Trident 68 コンソール

 

製品に関するお問い合わせ、ご購入・お見積もりをご検討されている方はこちらからお問い合わせください。

Trident 68 コンソール

商品コード: N/A 商品カテゴリー:

現在この商品は在庫切れでご利用出来ません

TRIDENT HISTORY

Trident Studiosは、1967年にNorman SheffiedとBarryの兄弟によって、Centrediscレーベルのインハウススタジオとして設立されました。Manfred Mann「My Name is Jack」というスタジオ発の大ヒットを受けて、Trident Studiosは世界トップスタジオの1つとしての地位を確立します。

1970年に、トライデント社内のエンジニア達はテープコピー室のための小さい6×2のミキシングコンソールを制作しました。このミキサーこそがTridentコンソール、ひいてはレコーディングコンソールの礎となります…

 

Series 68アナログコンソールは、アナログレコーディングに必須の機能とシステムの核となるべくポテンシャルを備え開発されました。68は8ウェイパネルに個々のチャンネルを備えたスプリット/インラインコンソールです。

8つのサブグループと、6つのAuxセンドを組み込んでいるため、そのルーティングオプションは多岐に渡り非常に使いやすい構成となっています。DB-25を使って入力し、XLRでマスターとメインの出力を接続するシンプルな設計となっています。

選択可能なチャンネルインサートやインプットをドライブするプリアンプと、柔軟でありながらパワフルな3バンドEQを中核にして、Series 68コンソールは幅広いサミングおよびミキシングオプションを提供します。

Series 68年の音質とコンパクトな筐体はレコーディングにおけるどんな要求にも応えることができます。

モジュール性

設計においてSeries 68は完全にモジュール化された78や88よりもコストパフォーマンスをベースに製造されています。

シリーズ同様のシャーシ設計とLEDメーターブリッジを組み込んだ68は、頑丈さと実績を備えています。

68コンソールは各セクションごとのモジュール・デザインを採用しているため、保守性を犠牲にすることなく、全体にわたりコストを効果的に削減しています。

•すべての入力チャンネルはフェーダーを含む個別の基板で構成され、それぞれ8チャンネルパックとして収納されています。
•サブグループはフェーダーを含む個々のボード、それぞれが8チャンネルパックに収納されています。
•マスターチャンネルは、他のすべてのチャンネルから分離された個別のチャンネルとして構成されています。

スプリット/インラインコンソール

1960年代後半にA-Rangeコンソールの登場から始まったTrident Audioのコンソールの構成以来、その仕様は業界全体でスタンダードとされ、今日のTridentコンソールもそれが踏襲されたものとなっています。

•ラインインプットとモニタインインプットを共に備えたデュアル入力対応のチャンネル
•スイープするローとハイ、ミッドバンドの3バンドEQ
•27dBのヘッドルーム
•チャンネルインサート
•選択可能なEQパス

マイクロフォンプリアンプ

68コンソールでは、新開発のプリアンプデザインを採用しています。

プリアンプには、非常に低いノイズ、低い歪み、高いスルーレート、リボンマイクも完璧にドライブできるハイゲインのヘッドルームを実現しています。

•65dBゲインプリアンプ
•バランスインプット
•バランスインサート
•インプットリバーススイッチ
•マイク/ラインスイッチ
•ファントム電源スイッチ

フレキシブルなEQ

Series 68は、コンソール全体にわたってメインチャンネルシリーズ80コンソールEQから派生した全く新しい3バンドEQを組み込んでいます。

重なり合う周波数帯域を持つ3バンドのトライデントEQは、帯域切り替え可能なハイパスフィルターとともに提供されます。

イコライザーのHIGHとLOWのセクションにはシェルビングの特性をもっており、MIDには帯域可変と切り替え可能Qピーキング(ベル)レスポンスがあります。

•1k〜15kのスイープ可能なハイバンド
•200Hz〜3kのスイープ可能なミッドバンド
•40Hz〜650Hzのスイープ可能なローバンド
•1〜1/3オクターブの間で選択可能な中間帯域幅
•50Hzハイパスフィルター
•選択可能なチャンネルインサート

マスターセクション

68コンソールのマスターセクションは使いやすさを考慮したレイアウトがされており、モニター、トークバック、ステレオリターンを管理するために必要なすべての機能を備えています。

68のマスターチャンネルは、他のセクションから独立した構造となっているため、コンソールのマスター出力機能は、あらゆるシチュエーションでもほぼ停止することなく、簡単かつ迅速にプロセッシングが行えます。

•メインモニタとAltモニタのコントロール
•ミュート、ディム、モノラルコントロール
•ゲイン付きオンボードヘッドフォン
•8つのサブグループ
•2 2トラックリターン
•サブグループモニタのリターン
•1ステレオAUX
•8ステレオFXリターン
•1/8インチTRS選択インプット
•オンボードトークバック
•選択可能なインサートリターン

 

注釈:画像イメージにはTRIDENT 78と記されておりますが、68 CONSOLEも同様の接続端子となっています。

Trident 88 Trident 78 Trident 68

チャンネル

16~
16~
16~

オートメーション

オプション
オプション

インプット(マイクプリ)

16 x XLR クラスA ディスクリート
トランスオプション
16 D sub
クラスAディスクリート
16 D sub

ファンタムパワー

16
16
16

チャンネル・ラインインプット

32(16 Line & 16 Monitor 1/4″ TRS)
32 D sub
32 D sub

他のインプット

19
8ステレオFX 1/4″ TRS
8モノMonitor Return 1/4″ TRS
2ステレオ 2Track Return 1/4″TRS
1/8″ステレオ・インプット(Ipod)
エクスターナル・トークバック・マイク XLR
19
8ステレオFX D sub
8モノMonitor Returns D Sub
2ステレオ 2Track Return D Sub
1/8″ ステレオインプット(Ipod)
エクスターナル・トークバック・マイクXLR
19
8ステレオFX D sub
8モノMonitor Returns D Sub
2ステレオ 2Track Return D Sub
1/8″ ステレオインプット(Ipod)
エクスターナル・トークバック・マイクXLR

Mixへのインプット数

56(EQ対応)
16チャンネル・インプット
16チャンネルMonitor インプット
8ステレオ・エフェクト・リターン(=16)
8グループ・モニター・インプット
56
16チャンネル・インプット
16チャンネルMonitor インプット
8ステレオ・エフェクト・リターン(=16)
8グループ・モニター・インプット
56
16チャンネル・インプット
16チャンネルMonitor インプット
8ステレオ・エフェクト・リターン(=16)
8グループ・モニター・インプット

インサート

42
16ch、16 Micインサート、8サブグループ&2メイン
25
16ch、8サブグループ & 1メイン

EQ

48
16 x 4バンド
16 Tilt
16 Hi/Lo
16 x 3バンド
16 x 3バンド

EQバンド

帯域可変4バンド(全16インプット)
Tilt EQ(全16モニター・インプット)
Hi/Lo(8グループ・モニター・リターン)
Hi/Lo(8ステレオFXリターン)
Mid域可変対応4バンド(16インプット)
Q調整可能な3バンド

Auxセンド

8
4モノ Pre/Post
2ステレオ Pre/Post
6
4モノ Pre/Post
1ステレオ Pre/Post
6
4モノ Pre/Post
1ステレオ Pre/Post

アウトプット -ダイレクト

16
1/4 TRS(Post Returnかポスト・フェーダーに切替・選択)
16
D-Sub(Post Returnかポスト・フェーダーに切替・選択)
16
D-Sub(Post Returnかポスト・フェーダーに切替・選択)

アウトプット – メイン

2 XLN メインアウト
2 XLR Monitor アウト
2 Alt TRS Stereo
2 TRS L/R Studio
12 XLR & D Sub メインアウト
1 XLR & D Sub Monitor アウト
2 D sub L/R Studio
2 XLR & D Sub メインアウト
1 XLR & D Sub Monitor アウト
2 D sub L/R Studio

他のアウトプット

16
8 Auxアウト 1/4″TRS
8グループ・アウト
1/4″ TRS
14
6 Aux アウト D-Sub
8 グループ・アウト D-Sub
14
6 Auxアウト D-Sub
8 グループアウト D-Sub

バス/グループ

8
8
8

フェーダー

25
25
25

ヘッドフォン

1 x 1/4″ TRS
2 x 1/8″
1 x 1/4″ TRS
2 x 1/8″

メーターブリッジ

フルLED
オーダー時VU版として注文可能
フルLED
オーダー時VU版として注文可能
ステレオVU &フルLED

トークバック

  • JANコード
    インプットインピーダンス
    マイクロフォン:>2kΩバランス ライン:>10kΩバランス
    ノイズ
    マイクEIN(20-20KHz、150Ωソース、60dB):<-128 dBu 残留バスノイズ(アウトプットフェーダー最小値):<-95dBu バスノイズ(40インプット使用時):<-80dBu (24インプットモニター/Tape Return、8 Stereo EFX Return & 8マスターTape Return)、 バスノイズ(24インプットを介した64インプット時):<-77 dBu
    THD + N +15dBu アウトプット
    XLRマイクインからアウトプット(-20dBuインプット):<0.003% ラインインプットからアウトプット:<0.003% モニター/Tape Returnインプットからアウトプット:<0.003%
    アウトプットインピーダンス
    L/R、モニターアウトプット、グループ&Aux:<50Ω 他の出力:<100Ω
    周波数特性
    マイクイン – ミックスアウト:<+0,-0.3dB 10Hz – 55KHZ @6-60 dB ラインイン - ミックスアウト:<0,-0.3dB < 100Hz – 60KHz @0 dB
    最大入力
    XLRマイクイン(ミニマムゲイン):+10dB ライン(ミニマムゲイン):+37dBu チャンネルインサートリターン:+22dBu 全てのアウトプットインサートリターン:+22dBu
    製品寸法
    16チャンネル:84.759cm 73.025cm 31.224cm 24チャンネル:110.159cm 73.025cm 31.224cm インプットモジュール(8ch)25.350cm マスターモジュール:3.124cm グループモジュール:25.350cm
    消費電力
    16インプットミキサー:2690 mA 24インプットミキサー:3570 mA
    最大出力
    Mix、Group、Aux、Monitorアウトプット:+26.5dBu(600Ω) Insert Sent、Studio、Alt Output:+22dBu(2KΩ)
    位相
    マイクインプット - ダイレクトアウト:+20° -1° 20Hz – 20KHz マイクイン – ミックスアウト:+20° -1° 20Hz – 20KHz マイクイン - ミックスアウトプット:+23° -12° 20Hz – 20KHz ラインイン – ミックスアウトプット:+13° - 15° 20Hz – 20KHz Monitor/Tape ReturnからMix Output:+8° -12° 20Hz – 20KHz
    クロストーク
    隣接チャンネル:<-90dB(@20KHz) / <-110dB(@1KHz) チャンネルフェーダーミュート:<-100dB(20Hz – 20KHz) モニター/Tape Return:<-85dB(20Hz – 20KHz) ミックス/バスアサイン:<-80dB(20Hz – 20kHz) Aux から Aux:<-75dB(20Hz – 20KHz)