MODEL 1

新たな創造性を与えるパフォーマンスインストゥルメントMODEL 1

MODEL 1はAndy Rigby-Jonesの開発の元、共同設計者にRichie Hawtinを迎え、 2年に渡りエレクトロミュージックコミュニティーにおいてのトップアーティストやクラブエンジニア達とのディスカッション、テストを重ねた、妥協のない品質と、直感的な操作性を備えた最高峰のアナログ回路を搭載するパフォーマンス・ミキサーです。
MODEL 1は6つのインプットチャンネルと2つのステレオリターンの入力チャンネルで構成され、インプットプリアンプ・ドライブ・コントロール、ハイブリットフィルタ/スゥイープベルEQ、デュアルキュー、デュアルミキサーリンキングと、バランスTASCAM DB25コネクタ接続をはじめとした多機能を実現します。
バランスミックスバス、ハイボルテージ・パワーレールによるシームレスなフィルター&マスターEQなどといった最高峰のスタジオコンソールの設計手法が施された純粋なアナログミキサーです。

PLAYdifferently: MODEL 1

MODEL 1 IS FOR ARTISTS WHO STRIVE TO UNLOCK AND EXPAND THEIR OWN INNATE CREATIVITY. ― RICHIE HAWTIN

CHRIS LIEBING

LOCO DICE

DUBFIRE

RICHIE HAWTIN

NICOLE MOUDABER

PACO OSUNA

MATADOR

FABIO FLORIDO

HITO

LOUIE VEGA

Luciano

David Morales

2ステレオセンド

2つのAUXコントロールは、外部エフェクトプロセッサーまたはローカルモニターなどの用途としてAuxミックス出力にチャンネル信号を送ります。
AUX 1はPREまたはPOSTフェーダー切り替えでの使用、AUX 2はPOSTフェーダーに設定されています。

2ステレオリターン

外部エフェクターやその他のソースからのリターン入力に適した2ステレオチャンネルには、インプットドライブ回路、Cue AとCueB両方にルーティングするトリムが設 けられています。
各リターンは、信号レベルを目視できるメーターリングと共に、ミックス量をコントロールするロータリーレベルフェーダー、リターン1-2ローカットEQとマスターフィルタールーティングが組み合わさっています。

3つのハイパフォーマンス・フォノプリアンプ

バイナルとデジタルオーディオの間に介在する不均衡なトーンを最小限に抑えながらも、余計な周波数のフィードバックを排除する、クラブ環境に最適化された、ハイパフォーマンスターンテーブルインプットを3つ装備。
各フォノ入力には、ターンテーブルアースバインディングがあり、柔軟性を高めます。

スタジオグレードフェーダー

長寿命とスムーズな操作を実現するため、慎重に選定されたカスタムTKD 日本製の60mmフェーダーが採用されています。

スカルプティングEQ

特定の周波数帯を操作するためのFREQとそれをCUT/BOOSTするための二つの コントロールボリュームから成るスカルプティングEQは、セミパラメトリックベルフィルターとしての機能を持ち合わせます。EQのCUT/BOOSTは非対称で最大値は+8db , CUTは-20dbまでに対応し、大凡7オクターブ分までの周波数帯の操作をフォローします。

“CONTOURING”ロー&ハイパスフィルター

名前が示すように、これらの2つのコントロールを使用すると、オーディオ信号の周波数レンジを「Controuring= 輪郭付け」します。
各周波数帯を横断するなかでもオリジナルサウンドを損なわない設計が施され、ハイパス、ローパスフィルターはなだらかなQを持ち構成されています。

アナログドライブコントロール

各入力チャンネルに設けられたDRIVEコントロールは、各チャンネルのプリアンプの入力信号のクリップレベルを調整し、サウンドに対してハーモニクスディストーションの効果をもたらします。

デュアル・CUE

AとB、二つの独立したキューシステムを搭載。Cue Aは右側、Cue Bは本体左側のヘッドホンモニターへそれぞれルーティングされています。これにより、スムーズかつダイナミックな“Back2Back”を実現。各々チャンネルとモニターをそれぞれ占有しながらのプレイを可能にします。

ミキサーリンク

このシステムは、二人以上のパフォーマーでの使用、またはチャンネル拡張を必要とした際など、複数のミキサーをリンクする機能で、リンクされた状態では、ミキサーはPAとモニターに共通のバランスミックスを送出します。さらに2つのキューシステムも結合され、複数のパフォーマー間でインタラクティブなキューイングをも可能とします。

バランスミックスバス

110dbを超えるダイナミックレンジ、ノイズおよびクロストークの低減、徹底されたハムリジェクションを含む、ハイエンドのアナログスタジオコンソールにしかないクオリティのフルバランス・メインミックスバスを搭載。

ハイ&ローパス・マスターフィルター

マスターフィルターはハイパス、ローパスで成り立ち、特にハイパスフィルターには RESコントロールも設けられ、サウンドをシャープに仕立てます。
マスターフィルターは、周波数制御のパーフォマンスエフェクトとして、あるいはあらかじめLowやHighをカットしたたフィルターでの周波数ミックス・ツールとしての活用をもDJブースへ提案します。各チャンネルにフィルタースイッチを搭載しており、オン/オフにより信号をルーティングします。

3バンド・マスター・EQ

パフォーマンスを補正する、-20 /+6dbの非対称3バンドマスターEQセクションを実装。

2バンド・ブースEQ

最高のパフォーマンスをもたらすためのブースモニター用2バンドEQを装備。

100%アナログ

純粋なアナログ回路を採用していることから、全ての操作にスムーズ、かつ直観性をもたらします。

ゼロ・クロッシング回路

チャンネルフィルター、マスターフィルター、マスターEQなどの各セクションにはゼロクロッシングシステムを経由し、それらの機能のスイッチングエラーを排除しています。

バランスミックスバス

機能性と共に機械美も兼ね備えた、プレミアムパーツをふんだんに採用。各機能、セクション毎にも異なるパーツを配置し、正確なパフォーマンスを提供します。

外部電源

90W 24Vの外部ユニバーサル電源PSUにより駆動。外部電源からの24Vは、高周波スイッチング技術を使用して、内部で+/-20Vへ変換され、入力ソースを問わずにMODEL1に、プロフェッショナルミキサーとしての豊かなヘッドルームをもたらします。

デュアル電源ポート

MODEL1は、デュアル電源での電力供給を可能としています。この機能はプロフェッショナルライブサウンド機器やレコーディングコンソールに採用されており、2つの電源供給を同時にまかなえる設計となっております。
一方のポートから電源供給が不意の事故によりダウンしたとしても、もう一方のポートより自動で給電され、プロフェッショナルな現場においてのセキュリティをも備えます

D-SUBイン

2つのTASCAM DB25バランスインにて、外部サウンドカードや、クラブ設備などからも瞬時に計8つのステレオチャンネルの入力を受け入れます。

レコードアウト

トップパネルマスターセクションには、3.5mm TRS RECORD OUTを搭載。REC OUTはポストマスターEQに配置し、-2dbで出力されます。

BUILT IN THE UK

ツアー、クラブ、パフォーマンス、あらゆる用途に対応するために最もタフで、再軽量化を実現した合金/スチールシャーシを採用。イギリスを代表するコンソールメーカーであるAllen &HeathとDigiCoをパートナーに加え、イギリスにてMODEL1は生産されています。

  • JANコード
    4580101340466
    最大出力レベル
    +28dBu バランス +23dBu アンバランス
    出力インピーダンス
    50R バランス 68R アンバランス
    残留ノイズ
    -100dBu Un-Weighted ,22Hz - 20kHz
    ダイナミックレンジ
    > 112dB
    周波数特性
    20Hz - 40kHz +0/-2dB
    THD+N
    0.008% Line In - Mix 1 out, 0dBu Unity Gain
    Inter Channel Crosstalk
    < -100dB
    Left/Right Crosstalk
    -80dB 1kHz
    消費電力
    50W
    重量
    5.40kg
    寸法
    L 37cm x W 32cm x H 11.5cm
  • MODEL 1のリアパネルにあるDSUBコネクタは何に使うのですか?

    アナログのバランスDSUBコネクタは業界標準のTASCAM DB25フォーマットを採用しており、コネクタあたり最大8ステレオチャンネルのオーディオとして扱えます。DSUBのIN 1&2は、最大16のバランスステレオオーディオチャンネルを扱え、MODEL 1の入力チャンネル1-6、Returnの1&2にアサインでき、DSUBアウトはマスター1、Auxセンド1&2、及びCue Bを送出します。 これらのコネクタのピンレイアウトはMODEL 1ユーザーマニュアルを参照して下さい。
    DSUBのIN&OUTを使用するとコンピュータのサウンドカード(AD / DAコンバータ)やクラブ常設のシステムとの接続に柔軟に対応します。例として、MOTUインターフェイスや業務用ライブコンソールの多くにDB25は採用されており、3本のDB25-DB25ケーブルを介すことでMODEL 1の入力と出力のすべてにアクセスできます。
    もしくはDSUB-TRSケーブルなどを扱って、他の一般的な機材との接続も可能です。

    ドライブ機能とはどのような機能なのでしょうか?

    ドライブ機能では、チャンネルプリアンプが入力信号のクリップするレベルを調整できる機能です。これにより、ドライブ機能をクリエイティブなエフェクトとして、チャンネルソースにハーモニックディストーション(倍音成分のひずみ)を与えられます。
    ビンデージレコードやマスタリングされていない状態のデモデータなどにドライブ機能を適用させ、温かみや心地よい歪みを加えて、新しいサウンドとして昇華させる用途も可能です。

    MODEL 1はホームスタジオなどで楽曲制作用途としても活用できますか?

    はい、MODEL 1の妥協のないオーディオ品質と、高精度EQやチャンネル入力の”オーバードライブ”機能を含む直観的コントロールは、シンセサイザー、ドラムマシン、エフェクトプロセッサーなどのあらゆるタイプの入力ソースの扱いにも適しており、クリエイティブなアナログミキサーとしても活用いただけます。

    リアパネルにレコードアウトプットジャックが見当たりませんが、レコードアウトはトップパネルの1/8″ミニジャックを扱うのでしょうか?

    いえ、MODEL 1のTASCAM DB25アウトプットと9pinシリアルMix Link Outコネクタから、バランスのマスター信号を出力します。これらをレコーダーやサテライトスピーカーなどへの送出に扱っていただけます。

    ステレオリターンチャンネルをマスターフィルターに送ることは可能ですか?

    はい。2つのリターンに搭載されているボタンを押すことで、ステレオリターン1と2の両方をマスター・レゾナント・フィルターに送出することができるようになっています。

    マスターフィルターを扱う際、ポップの混入や、サウンドの劣化などは見受けられますか?

    いえ、MODEL 1にはゼロクロス検出回路を採用していますので、フィルターボタンを押してミキサー上のルーティングを変更すると、ミキサーはオーディオ信号が0Vの通過を待ってからのパス変更が成されます。この場合の体感遅延は生じず、結論として、マスターフィルターやマスターEQのオン/オフ時、聴感上の変化は生じません。

    現在、どんなアーティストがMODEL 1を使用していますか?

    Dubfire、Loco Dice、Chris Liebing、Richie Hawtinは各々所有するMODEL 1ミキサーでギグを行っています。

    MODEL 1にはどのような製品保証が適用されますか?

    MODEL 1は、Playdifferently製品の製造及び販売パートナーであるAllen & Heathのポリシーに基づく1年間の保証が適用されます。

    MODEL 1にはどんなフェーダーが採用されていますか?

    MODEL 1にはTDK社の高品質60mmカスタムメイドフェーダーを6つ採用しています。MODEL 1のフィーリングと機能性にあった最高のカーブを実現するために、MODEL 1アンバサダーのアーティスト達と多くの時間を費やしこのフェーダーの採用にたどり着きました。

    なぜMODEL 1には二つのヘッドホンシステムがあるのでしょうか?

    MODEL 1には二つの独立したヘッドホンキューバスがあります。これにより二人のDJが二つの個別のソースを同時にモニターすることができ、背中合わせのセットではなく、同一セット内でのパフォーマンスを可能しました。このヘッドホンシステムでは、大規模なラインナップでもアーティスト同士のスムーズなクロスオーバが可能になり、次にプレイを控えるDJも、パフォーマンスしているアーティストの邪魔をすることなく、トラックのモニターや、準備に専念できるようになっています。

    MODEL 1にはオーディオインターフェイス機能は搭載されていますか?

    いえ、オーディオインターフェイスやAD / DAコンバータを選定することは、お気に入りのターンテーブル用カートリッジや針を選定することと同じようにユーザーの主観や環境によるところとし、MODEL 1本体にデジタルオーディオインターフェイスを内蔵することは考えられていません。
    代わりに、TASCAM DB25の入出力端子を搭載しています。DB25を使用することで、お好みのサウンドカードと高性能で高品質な接続環境を実現しています。

    MODEL 1にはMIDI機能は搭載されていますか?

    MODEL 1は完全なアナログオーディオミキサーで、MIDI接続やその機能を持ち合わせていません。直観的な操作と機能を実現するための最高のコンポーネント(フェーダーやノブ、ボタンなど)の選定に多くの時間を費やし、本体それぞれの機能に特化しています。

    MODEL 1と他のミキサーの大きな違いは?

    MODEL 1は様々な点において他のミキサーと異なります。音質はPlaydifferentlyにとって最優先事項として捉えており、クラシックなアナログスタジオの世界の技術を踏襲し、完全にバランスのとれたミックスバスを軸に、素晴らしいヘッドルームと優れたS/N比、ダイナミクスを実現しています。
    加えて、ほとんどのDJミキサーに搭載されている固定EQシステムの代わりに70Hzから7kHzまでのスイープ可能なEQシステムを採用し、任意の周波数帯のブーストまたはカットができる仕様としており、DJパフォーマンスに新たな創造性を与える設計が成されています。スムーズでクリアなチャンネル・フィルター、マスター3バンドEQ、マスター・レゾナント・フィルターと組み合わせることで、DJにおいてのサウンドデザインのポテンシャルを引き上げます。

    フォノプリアンプの性能は?

    MODEL 1は、ターンテーブル、CDJ、D/Aコンバータなど、想定されるすべての入力ソースで同等のレベルの提供ができるよう設計しています。かつサブフリケンシーフィードバックを低減するための対策も施されており、フォノプリアンプに関してはその中でも細心の注意が払われたRIAAカーブを搭載しています。

    ロータリーバージョンはありますか?

    現時点ではMODEL 1のロータリーバージョンは予定されていません。

    マスターEQとは何ですか?アイソレータでしょうか?

    マスターEQはマスターバス上の+6dB~-20dBのレンジをもつ非対称カットとブーストの特性をもつ3バンドEQです。
    MODEL 1のコントロールはスムーズかつ直感的に操作できるよう設計されており、アイソレータは搭載されていません。

    アウトプットにリミッターは搭載されていますか?

    いえ、MODEL 1の出力にはリミッターは搭載されておりません。

    MODEL 1はオンラインショッピングや、全国の楽器店で購入できますか?

    MODEL 1は認定された販売店店頭でのみ販売されており、原則としてオンラインショッピングには対応しておりません。
    取り扱い販売店はMODEL 1のWEBページにて公開しておりますので、購入方法については取り扱い販売店へお問い合わせください。