お役立ち情報

Starcadianによるチートコード / XLN Audio XOpakで最高のドラムサウンドを作る

Starcadianは、カヴィンスキー、コムトゥルーズ、ミッドナイトといったアーティストと並ぶ、モダンシンセウェイヴムーヴメントの先駆者です。彼のアルバムは、1980年代のカルト的なファンタジー/SF映画のサウンドトラックのように、私たちの想像力の集合体から生み出されました。シンセウェーブのパイオニアが、どのようにして彼の特徴的なドラムサウンドを手に入れ、どのようにしてインスピレーションを保ち続けているのかを聞いてみよう。

 

曲作りのクリエイティブなプロセスはどのようにスタートするのですか?

多くの場合、グルーヴから始めます。XLN Audioの製品もそうで、ビートをゼロから作り、再生させて、リズムを聞きながら目を瞑っていると、音楽が浮かんでくることがある。クリップモードで作業していろいろなフィルを試したり、グルーヴをつなぎ合わせたりする。70%の確率でそれぞれのキットの実際のサウンドが、曲の進みたい方向に導いてくれるんだ。僕はAddictive Drumsで何年もかけて自分のプリセットを作ってきたから、プリセットの名前を思いついた瞬間に、どこに行きたいのかがはっきりわかるんだ。Addictive DrumsのUnited HeavyのキットにRickenbackerのベースを組み合わせると、どうなるかよくわかる。そうすると、コード進行だけは微調整が必要になる。トップループから始めることはほとんどないけど、今はXLN Audioの「Life」に完全に取って代わられているね。手持ちの適当なサンプルをLifeに通して、ミックスして、そのループを展開するだけ。もっと派手にやりたいときは、Addictive Drums 2のグルーヴをスクロールしてLifeと同期させ、Randomizeを押して、2つがブレンドされるまで待つ。そして、最終的にこの2つが調和するまで待つんだ。

 

 

XLN Audioの「XO」でもよくやるんだ。EDITセクションのBeat & Sample Combinerで、ビートとサンプルをランダム化する。猛烈にやっては止め、ルーレットのようにやっては止めを繰り返す。コインを投げて曲を占うような感じかな。

作りたい曲が頭に入っていることもある。歌えるし、何を作るかもわかっている時でも、宇宙が何かを投げかけてくるか試してみたい時もある。XOのランダム化機能は、多くのプラグインにはないグルーヴ・レベルでの正当な働きをしてくれるんだ。コード・レベルでそれを行うプラグインはたくさんあるけど、グルーヴは抽象的で面白いものだね。XOは意識的に合意されたグルーヴと新しいアイデアの両方がうまくいくように導いてくれる。

 

 

あなたのドラムサウンドの秘訣は?

「Addictive Drums 2」の「United Heavy」か「Black Velvet」のキットから始めることが多いね。まずスネアのピッチを下げる。スネアをスマイリーフェイス(笑った顔のようなEQを加える)にして、少し迫力を出す。それから、キックのサスティーンを短くして、「DS-10 Drum Shaper」をかけてトランジェントを少しブーストする。キックの場合は、エレクトロニックなサウンドを求めるなら、アタックは即効性のあるものにし、ディケイを短くする。アナログ的なサウンドを求めるなら、少しテールを残す。かな。

 

 

なぜ音を短くカットするかというと…キックにDS-10 Drum Shaperをかけて、グルー・コンプレッサーでアタックを上げ、リリースをゼロにして、レシオを上げる。そしてその前にOTT(マルチバンドコンプレッサー)を入れるんだ。そうすることで、Addictive Drums 2のディケイを短くした音が、ルーム音からかなり戻される。だから、OTTがもたらす濁りや古臭さを補うことができるんだ。

また、「RC-20 Retro Color」をトップで使って、人間味を出すこともある。また、Addictive Drumsのマルチアウト機能を使って、各フェーダーや各エレメントをパラアウトしたり、スネアにかなりのイメージング(リバーブ、ステレオスプレッドなど)をかけて、ボリュームを出すこともある。具体的には、BitwigのファクトリープリセットにStereoiserというのがあって、左右のチャンネルにオフセット・ディレイを少しかけるだけなんだ。これにスマイリーEQをかけると、70年代のタイトな、でもビッグでアンセミックなスネアのような美しいサウンドになる。ブチブチとしたいい音なんだけど、厚みがあるんだよ。あのサウンドがたまらないんだ。僕は高音のタイトなスネアにはアンチなんだ。アンチじゃないけど、僕のスタイルにはあまり必要性を感じない。低音でゴロゴロした、デッドでEQの効いたスネアが好きなんだ。MIDIではいつもスネアをキックと一緒にサブレイヤーしているので、スネアが単独で鳴っていることはないんだ。スネアをキックにサイド・チェーンさせることもある。各サウンドはAddictive Drumsの個別の出力でブレイクアウトしているので、それぞれのチェーンで出力されるんだ。だからキックをスネアに送ることで、サイドチェインが少しディップすることになる。この2つを一緒に演奏するたびに、2つのサウンドがより強固になるんだ。

 

 

VFX/ビジュアル・コンポジット・アーティストとしての仕事と音楽制作の間に類似点を見出す:

サウンドとビジュアルの美学は同じで、別々のものをつなぎ合わせても、同じ世界に生きているように感じられるべきだ。ヴィンテージ・レンズの色収差は、僕が視覚効果を手がけるときに画像に与えるものだ。色収差は、カラー・チャンネルですべてのシャープなエッジをわずかにぼやけさせ、画像を接着させる。同じことが音にも言える。僕がやっているのは音の収差だと思う。ヴィンテージのサウンド合成さ。

Starcadianの「Neon Dreams」XOpakは、1980年代のクラシック・サウンドトラックのノスタルジックなサウンドと現代のシンセウェーブサウンドへのチートコードです。ジャンルを定義するハードなゲートのスネア、パンチの効いたキック、アルペジオシンセのリード、打ち込みのシンセベースサウンドが、あなたの80年代風味のプロダクションを盛り上げます。

 


 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

UK発、創業50年を超える由緒あるライブコンソール・メーカーが開発するハイエンドDJミキサー ラインナップ

ハリウッドを象徴するスタジオを擁するオスカー御用達のプレミアム・インストゥルメンツ

ヴィンテージ・シンセサイザー・プラグインの開拓者として席巻するデベロッパーブランド

音声分離と音楽認識の開発研究を追及するUK・ロンドン拠点のソフトウェアデベロッパー

洗練されたデザインと様々な音響アプローチのニーズに対応したインストゥルメント / スタジオエフェクトをリリースするスウェーデンのプラグイン・デザイナーブランド

80年代初頭の創業より業界をリードするDAWブランド Digital Performer / オーディオ、MIDI、AVBインターフェイス

鍵盤楽器にMPE機能を追加するほか新たな表現を演出するMIDIプラグイン・ブランド

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んで開発するUKメイドのハイエンド・パフォーマンスコンソール

バーチャルラックとパッチングによって独自のワークフローを提供する最新版DAW & プラグイン

“Tilt EQ”の開発に代表される優れたクラフトマンシップと独自のサウンド・キャラクターを両立するプロオーディオ・ブランド

数々の名曲を生み出したA-Range、Series 80など歴史的コンソールを輩出するコンソール・ブランド

スウェーデン発、軽快動作と中毒性あふれるAddictiveシリーズ、RC-20などのインストゥルメント / エフェクトを多数開発するプラグイン・ブランド

[instagram-feed num=6 cols=6 imagepadding=0 showcaption=false showbutton=false showheader=false showlikes=false showfollow=false carousel=false]