトウェア HIT’N’MIX RipX DAW リリースノート(v7.1.0)

RipX DAW リリースノート

v7.1.0 (2024年3月20日)

 

改良

FX

  • すべてのレベル、ピッチ、タイム、プリセット/コンボ・エフェクトをシンプルなFXパネルに集約
  • エフェクト・プリセットを作成に、エフェクトを右クリックして「Create Preset」を選択できるようにアップデート
  • FXパラメーターを1行にまとめて表示するのではなく、1行に1つずつ表示するように変更
  • Quickパネルが、すべてのFX、サウンド、ループを検索するための検索パネルに変更
  • 検索語が空の場合、現在の選択に適用されているすべてのFXとサウンドを表示
  • Enterを押して一番上の項目を適用するか、カーソルの上下で他の項目を選択可能に変更
  • 最近使用したエフェクトが新しいコンテキストバーから利用可能になりました
  • Cmd/Ctrl+FショートカットとEditメニュー項目を追加
  • 検索でサウンドパレット/フォルダ名もチェックするように変更
  • エフェクトの代替名をチェックするようになりました。例えば、Reverb>Echo、Vibrato>Wobble、Shift Formant>Smurf、Delay>Echo、Reverse>Backward、Saturation>Distortion、Flanger>Phaserなど
  • エフェクトパネルとサブアイテムの自動拡張を無効に変更
  • レイヤー/タイム/グループエフェクトでも、ビブラートがノートオンセットから始まるように変更
  • Ripごとの最大テンポラルエフェクト数を65535に増加

 

インストール

  • RipX DAWは、教育機関など多数のユーザーに使用される想定のコンピュータでも簡単に使用できるように、マシン毎にすべてのアカウントユーザーがアクセスできるようにインストールされる変更がなされました。

 

編集

  • 選択時にコンテキストバーが表示され、よく使われるエフェクトの適用、複製、最後のレイヤーへのノートの移動などを素早く行えるよう変更
  • ポップアップメニューが開いているときにウィンドウの他の部分をクリックすると、即座に処理されるように変更
  • 小節/拍/時間の選択をクリックし、上部の小節エリアから並べ替えられるよう変更
  • Cmd/Ctrlを押しながらリージョンをコピーするクリック+ドラッグ ループバーを垂直にドラッグしてズームイン/ズームアウトできるように変更
  • テンポと拍子記号をスライダーで素早く設定できるように変更
    拍子記号の選択肢を増やしました。テンポ・スライダーの背景をクリックすると、オリジナルのダイアログ・ボックスが表示
  • アンドゥバッファの保存と処理を改善
  • レイヤー、グループ、ノートレベルで適用されるエフェクト、ノートピッチの変更、小節線、拍子記号、グループ名の変更、小節マーカー、音階、レイヤー編集 Mac: 大量のデータをディスクに書き込む際、macOSがRipXを終了する可能性を大幅に低減
  • 拍子選択を複製する際、十分に近い場合はコピーが拍子にスナップされるようになり、テンポがわずかに異なる拍子や小節を複数回複製するのが簡単になりました(WindowsではAltを押していない場合)。
  • 拍子を変更してもテンポが維持されるように変更

 

再生と録音

  • クリックトラック/メトロノームをレイヤーパネルからトランスポートの右に移動
  • 小節線上での音落ちを改善
  • 再生時に適用されるサウンドの音質を改善
  • UIをシンプルにするため、Ripsから練習クリップを削除
  • レイヤーパネルのソロボタンを大きくし、見つけやすく変更
  • レイヤーパネルのタイトルとは異なるマスターレイヤーのアイコンを追加
  • 再生パフォーマンス向上のため、音符ノートを埋めるサウンドのリアルタイムストレッチを削除

 

エクスポート

  • 特にサウンドが使用されている場合、オーディオの書き出しがより速くなりました

 

リッピング

  • リッピングオプションダイアログ: すべてのバージョンに’Separate Instruments’オプションが追加され、楽器の分離を必要としないオーディオを素早くインポートできるようになりました
  • Mac: M1/2/3とmacOS Montereyまたはそれ以前を使用している場合、高周波ノイズが発生する可能性があるため、GPUリッピングが無効になります
  • バージョン情報ダイアログに「DISABLED, UPGRADE MACOS」と表示

 

一般

  • ポップアップメニューがよりスムーズに表示されるようになりました
  • 曲の長さの数倍までズームアウトできるようになり、曲の後半でセクションをコピー&ペーストしやすくなりました
  • パネルのタイトルバーの見栄えと、最初のエントリーの上の間隔を改善
  • レイヤー’Add’エントリーの外観を改善
  • レイヤーパネルで、’Master’と’Add…’を個々のレイヤから分離する仕切りを追加
  • Ripsを開く/表示する際、リッピングパネルで選択されたリッピングが表示されるように変更
  • レイヤーを追加/選択する際、サウンドをプリロードするように変更
  • インポートされた MIDI ファイルのノートボリュームがエクスポートと一致するようになりました
  • Mac オートスクロールの最大速度を制限
  • 画面下部のタイムと上部のバー/ビートの間隔を改善
  • グループ名をグループカラーの薄い影で表示するように変更
  • マニュアルの更新(英文原本)
  • インタラクティブヘルプを更新

 

バグ修正

  • MPCから一部のWAVファイルを開けるように修正
  • Mac セレクション再生終了時にハングすることがあった問題を修正
  • Mac macOS 10.12 Sierraでのクラッシュを修正
  • Windows ASIO再生ドライバが選択されている場合、メニューが表示された後、メインウインドウをクリックすると、わずかに一時停止することがあった問題を修正
  • Edit Unpitched Toolでダブルクリックしたバーの選択を修正
  • Mac レイヤーパネル>追加で「Recent」と「Other」のヘッダーが表示されないのを修正
  • RipX編集範囲外のMIDIノートをオクターブ単位で範囲内に移動
  • レイヤー名にMIDIチャンネルの代わりにMIDIトラック名を使用するように変更
  • Windows クラッシュを防ぐため、結合フォルダ/ファイル名が長すぎる場合にエラーを表示するようにエクスポートを更新
  • 非常に長い名前のオーディオファイルを適切にリッピングするよう修正
  • 録音されたMIDIエントリーの拍へのアライメントを修正
  • 録音を行わず、選択したレイヤーを変更する際に再生されるサウンドを修正
  • 最初に演奏された音に対するMIDI録音の反応性を改善
  • メトロノームの音が正しく聞こえないことがあった問題を修正
  • Undo/Redo後、グループに適用されたエフェクトが正しく表示されるよう修正
  • 最初のステップタイム音の再生を修正
  • 別のマシンでリッピングを開くと、レイヤー/タイムエフェクトが正しく表示されないことがあった問題を修正
  • Rip名が最大許容長を超えた場合、RipList が破損することがあった問題を修正
  • Ripが最後まで再生されるたびに1小節ずつ延長されることがあった問題を修正
  • Mac オートメーションレーンの編集がリップ表示を更新していなかった問題を修正
  • Mac 検索パネルボックスでBackspaceを押すと選択したノートが削除される問題を修正
  • 検索パネルに入力フォーカスがある場合、Cmd/Ctrl+Z/Yで元に戻す/やり直しができるように変更
  • ズーム速度のクリックと、下部のタイムラインからのカーソルの移動を修正
  • Mac キーボードで音符を上下に動かしたときにピッチの変化が鳴らない問題を修正
  • Undoクラッシュの可能性を修正
  • Mac ギターコードのシャープ/フラットが見えにくかった問題を修正
  • 表示されているリップを変更すると、オートメーションレーンのレンダリングがクラッシュする可能性があった問題を修正
  • 新しくインポートされたMIDIファイルの最後までマウスホイールでスクロールすることができなかった問題を修正
  • MIDIインポートのクラッシュの可能性を修正
  • メトロノームが複合拍子記号の拍でのみ再生されるよう修正
  • 検索パネルの表示/非表示を修正
  • テンポ調整の音質を改善
  • オンボードメッセージを表示する前に起動をテストするように変更
  • 修正 メトロノームの最初のクリックが再生時に聞こえないケースを修正
  • Windows DirectXデバイスが失われたとき、オブジェクトが解放されるクラッシュの可能性を減らすために、1秒間ポーズするように変更
  • Mac 検索パネルで入力する際、LとMのキーストロークがメインリップに適用されていた問題を修正
  • Mac Mキーボードショートカットとクイックポップアップバーを使用して、ノートを別のレイヤーに転送することができるように変更

 

 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

UK発、創業50年を超える由緒あるライブコンソール・メーカーが開発するハイエンドDJミキサー ラインナップ

ハリウッドを象徴するスタジオを擁するオスカー御用達のプレミアム・インストゥルメンツ

ヴィンテージ・シンセサイザー・プラグインの開拓者として席巻するデベロッパーブランド

音声分離と音楽認識の開発研究を追及するUK・ロンドン拠点のソフトウェアデベロッパー

洗練されたデザインと様々な音響アプローチのニーズに対応したインストゥルメント / スタジオエフェクトをリリースするスウェーデンのプラグイン・デザイナーブランド

80年代初頭の創業より業界をリードするDAWブランド Digital Performer / オーディオ、MIDI、AVBインターフェイス

鍵盤楽器にMPE機能を追加するほか新たな表現を演出するMIDIプラグイン・ブランド

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んで開発するUKメイドのハイエンド・パフォーマンスコンソール

“Tilt EQ”の開発に代表される優れたクラフトマンシップと独自のサウンド・キャラクターを両立するプロオーディオ・ブランド

数々の名曲を生み出したA-Range、Series 80など歴史的コンソールを輩出するコンソール・ブランド

スウェーデン発、軽快動作と中毒性あふれるAddictiveシリーズ、RC-20などのインストゥルメント / エフェクトを多数開発するプラグイン・ブランド

[instagram-feed num=6 cols=6 imagepadding=0 showcaption=false showbutton=false showheader=false showlikes=false showfollow=false carousel=false]