ニュースリリース

レトロスペクティブMIDIレコーディングやクリップの新機能などが追加!Digital Performerの最新バージョンのDP 10.1がリリース

この度Digital Performerの最新バージョンであるDP10.1がリリースされました。

今回のアップデートでは、DP10の新機能であるクリップウィンドウの機能拡張に加え、新たに、録音中以外にMIDI演奏を行っていた際の入力データをシーケンスに貼り付ける”レトロスペクティブMIDIレコード”機能の追加、バウンストゥディスクのステムファイル書き出し機能の追加、マウスのスクロールで画面のズームができるようになるなど、多数の機能が追加、また、バグフィックスが施されています。

DP10ユーザーは無償でDP10.1にアップデートすることができます。

MOTUのダウンロードページのトップより、フルインストーラーをダウンロード、インストールして下さい。

 

ダウンロード

 

バージョン10.1の変更点

 

トラックのクリップ

  • トラックにクリップを配置することができるようになりました。この機能により希望位置での再生が容易になりました。

 

 

  • トラック内のクリップは、サウンドバイトと同じ方法でエディットすることができます:スプリット、トリム、ドラッグ&ドロップ、エッジエディット、コピー/ペースト など。
  • クリップの右端をドラッグするとループ再生を行いながら再生時間を長くします。
  • クリップの左端をドラッグすると、a)空白を作成、またはb)隠れていたループ内容を表示します。

  • クリップをダブルクリックすると、クリップエディターでクリップを開きます。
  • 「クリップを開梱」コマンドは、トラックに配置されたクリップをバラして内容物をトラックへイベントとして配置します。

 

 

再生中のクリップをトラックに取り込む

  • クリップウインドウでトリガー再生したクリップをトラックへ録音することができます。

 

 

トラッククリップへMIDIを録音

  • MIDIトラック録音時に、録音するMIDIデータをクリップとしてトラックに録音することができます。
  • 「環境設定」コマンド>「再生と録音」>「MIDI録音」セクションの「MIDIをクリップで録音」チェックボックスをの選択を解除すると、トラックへ直接MIDIイベントを録音します。

 

 

クリップウインドウへ録音

  • クリップウインドウの空のスロットへ直接録音できるようになりました。
  • クリップ録音モード(録音ボタンをオプション/ alt-クリック)では、クリップウインドウの既存クリップ、または空のスロットへ録音します。
  • クリップ再生をトラックにキャプチャーする際、クリップウインドウに録音する新規クリップを同時にトラックへ取り込むこともできます。

 

 

メモリサイクルとオートレコードストリップの表示変更

  • メモリサイクルポイントとオートレコードポイントは、タイムルーラーの小さなアイコンではなくなり、見やすいように色がつきました。

 

ズームジェスチャーの改良

    • 二本指のピンチ(トラックパッド)でズームをコントロールできます。
    • オプション(Windows環境はalt)をホールドしたままマウスホイールでズームをコントロールできます。
    • MIDIウィンドウでのノートの縦幅をズームするには、control + alt +マウスホイールを使用します。

 

 

MIDIエディター矢印(マーキー)ツールの改良

  • 矢印(マーキー)ツールで重なり合ったノートの選択を行うことができるようになりました。

 

大きなMIDIデータアイコン

  • MIDIノートベロシティ、コントローラー、ピッチベンド等のMIDIデータアイコンが大きくなり、MIDIエディターやシーケンスエディターで見やすくなりました。
  • ノートベロシティアイコンの後ろにノートデュレーションを表す線を追加しました。

 

 

ベロシティツール

  • 新しいベロシティツールでMIDIエディター内のノートベロシティを編集することができます。ベロシティツールは、コンティニュアスデータエディターでも使用でき、複数のノートも同時に変更することができます。

 

 

ハンドツール

  • 新しいハンドツールでシーケンスをスクロールすることができます。

 

 

レトロスペクティブMIDIレコード

  • メイントランスポートが録音していない場合でも、Digital Performerは常にMIDI入力をキャプチャしています。これは、通常の再生中、およびメイントランスポートが完全に停止している場合でも発生します。この機能によって、MIDIの演奏を録音し損ねた場合でも、直前に演奏していたデータをMIDIトラックに反映させることができます。
  • キャプチャしたMIDIデータをトラックに挿入するには、MIDIトラックを録音可能にするか、MIDIエディターまたはドラムエディターを開いてから、リージョンメニュー内の”Retrospective MIDI Record”を実行します。
  • トランスポートの再生中にMIDIデータがキャプチャされた場合、”Retrospective MIDI Record”を実行すると、演奏していたタイミング通りの場所にMIDIデータが挿入されます。
  • トランスポートの停止中にMIDIデータがキャプチャされた場合は、シーケンス上の任意の位置を選択してMIDIデーターを挿入することができます。
  • クリップウィンドウにキャプチャされたMIDIデータ素材を挿入するには、任意のセルを右クリックして、メニューから”Retrospective MIDI Record”選択します。セルが空の場合、キャプチャされた素材は新しいクリップに挿入されます。セルへすでにクリップが含まれている場合、新しいマテリアルは既存のクリップにマージされます。

 

バウンストゥディスクの機能強化

  • リアルタイムでバウンスするか、リアルタイムよりも速くバウンスするか(オフラインバウンス)を選択できるようになりました。
  • バウンス設定内の”バウンスにオーディオパッチスルーを含む”オプションを使用すると、モニターされている入力をバウンスに含めることができます。
  • 1回の操作で複数のファイル(ステム)をバウンスできるようになりました。

 

パフォーマンスの最適化

  • MIDIエディターでデータを範囲選択を使用するときの描画速度が改善されました。
  • 選択したイベントをカット/削除するときの速度が向上しました。
  • 選択が変更されたときのシーケンスエディターの更新速度が向上しました。
  • シーケンスエディターでサウンドビットをドラッグするときの速度と応答性が向上しました。
  • トラックの概要のスクロール効率が改善されました。
  • MIDIエディター、シーケンスエディター、およびクリップエディターでピッチスクロールを大幅に高速化します。
  • 「すべての選択を解除」が呼び出され、少数のピクセルのみを変更する必要がある場合は、トラックグリッド全体を再描画しないでください。
  • 均一でないストリップの計算を回避することにより、大規模プロジェクトで水平スクロールをより使いやすくしました
  • 4Kディスプレイのクリックの応答性を改善しました。
  • シーケンスエディタが不必要に再描画されていたいくつかの場所を修正しました
  • さまざまなUI効率の改善が追加されました。
  • サウンドバイトが密集したSEビューの速度を上げます。
  • シーケンスエディターに大量のオートメーションポイントがあるとDPが応答しなくなるバグを修正しました
  • オートメーションポイントの描画を大幅に高速化しました。
  • コマンドを介してタイムズームを変更すると、グラフィックエディターが2回再描画されるバグを修正しました
  • MIDIエディターのマスタートラックの変更速度が改善されました。
  • 選択変更のためにノートグリッドを再描画しないことにより、MIDIエディターでの連続データ編集効率が向上しました。
  • 連続データマウストラッキング操作の最適化を追加しました。
  • スクロールされたビューポートのエッジがマップされている場合、スクロールするとトラックの概要全体が再描画されるバグを修正しました
  • MIDIエディターで選択したトラックを開く速度を改善しました。
  • シーケンスに多数のトラックがある場合、クリップウィンドウのトラックセレクターでトラックの可視性を変更する速度を改善しました。

 

追加の機能強化

  •  MOTUが提供するすべてのプラグインとデータバンドルは、Digital Performerのアプリケーションバンドルに含まれるようになったため、DPの新しいバージョンは、以前のバージョンのプラグインを上書きしません。 Digital Performerは以前と同じ場所からサードパーティのプラグインを探して読み込みます。
  • 「古い形式のファイルを新しい形式で保存する」警告ダイアログを更新して、「DP 10」だけではなく、マイナーバージョン番号を含めて表示します。
  •  キーバインディングの読み取りまたは書き込み時に、削除キーを含むバインディングは、装飾子がない場合に強制的に非カスタムと見なされます。
    削除するバインディングと修飾子の組み合わせは、他のバインディングと同様に扱われます。
    これは、DPの新しいバージョンを取得したときに、削除キーに関連する顧客のカスタムキーバインディングが消えないことを意味します。
  • 新しいドキュメントテンプレートを追加し、古いテンプレートを削除しました。
  • オートグリッドスナップはグローバルな設定になったため、使用しない場合は、一度だけ無効にする必要があります。
  • 「クリッピング」設定セクションを環境設定ウィンドウに追加し、バスバンドルを制御するオプションを追加しました。
  •  環境設定>ドキュメントより、DPを終了させる際にメッセージを表示させるかを選択するチェックボックスが追加されました。
  • シーケンスエディターのミニメニューから「アクティブレイヤーのみを表示」を削除しました。「表示」メニューに表示されるようになったためです。
  • 長方形のMIDIノートを描画するための設定を追加して、速度を改善し、開始時間の視覚的な配置を改善。
  • 「トラックデータクリッピングをインポートするときに新しいバスバンドルを作成する」のデフォルト設定値をfalseに変更します。
  • 入力クオンタイズの設定は、プリファレンスとして保存されるようになったため、DPを終了して再度開いた後も保持されます。
  • 「コマンドバインディングのアップグレード」設定パネルセクションを削除しました。
  • MIDIエディターの連続データグリッドでノート速度デュレーションバーを有効または無効にする設定を追加しました。
  • オーディオオーディションボリュームの新しい設定が追加されました。 オーディオオプションの設定セクションにあります。
  • トラックタイプ固有のデフォルトのカラー設定を更新して、すべてが同じカラーに設定されないようにしました。 また、「新しいトラックを割り当てる…」のデフォルト設定を「同じ色に変更する/トラックの種類ごとに異なる色を使用する」に変更します。
  • 「自動化設定」ウィンドウに、「再生開始時にデフォルトのボリュームを送信し、MIDI宛先にパンする」ための新しい設定を追加しました。 有効にすると、トラックにボリューム/パンイベントがない(およびボリュームオートメーションを備えたVCAトラックによって制御されない)MIDIトラックは、再生開始時に現在のチャンネルストリップボリュームとパン値をMIDIの宛先に送信します。 プリファレンスのデフォルトは「オフ」です。これにより、プラグインGUIでミックスされたVIトラックのボリュームとパンのパラメーターが、再生開始時にミキシングボードの状態にリセットされる問題を回避できます。
  • 環境設定>[スクロールとズーム]でスクロール速度を変更できるようにしました。
  • トラックタイプ固有のデフォルトのカラー設定を更新して、すべてが同じカラーに設定されないようにしました。 また、「新しいトラックを割り当てる…」のデフォルト設定を「同じ色に変更する/トラックの種類ごとに異なる色を使用する」に変更します。
  •  デフォルトのMIDIコマンドバインディングを削除しました。
  • チャンクリストウィンドウで、各チャンクの色を設定できるようになりました。

 

  • チャンク色がデフォルトで設定される方法を更新しました。
  • チャンクウィンドウの列を並べ替えました。
  •  デフォルトのドキュメントウィンドウのセルフォーカスリングの色を微調整して、少し見やすくします。
  • ミュートされたMIDIノートの色を変更して、ミュートされているものとされていないものを見やすくしました。
  •  [トラックの概要]ウィンドウと[シーケンスエディター]ウィンドウは、クリップイベントの背景とデータの色を入れ替えます。
    現在クリップエディタに表示されており、編集中のクリップが一目でわかるようになっています。
  • 連続データは、[表示]> [色]> [連続データの色を設定]で設定した色に正しく従うようになりました。
  •  ミュートされたノートは半透明になりました。
  • 非アクティブなオートメーションデータタイプをラインモードで透過的にし、アクティブなオブジェクトの表示と編集を容易にしました。
  • グリッチなしで再生および録音中にトラックレコードの変更を許可します。
  • シーケンスエディター、MIDIエディター、トラックウィンドウ、ループ/クリップスタートのサイクル/自動記録インジケーターを置き換えました
    タイムルーラーの下にレーンがあるクリップエディターのインジケーターを使用して、これらのパラメーターをより簡単に編集できます。
  • トランスポート録音ボタンが有効になっている場合は、トラックが録音可能になっていないときに点滅します。
  • クリップエディターフッターの下部にあるストリップタイプのポップアップメニューは、新しいデータの後に自動的に更新されます
    タイプはクリップに記録されます。 これにより、「アクティブのみを表示」の場合、新しいタイプが記録されたことを確認しやすくなります。
  • ユーザーが多数のバスを指定したときにMASをリセットするのに必要な時間を短縮します。
  • オーディオパッチスルーを含めるためにディスクにバウンスする方法を追加しました。 設定はバウンス設定メニューにあります。
  • 新しい種類の「切り取りとノートの長さの調整」を追加しました。
  • I-Beamでは、複数のトラックを選択できるようになりました。
  • 自動グリッドを調整して、より多様なメーターとメーターの変更をより適切にサポートしました。
  • Duplicateコマンドは、時間範囲の選択に加えて、イベント(「オブジェクト」)の選択でも機能するようになりました。 これはシーケンスエディターでサウンドバイトとクリップをすばやく繰り返すのに適しています。
  • ドラッグ中にコントロールを押したままにすると、MIDIオートメーションがグリッドの高、低、ゼロの位置にスナップします。
  • コントロールを保持することにより、HまたはVスクロールに制限する機能を追加しました。 また、これを反転させる設定を追加しました。
    クロールをロック解除するには、ロックされたままコントロールを保持します([設定]> [スクロールとズーム]> [トラックパッドでスクロール])。
  • ペインの端を超えてドラッグするときにドラッグの自動スクロールロジックを改良し、より制御しやすくしました。 エッジを少し過ぎたところでゆっくりスクロールし、エッジを越えて進むとスムーズに速く動き始めます。 この変更は、シーケンスエディター、MIDIエディター、クリップウィンドウ、およびトラックの概要に適用されます。
  • リストのスクロールを改良して、より制御しやすくしました
  • 入力クオンタイズウィンドウでデフォルトで「ノート付きのコントローラーを移動」設定を無効にしました。
  • クリップエディタで[デフォルトズームにズーム]コマンドを使用すると、エディタの再生可能領域の中央に配置されます。
  • 新しいスムーズで制御可能な自動スクロール機能を使用するようにプログラムの追加部分を更新しました:スクラブツール、連続データエディターのベロシティツール、はさみツール、鉛筆ツール、ミュートツール、ドラム変形ツール、ドラムリズムツール、中央値ストリップ、マーカーストリップ、 ループストリップ、sndbiteのドラッグアウト、MIDIエディターの選択。
  • ワイパーをドラッグする際の自動スクロール速度をより制御しやすくしました。
  • クオンタイズ効果の「ノート付きのコントローラーの移動」機能を変更して、それらのイベントの値が直前のそのタイプのイベントと異なる場合、音符の境界で合成されます。
    これにより、1つのCC64「ペダルダウン」イベントが多数のCC64「ペダルダウン」イベントに起因する問題を防ぐことができます。
  • クリップエディターが空のMIDIクリップを初めて開いたときに、ピッチズームがC3を中心に配置されるようにしました。
  • クリップエディタの上部にスナップ情報バーが表示されるようになったため、スナップ情報にたどり着く必要はありません。
  • クリップエディターのグリッド設定を、クリップごとではなくシーケンスごとに一意にしました。 このように、彼らは保持されます
  • クリップエディタでMIDIトラックの垂直ズームを有効にしました。
  • カーソル情報とイベント情報バーをクリップエディターに追加しました。
  • クリップエディターのパラメーターペインをよりコンパクトにしました。
  • クリップ内のノートの間に小さなスペースを追加して、単一の長いノートのように見えないようにします。
  • オーバードライブノブのBassLineでのスケーリング方法を変更しました(「ホット」になりすぎた方法に対抗するため)。
  • 各ノブの下のBassLineに編集可能なパラメーターの読み出しを追加しました。
  •  BassLine、Modulo、およびノブのノブコントロールの増分(およびコマンドキーを押したままの細かい増分)を変更。
    Model12のピッチ制御パラメーターにより、正確な半音/セント値を簡単に選択できます。

 

バグフィックス

  • ユーザーがmacOS 10.11および10.12にiOS 13システムアップデートをインストールするときに発生する問題を回避しました。
  • macOSシステム環境設定のキーボードパネルでキーリピートが無効になっている場合、MidiKeysGlogが無効になりました
  • 自動キー設定ボタンをマウスで動かすときの自動キーのシミュレーション。
  • キーリピートが無効になっているときにカウンターをクリックしても正しく機能しないバグを修正しました。
  • スクロールバーのないリストペインをスクロールしようとしたときのクラッシュを修正しました。
  • カーソルがスクロールバーの上にあるときにマウスホイールを使用してスクロールすると発生するクラッシュを修正しました
  • シーケンスエディター、グラフィックエディター、およびドラムエディターの含まれていないインスタンスを開いたときに発生するクラッシュバグを修正しました。
  • 値ボックス内をクリックしても値を編集できない場合があるバグを修正しました。
  • スケール時間領域操作がクリップイベントを削除するだけの問題を修正しました
  • オーディオにも影響する場合、スケール時間領域操作中にMIDIノートが削除される問題を修正しました。トラック、クリップイベントもスケーリングされるようになりました。
  • 「クオンタイズされたビートでオートメーションを移動」が機能しないバグを修正しました。
  • スケールタイムリージョンの操作中にMIDIクリップが適切にスケーリングされない問題を修正しました。クリップイベント、ループと開始時間もスケーリングします。
  • Split Notes region opの「1つの新しいトラックにノートを送信する」オプションが新規にならないバグを修正しました。
  • スクロール領域の一部が再描画されないことがある垂直スクロールのバグを修正しました。
  • 「タップしてクリック」と非常に短いマウスクリックの両方が原因でリスト内のアイテムを選択できない問題を修正。
  • 開始時間エディターが、クリップイベントの継続時間を実際の元の開始時間と見なす問題を修正しました。
  •  UIスケーリングが有効なときにスクロールすると、ときどき表示の不具合を引き起こすバグを修正しました。
  • カラーピッカーダイアログを使用した後にDPを終了する際のクラッシュを修正しました(macOSのみ)。
  •  Groove Quantize region opウィンドウのパラメーター変更がトラックに適用されないバグを修正。
  • スライダーまたは他のパラメーターが変更されるたびに空の取り消しエントリが作成されるバグを修正しました。
  • 境界ストリップの塗りつぶし色の1ピクセル幅の長方形が、左端に残る可能性があるバグを修正しました。
  • 「オーディション選択」中に、選択されていないクリップの追跡されたノートが再生されるバグを修正しました。
  • [テンポの変更]ダイアログでの曲線ボタンのラベルの欠落を修正しました。
  • 設定ウィンドウを開いた後にエスケープキーを押すとクラッシュする問題を修正しました。
  • ピクセルが表示される一部の外部ディスプレイでウィンドウをドラッグするときに発生する可能性があった、まれなグラフィックスのバグを修正しました
  • Macでスクロールすると視覚的なバウンス効果が発生するウェルカムウィンドウのバグを修正しました。
  • ウェルカムウィンドウがシステム全体のDPIスケーリングを尊重しないWindows固有のバグを修正しました。
  • UIスケールでドラッグ自動スクロールすると、ヘアラインアーティファクトがタイムルーラーに残る可能性があるWindowsのバグを修正しました。
  • アプリが日本語で実行されている場合、すべての検索テキストをロゴとして扱うコマンド実行バグを修正しました。
  • 別のセクションをクリックするまで、設定ウィンドウのスクロールバーが表示されないバグを修正しました。
  • トラックを複製するときに新しいトラックの固定グリッド間隔設定がコピーされない場合があるバグを修正しました。
  • トランスポーズ領域の操作ウィンドウを閉じるときに発生する可能性があったハングを修正しました。
  • 異なるウィンドウ間でトラックデータをドラッグすると、Macがクラッシュする問題を修正しました。
  • Windowsでスケールアップしたときにプロジェクトノートでキャレットを描画する問題を修正しました。
  •  RegionTransposePaneのバグを修正しました。
  • ピアノロールのスクロールのバグを修正しました。
  • コントロールサーフェスエフェクトパラメーターが更新されない可能性があるバグを修正しました。
  •  名前にアポストロフィまたは引用符を含むテンプレートを選択不可にするバグを修正しました。
  •  エフェクトが削除されているときにVST3ラッパーがクラッシュする可能性がある問題を修正します。
  •  Windowsでのコード署名を修正しました(したがって、アプリは「未知の開発者から」ではなくなりました)。
  •  特定のリージョン操作で複数の操作を行うときに複数の取り消しエントリが作成されるバグを修正しました。
  • 「アタック」、「リリース」、および「ノートの長さを変更しない」というクオンタイズウィンドウのバグを修正しました。
  • クリッピングをチャンクウィンドウにドラッグすると、トラックを出力バンドルに接続できないバグを修正。
  •  [クリップ]ウィンドウで行った変更を元に戻すクラッシュを修正しました。
  • クリップウィンドウに表示されているシーケンスを削除するとクラッシュする問題を修正しました。
  • クリップウィンドウの専用クリップエディターで「すべて選択」が機能しないバグを修正しました。
  • クリップウィンドウが、ウィンドウが閉じられたときに有効な正確なスクロールオフセットを保存しないバグを修正しました。
  • クリップループと開始時間を設定するときにクラッシュする可能性がある問題を修正しました。
  • クリップを再生していたMIDIトラックでクオンタイズ挿入エフェクトを使用すると発生するクラッシュを修正しました。
  • クリップウィンドウのチャンネルストリップフェーダーのコンテキストメニューから[グループの作成]を選択するとクラッシュするバグが修正されました。
  • クリップエディターのピアノロールと、ドロップシャドウがある他のリストペインをスクロールするときのグラフィックスのバグを修正しました。
  • ループ範囲が空の場合、クリップエディターで空のクリップのループ範囲にスクロールできないバグを修正しました。
  • クリップエディターですべてを選択しても何も行われないバグを修正しました。
  • クリップエディターの境界ストリップの描画の不具合を修正しました。
  • 「ビートの検索」がクリップエディターのサウンドビットに影響を与えないバグを修正しました。
  • クリップエディターの「クリアカラー」ボタンと「学習/キャンセル」ボタンが表示するのに十分な幅ではなかったUIバグを修正しました。
  • クリップエディタウィンドウにフォーカスがあるが、クリップが表示されていないときに「すべて選択」を使用するとクラッシュする問題を修正しました。
  • データをサウンドバイトにペンシルするときに、クリップエディターで誤った時間変換が使用されていたバグを修正しました。
  • クリップエディターがメインシーケンスからマーカーラインを描画するバグを修正しました。
  • クリップエディターで[表示]-> [色]-> [連続データの色の設定]が機能しないバグを修正しました。
  • クリップエディタのストリップタイプのポップアップメニューに間違った項目が表示されることがあるバグを修正しました。
  • シーケンスエディターでクリップを移動した後、クリップエディターが間違った位置にスクロールする可能性があるバグを修正しました。
  • クリップエディタで選択すると、他の編集ウィンドウがスクロールして最初の「ウィンドウが一緒にスクロールする」オプションが自動スクロールで有効になっている場合、クリップの選択は異なる時間コンテキストに存在します。
  • トラックの概要でクリップイベントを移動した後、クリップエディターがクリップのトラックを失う可能性があるバグを修正しました。
  • トラックの概要でクリップイベントを移動した後、クリップエディターがクリップのトラックを失う可能性があるバグを修正しました。
  • クリップウィンドウでクリップを削除した後、クリップエディターが完全にクリアされないバグを修正しました。
  • 新しいウィンドウを作成した後、統合ウィンドウのクリップエディターにタイトルタブの一部が表示されるバグを修正しました。
  • クリップエディターにとって不適切な時間変換ルーチンの品揃えを修正しました。
  • クリップエディターのノートでミュートツールが機能しないバグを修正しました。
  • 専用トラックセレクターが表示されているときのドラムエディターのいくつかのグラフィカルなバグを修正しました。
  • ドラムエディターのタイムスクロールバーが最初に表示されないという長年のバグを修正しました。
  • ビジュアルフィードバックが選択されているものを正しく表示しないドラムエディターの問題を修正しました。
  • 多数のパラメーターを持つプラグインからのオートメーションタイプを挿入できない問題を修正。
  • リストが以前に空だった場合、トラックデータの変更後にイベントリストが更新されないバグを修正しました。
  • イベントリストのクラッシュを修正しました。
  •  [マーカー]ウィンドウでマーカーの左側をクリックしても、そのマーカーまで巻き戻されないバグを修正しました。
  • MIDIエディターのトラックから唯一のノートイベントを削除しても再描画がトリガーされないバグを修正しました。
  • 「四角音符」バージョンのピッチルーラーが垂直方向にオフセットされるはずだったバグを修正しました。
  • MIDIエディターのシザーツールを修正しました。クリックしてドラッグすると、交差する各グリッドポイントで再び切り取られます。
  • 水平方向にスクロールした後にいくつかのノートが新しい可視範囲に描画されないバグを修正しました。
  • 連続データをドラッグするときにカーソルにカーソルが続くようになりました
  • 速度アイコンで新しい速度ツールを使用しても、対応するノートが常に再描画されないバグを修正しました。
  • MIDIエディターでコンダクタートラックを開くときのクラッシュを修正しました。
  • UIを拡大すると、ルーラーの下部が不均一に描画される可能性があったバグを修正しました。
  • ノートが選択されていない場合、MIDIエディターで青いマーキーハイライトが消えないバグを修正しました。
  • 値127のノート速度がMIDIエディターに表示されないバグを修正しました。
  • オーバーダブモードがオンの場合、MIDIエディターが記録されたばかりのノートを再描画しないバグを修正しました。
  • レコードパスを取り消した後、MIDIエディターが再描画されないバグを修正しました。
  • MIDIエディターがミュートされたばかりのノートを再描画しないことがあるバグを修正しました。
  • 後にマーキーハイライトがMIDIエディターの連続データ領域に表示されたままになるバグを修正しました。
  • グラフィックエディターのキャッシュルーチンのいくつかのバグを修正しました。
  • トラックパッドでMIDIエディターをスクロールすると、境界ストリップにルーラーの目盛りが表示される不具合を修正しました。
  • マーキーとズームのドラッグ中に自動スクロールが非常に遅い速度に制限されるバグを修正しました。
  • 「バー」モードでMIDI連続データを描画するときのバグを修正しました。
  • MIDIノートを鉛筆で書きながらスクロールすると発生するバグを修正しました。
  • 「Clear MIDI Controller …」を使用する場合、クリック検出が考慮されないミキシングボードのバグを修正しました。
  • ウィンドウターゲットがターゲットである場合、ミキシングボードの挿入スロットからプラグインを削除できないバグを修正しました。
  • ミキシングボードの唯一のトラックをドラッグすると発生するクラッシュを修正しました。
  • ミキシングボードからMIDIエフェクトを削除するときに発生するクラッシュを修正しました。
  • 「グループを作成」を選択した後、ミキシングボードウィンドウの空の領域をクリックするバグを修正しました。
  • ドラッグ中にマウスを完全に静止したままにすると、QuickScribeが自動スクロールを停止するバグを修正しました。
  • クイックスクライブ挿入カーソルを上下に移動するコマンドが機能しない問題を修正しました。
  • サウンドバイトレイヤーがなかったときにウィンドウのサイズを変更するとSndBitePanesが欠落するバグを修正しました。
  • ピアノロール定規がシーケンスエディターで正しく描画されない問題を修正しました。
  • シーケンスエディターのグリッド線が水平方向にスクロールしても再描画されないことがあるバグを修正しました。
  • 咬合量データを鉛筆で書くときのクラッシュを修正しました。
  • ワイパーとしてサウンドバイト波形がわずかに変化するように見えるシーケンスエディターのバグを修正しました。
  • 閉じたトラックフォルダにズームツールをドラッグするとクラッシュする問題、およびドラッグすると一貫性のない結果が修正されました。
  • シーケンスエディターでマーキーが複数のトラックを選択するグラフィカルな不具合を修正しました。
  • サウンドバイトのピッチ編集レーンがシーケンスエディターの境界外にデータを描画する可能性があるバグを修正しました。
  • シーケンスエディターのトラックフォルダーストリップのマーキーで強調表示された領域がその後も残るバグを修正しました
  • サウンドバイト名がシーケンスエディタで表示されるべきではない場所に描画される可能性があります。
  • シーケンスエディターでサウンドバイトピッチレイヤーを垂直にスクロールするときのグラフィカルな不具合を修正しました。
  • 鉛筆ツールを使用してサウンドバイトのピッチレイヤーを編集できなかったバグを修正しました。
  • シーケンスエディターの[すべて選択]がTo Tick :: kMax(DPまでの時間の終わり)まで選択するバグを修正しました。
  • 最初に開いたときにオートメーションレーンに含まれるデータが描画されないバグを修正しました。
  • クリップイベントがゆっくりスクロールされた場合、シーケンスエディターがクリップイベントの先頭を描画しない可能性があるバグを修正しました。
  • サウンドバイト名が他のサウンドバイトに遮られたときに適切にクリップされない描画バグを修正しました。
  • シーケンスエディターのタイムルーラーとマーカー/自動パンチ/メモリレーンが常に再描画されないバグを修正しました。
  • シーケンスエディターでテイクを非表示にするとクラッシュする問題を修正しました。
  • ノートベロシティの編集タイプがの場合の、シーケンスエディターおよびクリップエディターのピアノロール垂直スクロールバグを修正しました。
  • ビューポートの左端の前のMIDIコントローラーイベントの継続が常に発生するとは限らないバグを修正。
  • 短いバイトがレイヤーに重ね られた場合、長いバイトの終わりからフェードアウトが消える問題を修正しました。
  • エフェクトリストのシーケンスエディターのスクロールバグを修正しました。
  • GUIが表示しているものと一致するように選択を修正しました。
  • スクラブ中にスクロールするときの表示の不具合を修正しました。
  • シーケンスエディターでVCAトラックにレーンを表示する際のクラッシュを修正しました。
  • シーケンスエディターで複数のトラックにまたがってマーキーを選択しても何も選択されない場合があるバグを修正しました。
  • Soundbitesウィンドウが最後にクリックされたsoundbiteを選択されたとおりに描画するが、更新されないバグを修正しました。
  • 新しい選択を反映する内部状態。これにより、「サウンドバイトの削除」などの選択ベースのメニュー項目が発生していました。
  • エンドポイントインジケーターをドラッグするときのトラックの概要でのクラッシュを修正しました。
  • トラックリストでトラックパッドまたはマウスホイールを使用して水平方向にスクロールするときのグラフィックスのバグを修正しました。
  • 新しいトラックが追加されたときにトラックの概要が再描画されないバグを修正しました。
  • トラックの概要でドラッグすると発生する潜在的なクラッシュバグが修正されました。
  • トラック概要の一番下のトラックでデータをクリックできないバグを修正しました。
  • トラックの概要のタイムルーラーが時間範囲選択のハイライトを描画しないバグを修正しました。
  • ウィンドウを再度開いたときにTracks Overviewディバイダーが適切に復元されないバグを修正しました。
  • トラックの概要がAuxおよびインストゥルメントトラックのフレーズボックスを描画しないバグを修正しました。
  • トラックの概要でクリップイベントをオプションでドラッグすると、クリップのコピーがさらに2つ作成されるバグを修正しました。
  • トラックの概要でフレーズの上でシフトキーを使用してなげなわツールを使用しても選択されないバグを修正しました。
  • 自動パンチレーンとメモリサイクルレーンに重ねられたマーカーラインが再描画されないバグを修正しました。
  • スクロールズーム時の波形エディターのクラッシュを修正しました。
  • 特定のズームレベルで波形の描画が失敗する問題を修正しました。
  • 波形エディターを閉じるときに発生するクラッシュを修正しました。
  • 波形エディターのピッチレイヤーをスクロールするとクラッシュする問題を修正しました。
  • 空の波形エディターでズームしようとすると発生するクラッシュを修正しました。
  • 鉛筆ツールで既存のビートをクリックすると発生するクラッシュを修正しました。
  • タイプが一致しないトラックにクリップをドラッグするとクラッシュする問題を修正しました。
  • しばらくの間明らかに壊れていた「最後のバウンスを再び実行する」機能を修正しました。
  • 複数のフェードが選択され、ドラッグしてゼロになるとDPがクラッシュする可能性があった長年のバグを修正しました。
  • 選択ハイライトがグルーブクオンタイズのMIDIインサートエフェクトバージョンで描画されないバグを修正しました。
  • 以前の動作を復元し、オブジェクトの選択で正常に使用できるようにするための繰り返しを修正。
  • オーディオ出力の割り当てが不適切なプロジェクトを開くときに発生するクラッシュを修正しました。
  • オーディオトラックでI / Oプロパティを設定できないバグを修正しました。
  • 古いDPバージョンとして保存すると、プロジェクトの実行時に古いバージョンのDPでクラッシュする問題を修正しました。
  • 「DP7-9として保存」が実際にDP10.01として保存されるWindowsのバグを修正しました。
  • MIDIインサートエフェクトのあるトラックを含むプロジェクトを閉じるときに発生するクラッシュを修正しました。
  • コンソールの削除をやり直すと発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • DPが大きなプロジェクトを読み込んでいるときにクラッシュせずにキャンセルを押す信頼性が向上しました。
  • 一部のドキュメントを古いDPバージョンとして保存する際のクラッシュを修正しました。
  • テンポの変更が正しく読み込まれないバグを修正しました。
  • パターンクリックを使用したプロジェクトの保存が失敗するバグを修正しました。
  • エクスポートプラグインを含む保存された形式でディスクにバウンスを実行すると、誤って生成される問題を修正しました。
  • DPの古いバージョンで作成された一部のトラッククリッピングをインポートできないバグを修正しました。
  • 特定の古いファイル(重複するトラックIDを含むファイル)を読み取る問題を修正しました。
  • パッチの変更を記述するバグを修正し、コードの初期バージョンで記述されたファイルを読み取りコードで処理できるようにしました。
  • リソースフォークが欠落または破損しているトラッククリッピングのインポートを妨げるバグを修正しました。
  • 波形の概要と解析ファイルを引き起こす可能性のあるファイル修正日比較バグを修正。
  • 少なくとも1つのVCAトラックを持つドキュメントを閉じた後に新しいドキュメントを開くとクラッシュする問題を修正しました。
  • レベルメーターが理由なくスパイクすることがあるバグを修正しました。
  • 再生を開始したときに追跡イベントが遅れて送信されるバグを修正しました。
  • モノフォニックアフタータッチが再生中にMIDIデスティネーションに送信されないバグを修正しました。
  • オートメーションを記録するときに、重複したイベントがトラックに挿入される可能性があるバグを修正しました。
  • フレームレートを変更するときに発生するクラッシュを修正しました。
  • トラックのフリーズをキャンセルすると発生するクラッシュを修正しました。
  • ミキシングボードの一時グループにv-rackトラックを追加しようとするとクラッシュする問題を修正しました。
  • オーディオトラックで複数のパンチイン/アウトを行うと、サウンドバイトが1つしか挿入されない問題を修正しました。
  • キャプチャされたクリップがサイクルバック後にトラックオーバービューまたはシーケンスエディターに描画されないバグを修正しました。
  • メモリサイクルが有効なときにキャプチャされたサウンドバイトクリップを描画するときに発生するクラッシュを修正しました。
  • 記録されたクリップイベントがシーケンスエディターで間違った方向にソートされていた問題を修正しました。
  • 現在のイベントより先に開始されたクリップイベントによってタイプがオーバーライドされる可能性があるイベント追跡バグを修正しました。
  • クリップイベント内にない限り、MIDIノートがまったく追跡されないバグを修正しました。
  • 再生の開始時にクリップ内のノートが適切に追跡されないバグを修正しました。
  • クリップイベント内にノートしか含まれていないトラックに対してMIDIスクラブが機能しないバグを修正しました。
  • 自動化をクリップに記録すると、ゼロ内に複数のゼロ点が含まれることがある問題を修正しました
  • このイベントタイプのオーバーダブパスを記録した後、モノフォニックアフタータッチが再生されないバグを修正しました。
  • 「ラッチ」モードでのMIDIコントローラーのオーバーダブ録音が以前のトラックデータを消去し続けるバグを修正。
  • トラックデータ選択を試聴すると、次の場合に他のトラックの選択されていないクリップイベントからデータを再生するバグを修正しました。
  • MIDIクリップイベントでノートを追跡するときのアサーションエラーを修正しました。
  • 再生するためにキューに入れられた後、クリップウィンドウで「クリップの貼り付け」を元に戻すときに発生するクラッシュを修正しました。
  • 特定のエフェクトインスタンスのパラメーターのオートメーションをオーバーライドするクリップもオーバーライドするバグを修正。
  • トラック内の同じエフェクトの異なるインスタンスで同じパラメーターをターゲットとするオートメーション。
  • クリップウィンドウ内のトラックの「クリップの再生」が実際に再生されない場合があるバグを修正しました。
  • クリップの再生時に発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • フェードが適用されている場合、クリップ内のサウンドバイトが再生されない可能性があるバグを修正しました。
  • 波形情報がドラッグ情報バブルによって残されていた場合のグラフィカルなバグを修正しました。
  • [VCAトラックとグループの追加]コマンドを元に戻してからやり直したときに発生するクラッシュを修正しました。
  • クリップウィンドウの「トグルクリップエディター」の処理のバグを修正しました。
  • CC-オーバーダブ録音システムがトランスポートレコードの解放を無視できる場所をもう1つ修正しました。
  • マウスが動いていないときにワイパーが動かなくなるバグを修正しました。
  • 一度に1フレーム後方にシークしても、表示されるビデオフレームが確実に更新されないバグを修正しました。

 

 

Digital Performer 10.1をお楽しみください!

 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

伝統のあるPAミキサーメーカーのノウハウで高音質、ハイエンドDJミキサーを実現

XYZ軸の操作で、まったく新しい演奏表現方法をもたらす、3Dタッチコントローラ:CMG

ハリウッドの有名スタジオで収録されたプロのためのプレミアムなインストゥルメンツ

80年代から業界のリーディングカンパニーとして君臨 Digital Performer 10 / Thunderbolt / USB / AVB オーディオインターフェイス

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んだ超ハイエンドDJミキサー

数々の名曲を産み出したA-Range、Series 80などの歴史的コンソールを輩出したミキサーブランド

世界のミュージシャン、DJから絶大なる人気を誇るレコード・バッグ、トロリーなど

スウェーデン発、軽快な動作と豊富な音源のドラム&キーボード・インストルメンツ