お役立ち情報

MINIMONSTA:MOOGシンセサイザーについて

 

 

ボブ・モーグがシンセサイザーのテクノロジーを発明したわけでもなく、また最初のポータブル・シンセサイザーを開発したわけでも無いにも関わらず、彼の開発した楽器は電子音楽の世界を変え、世界中の音楽意識の中に「MOOG」の名をもたらしたと言っても過言では無いでしょう。

誰もが掃除機と言えば”フーバー”(100年以上もの歴史を誇る老舗家電メーカー)とイメージするように、”モーグ”という名前はシンセサイザーにも使われるようになり、この関連性から逃れることはできませんでした。

この事を理解するのは難しいことではありません。”スウィッチト・オン・バッハ”(モーグ・シンセサイザーを駆使したバッハ作品の演奏アルバム)の後にモーグのノベルティ・レコードが大量に出回ったという事実を思い出してください。ミュージシャンの視点から見ると、ボブが開発したシンセサイザーのほとんど全てに音楽的な何かがあるのです。これは旧来の超大型モジュラー・シンセサイザーにおいても同様です。

Minimoog®は音楽を最初から支えてきました。そのサウンドは、従来のスタジオ・サウンドのルーツから大きく脱却しただけでなく、そのレイアウトは非常に直感的で、これまでのほとんどの成功したシンセの流れを決定づけるものでした。

この音楽性を最初から強化したのは間違いなく”Minimoog®”で、そのサウンドは、従来のスタジオサウンドのルーツから大きく脱却しただけでなく、そのレイアウトは非常に直感的で、これまでのほとんどの成功したシンセの流れを決定づけるものでした。

実際、ARPはライバル・メーカーだったのかもしれません。アラン・R・パールマンのデザインは、ジェミニ宇宙計画のためにオペアンプを作っていたエンジニアとしての過去を隠していましたが、彼はのちにボブが開発したシンセサイザーは、エンジニアとミュージシャン共に、切実に必要とされていたことを明らかにしました。

※余談ですが、ボブはプロのピアニストになる才能があると講師に認められていたにもかかわらず、ブロンクス高校の科学科に通うことを選びました。そして、彼がテルミンを作るというプロジェクトを選んだのはこの学校でのことでした。

 

 

ボブはトークバック回路に関する需要が非常に高く、彼が定期的に出張に向かう際は、チームが取り組んでいた10個のMinimoog モデルCプロトタイプのプリント基板を誰も製造してはならないという暗黙の指示をMoog本社に残したという話があります。

しかし、オフィスの誰かがその命令を無視して、PCBを使って楽器を作ることにしました。この事についてボブが出張から帰ってきた後に激怒したと言われていますが、スタッフ全員を解雇せずに、こうしてMinimoogのモデルDの最初のロットが完成したのです。そして、後はご存知の通りです。

ギターがロックンロールにとって重要であったように、Minimoogはエレクトロニック・ミュージックにとって最も重要な楽器の一つである

Minimoogは紛れもなくエレクトロニック・ミュージックにとって最も重要な楽器の一つであり、多くの人がギターがロックンロールにとって重要であると思うのと同じように、エレクトロニック・ミュージックに欠かせないものであったと主張しています。この楽器はボブ・ムーグの生涯に渡って約13,000台が製造されたので、誰が弾いたかというよりも、誰が弾いていないかを調べる方が簡単です。

しかし、初期のアナログ・レコードと同様に問題が無いわけではなく、初めはチューニングの不安定さなどが良く知られていましたが、初期のバージョンは電波干渉に悩まされていたなど、他にも問題がありました。

 

 

リック・ウェイクマンは、”イエス”のギグの合間に、ボブ自身が地元BBCラジオの送信機からの電波を拾うのを止めるために、ブリキの箔を敷いたという素晴らしいエピソードを紹介しています。

ソフトウェアには限界がありますが、ハードウェアでは不可能なことを実現することができる。

当時はイライラさせられましたが、オシレーターボードのアップデートやシールドの改良など、初期の問題点のほとんどは解決され、この楽器はこれまでで最も愛されている電子楽器の一つとなりました。

私たちは様々な理由でMinimoogをモデル化することにしました。特にMinimoogの非常に初期のバージョンは、すぐにチューニングが外れる傾向があるためです。

キャリブレーションに関しても少し不満が残るので、Minimoogをソフトウェアにするというアイデアは非常に魅力的になりました。ただし、我々は単に他と同じようなMinimoogのエミュレーションを作り出さないことを条件としています。

90年代初頭に初めてボブに会った時、彼は当時の集団の意識について話してくれました。グローバルなコミュニケーションが不足していたにもかかわらず、ボブ・モーグ、ドン・ブックラ、アラン・R・パールマンは、その時代に彼らを制限していた技術的(そして地理的)な境界線の中で、何か新しいことをしようと努力していたのです。

 

The Minimonsta user interface.

 

ソフトウェアにはまだ限界がありますが、ハードウェアでは不可能なことを実現することができるので、過去の栄光と新しい意識とを融合させて、我々は古い友人達に新しい視点を与えようとしているのです。

 

最後に

結果、ほとんどのパラメーターに追加のLFOとアンプ・エンベロープを追加できるようになり、さらにMelohmanテクノロジーによるパッチ・モーフィングのコンセプトも実現しました。ユーザーが過去の楽器を新しい場所に持ち込んで、自分のイメージを働かせることができるようになることを願っています………..それとも”IMOOGINATION”というべきでしょうか?

 

取扱ブランド

伝統のあるPAミキサーメーカーのノウハウで高音質、ハイエンドDJミキサーを実現

XYZ軸の操作で、まったく新しい演奏表現方法をもたらす、3Dタッチコントローラ:CMG

ハリウッドの有名スタジオで収録されたプロのためのプレミアムなインストゥルメンツ

ヴィンテージ・シンセサイザーのモデリング技術を擁するバーチャル・インストゥルメンツ

80年代から業界のリーディングカンパニーとして君臨 Digital Performer / Thunderbolt / USB / AVB オーディオインターフェイス

あらゆるMIDIキーボードにMPE機能と新たなMIDIの可能性を追加する超能力プラグイン

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んだ超ハイエンドDJミキサー

"TILT EQ"に代表される独自のサウンド・フレーバー、直感的なデザイン、優れたクラフトマンシップによって成り立つ、プロフェッショナル・オーディオ・ブランド

数々の名曲を産み出したA-Range、Series 80などの歴史的コンソールを輩出したミキサーブランド

スウェーデン発、軽快な動作と豊富な音源のドラム&キーボード・インストルメンツ