リリース

Digital Performer 9.5 へのアップデートが公開されました

この度のアップデートにより、新たにZynaptiq社製のZTXタイムストレッチング/ピッチシフティングテクノロジーを搭載、エフェクトパフォーマンスウインドウの追加及び、仕様の改良、バグフィックスが行われています。
下記のサイトよりアップデートが可能となっておりますので、ご確認の上、アップデートを行ってください。

 

Digital Performer 9.5 フリーアップデートをダウンロードする

 


 

バージョン9.5の新機能

 

エフェクトパフォーマンスウインドウ
エフェクトパフォーマンスウインドウ(スタジオメニュー)は、現在起動している全てのバーチャルインストルメントとエフェクトプラグインの状況をリアルタイムで表示します。

ZTX™タイムストレッチングとピッチ シフティングテクノロジー
Digital Performer 9.5には、Zynaptiq GmbH(Hzynaptiq.com)社製のZTXタイムストレッチング/ピッチシフティングテクノロジーを新たに搭載しました。最先端、最新式のオーディオタイムストレッチング、及びピッチシフティングのDSPテクノロジーであるZTXは、 ZynaptiqのDSPエンジニアリングチームによる長年の研究と開発を経て完成されました。

相対モードのピッチエディティング
相対モードは、オフセットを使用してピッチを表します。

 


 

バージョン9.5の改良点

 

  • (グリッド吸着機能オン時)シザーズツールでピッチレイヤーバーのエディットを行うと、その結果をグリッドに吸着。
  • ウェーブフォームオーバービューの再構築時に起こり得たレインボーサークルの問題を解決。
  • Windows Audioドライバ使用時のいくつかの問題を解決。
  • プロセッシングを適用したサウンドバイトでフェードインにクリックサウンドが生じていたフェードレンダリングバグを解決。
  • いくつかのテーマで表示を向上。
  • ピッチシフティング(トランスポーズ)モード初期設定を追加。
  • サウンドバイト上を右クリックでピッチシフト、及びタイムストレッチモードの設定を可能に(オプションキーを併用して複数のサウンドバイトで設定を実行)。
  • ピッチデータエディティング時のクラッシュバグを解決。
  • シーケンスエディターコンテキストメニューの問題を解決。
  • フェード計算後にサウンドバイトのボリュームが正しく反映されなかった問題を解決。
  • サウンドバイトのエッジエディティング時のDPフリーズ問題を解決。

 

 

関連製品

取扱ブランド

伝統のあるPAミキサーメーカーのノウハウで高音質、ハイエンドDJミキサーを実現

XYZ軸の操作で、まったく新しい演奏表現方法をもたらす、3Dタッチコントローラ:CMG

ハリウッドの有名スタジオで収録されたプロの為のプレミアムなインストルメンツ

世界初のマルチタッチ対応USB / MIDIフットコントローラー類とK-Mix

ロサンゼルスを基盤にAbleton用とKontakt用のプラグインを提供する新進メーカー

アメリカでデザインされ高品質・低価格を実現したマイクロフォン、マイクプリアンプ

Ableton Live 10発表、Live 9シリーズ スペシャルオファーを開始

Rupert Neveが創設した伝統あるコンソールメーカーが供給する高音質インターフェイス

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んだ超ハイエンドDJミキサー

実在したイギリスの伝説のレコード・プロデューサーの名を冠したアウトボード類

80年代から業界のリーディングカンパニーとして君臨。DP、各種インターフェイス

EDM等に最適なコントローラーLaunchファミリー、シンセサイザーNovaシリーズなど

著名エンジニア"マルコム・トフト"のミキサー、ATBシリーズ

世界のミュージシャン、DJから絶大なる人気を誇るレコード・バッグ、トロリーなど

スウェーデン発、軽快な動作と豊富な音源のドラム&キーボード・インストルメンツ