Symphonic Orchestra

驚異的なクオリティーで収録されたソロや多彩なオーケストラサウンド

EASTWEST/QUANTUM LEAP Symphonic Orchestraは、その暖かみやディテールにより、数多く存在するオーケストラコレクションの中で頂点に立つソフト音源です。 PLAYエンジンに最適化され、そのサウンドに磨きがかかっただけではなく、同一システム上でこれまで以上に、多くの楽器(パート)を読込んで使用することが可能になり、効率の良い楽曲制作を行うことが出来ます。

驚異的なクォリティで収録されたこのオーケストラ音源は、バーチャルの世界に本物の命を吹き込みます。

リアルなライブコンサートホールのサウンドを得るために、各インストゥルメントとセクションを3マイクポジション(クローズ / ステージ(指揮者の位置) / ホール)でレコーディングしました。マイクポジションごとのサウンドをミックスすることで、自分のプロジェクトに必要な、自然なアンビエントを作成することができます(※1)。 本物さを演出するために、サウンドの質を落とすような装飾的なリバーブやエフェクト処理はもはや不要です。

 

※1・・・ 3マイクポジションのミックスにはPlatinum Plusが必要

Symphonic Orchestraは、楽器演奏を止めた際の残響を個別に、そして完全に音が消えるまで収録し、ソフトウェア上でノートごとにこの”リリーステイル”のダイナミックスを制御しながら、実際にリスナーがコンサートホールでオーケストラ演奏を聴くのと同じように収録されています。

Symphonic Orchestra

商品コード: N/A 商品カテゴリー:
解除
¥22,690¥125,000 (税別)

Symphonic Orchestra 特長

3ポジションのマイク コントロール

ホール、クローズ、ステージ(指揮者の位置)にマイクを立てて収録。各音量とパンの調節が可能(Platinum Plus版のみ)

マイクミキサー

それぞれのマイクポジションのサウンドをミックスし、楽曲に合った自然なアンビエントの作成が可能
ポジションごとの読み込み、ミュート、パン、音量の調整が可能

リアルなサウンドを再現する様々な機能を搭載

レガート、ポルタメント、レペティションをダイレクトにオン/オフ可能なスイッチを搭載
同ノートの重複を回避するラウンドロビンリセット
* ラウンドロビンとは、同じノートを繰り返し演奏した際に発生する特有の音色変化を再現するための技術で、EastWest製品をはじめとするサンプリング音源で採用されています。
様々な演奏方法を可能にするアーティキュレーション(演奏技法)ごとに収録

アーティキュレーション

アーティキュレーションのオン/オフが可能。複雑なパッチネームをすべて覚える必要はありません
アーティキュレーションリストを画面中央に表示。オン/オフ、ロード/アンロード、ボリューム調整など、サウンドの編集が可能
気に入った設定のFavorite(お気に入り)の登録が可能。すぐに呼び出すことが出来ます

ステレオイメージのコントロール

瞬時に左右のチャンネルを入れ替えるステレオスワップ
L chのみ、R chのみ、ステレオからモノラルへ変換が可能

エフェクトエンジン

世界的に有名なスタジオ、EastWest Studioのインパルスレスポンスデータを収録したコンボリューションリバーブを搭載

64bitサポート

64bitシステムをサポートし、多大なサンプルの読み込みと使用が可能

視認性の高い1ブラウザー設計

使いやすいカラム(列)ビューを採用。膨大なサンプルから素早く目当てのサウンドを発見
Favorite(お気に入り)の登録が可能。よく使うサウンドをすぐに見つけることが出来ます
複数のEastWest Play製品の使用が可能。Symphonic Orchestra と Strom Drum3 など、Play製品なら1つのウインドウで管理することが出来ます。使用中のサンプルに合わせ、Playのスキンが変化します

様々なプラットフォームに対応

スタンドアローン動作に対応
AU / VST / AAXプラグインとして動作が可能
Windows XP以降に対応(Windows7以降は64bitにも対応)
Mac OS 10.5以降に対応

豊かで多彩なアーティキュレーション

どんな場面でもスムーズでリアルな音色をもたらす、トゥルーレガートインターバルや表現力豊かなサスティーンなど、様々なアーティキュレーションが含まれています。

Symphonic Orchestra 収録楽器

Strings

18 Violins
11 Violins
10 Violas
10 Cellos
9 Double Basses
4 Violins
3 Cellos
Solo Violin
Solo Viola
Solo Cello
Solo Contrabass
Harp
Harpsichord
Large String Ensembles

Brass

2 Trumpets
4 Trumpets
6 French Horns
4 Trombones
3 Wagner Tubas
Solo Trumpet 1
Solo Trumpet 2
Solo Piccolo Trumpet
Solo French Horn
Solo Trombone
Solo Tuba

Silver Extras

Choir
Church Organ

* Silverにのみ収録

Woodwings

3 Flutes
3 Oboes
3 Clarinets
Solo Flute
Solo Alto Flute
Solo Piccolo Flute
Solo Oboe
Solo English Horn
Solo English Horn 2
Solo Clarinet
Solo Bass Clarinet
Solo Bassoon
Solo Contrabassoon

Percussion

Cymbals and Gongs
Drums
Metals
woods

Symphonic Orchestra デモソング

Symphonic Orchestra ラインナップと機能比較

 

Silver Complete

16bit / 1マイクポジション(ステージ)で収録し、一部アーティキュレーションも含んだエントリー版

音源

Silver限定収録あり

アーティキュレーション(各種演奏技法)

厳選された必須アーティキュレーションのみ
Silver限定アーティキュレーション有り

マイクポジション

Stageの1か所のみ
(指揮者ポジションでの収録)

サンプルビットデプス

16bitのみ

サンプルレート

44.1kHz

インストールサイズ

11GB

Gold Complete

上位版と同じアーティキュレーションを網羅し、16bit / 1マイクポジション(ステージ)で収録したスタンダード版

アーティキュレーション(各種演奏技法)

全アーティキュレーション、音源使用可能

マイクポジション

Stageの1か所のみ
(指揮者ポジションでの収録)

サンプルビットデプス

16bitのみ

サンプルレート

44.1kHz

インストールサイズ

33GB

Platinum Plus Complete

アーティキュレーション(各種演奏技法)を網羅し、楽器ごとに3つのマイクポジションで収録した24bitのプロフェッショナルバージョンと16bitのライトバージョン収録の最上位版

アーティキュレーション(各種演奏技法)

全アーティキュレーション、音源使用可能

マイクポジション

Close、Stage、Hallの3か所

サンプルビットデプス

24bitのプロフェッショナル&16bitのライトバージョン

サンプルレート

44.1kHz

インストールサイズ

194GB

サポートアプリケーション

PDF

OS対応状況

PDF
  • JANコード
    Symphonic Orchestra - Platinum Plus Complete【Mac用HDD】: 4580101325562
    Symphonic Orchestra - Platinum Plus Complete【Win用HDD】: 4580101325579
    Platinum Plus:サンプル容量
    194GB
    Platinum Plus:サンプルビットデブス
    24 + 16bit
    Platinum Plus:収録マイク位置
    ステージ (指揮者の位置) クローズ サラウンド (ホール)
    Platinum Plus:アーティキュレーション 各種演奏技法による音色
    あり
    Platinum Plus:セクションごとのライセンスとインストール
    Platinum Plus:シルバーエクストラ
    なし
    Gold:サンプル容量
    33GB
    Gold:サンプルビットデブス
    16bit
    Gold:収録マイク位置
    ステージ (指揮者の位置)
    Gold:アーティキュレーション 各種演奏技法による音色
    あり
    Gold:セクションごとのライセンスとインストール
    不可
    Gold:シルバーエクストラ
    なし
    Silver:サンプル容量
    11GB
    Silver:サンプルビットデブス
    16bit
    Silver:収録マイク位置
    ステージ (指揮者の位置)
    Silver:アーティキュレーション 各種演奏技法による音色
    一部のみ
    Silver:セクションごとのライセンスとインストール
    不可
    Silver:シルバーエクストラ
    有り
    iLokについて
    EastWest製品をご利用いただく場合、製品のオーサライズ(コピープロテクトの解除)にEastWest / Soundsonline アカウント及び iLok.com アカウントが必要になります。 製品のオーサライズ情報はiLokハードウェアキーもしくはコンピュータ内に保存することができます。 * EastWest製品にiLok USBハードウェアキーは付属いたしません。
    対応フォーマット
    スタンドアローン / VST / AU / RTAS / AAX
    サンプルストリーミング用の7200回転以上のハードディスク
    EWQLSO Platinum Complete PLUS の場合:194GB 以上の空き領域 EWQLSO Gold Completeの場合:33GB以上の空き領域 EWQLSO Silver Completeの場合:11GB以上の空き領域
    Macシステム要件
    CPU:Intel Core 2 Duo 2.1GHz以上 RAMメモリ:2GB以上(4GB以上推奨) インターネット接続環境(製品アップデートとオーソライズに必要)
    Win システム要件
    CPU:Intel Core 2 DuoもしくはAMD Dual Core 2.1GHz以上 RAMメモリ:2GB以上(4GB以上推奨) インターネット接続環境(製品アップデートとオーソライズに必要)
  • Sounsonline.comで製品を購入しようと思うのですが、ハイリゾリューションでサポートしてもらえますか?

    残念ながらアメリカ本国のメーカーサイトで購入されたものに関しては弊社では購入後のサポートはいたしかねます。弊社でのサポート対象となるのは日本国内の正規販売店もしくは弊社オンラインストアで購入された正規ユーザーの方のみです。

    PLAYではいくつのインストゥルメントをロード可能ですか?

    PLAYでは一つのインスタンス(PLAY)で複数のインストゥルメントをロードし、同時に使用するマルチティンバー機能がご利用いただけます。 

    スタンドアロンモードで使用する際、お持ちのPCスペックに快適な動作環境は左右されますが、理論上MIDIは各ポートごとに最大16チャンネルまで使用できます。 

    ロード済みの各音色は異なるMIDIポートやMIDIチャンネル、オーディオアウトプットに自由に組み合わせ可能なため、お好みのセットアップを構築していただけます。

    ダウンロード版とライセンス版、HDD版やDVD版の違いを教えてください。

    ・ダウンロード版:製品のライブラリファイルを始め、Playなどの製品を使用する上で必要なファイルは全て、EastWest Online Installerからインストール頂きます。製品オーソライズに必要なオーソライゼーションコードを案内します。製品ライセンスデポジットはお客様自身で行う必要がありますが、手続きが完了後、すぐに製品を使用することができます。

    ・ライセンス版:ダウンロード版と同様、ライブラリファイル、Playなどの製品を使用する上で必要なファイルはEastWest Online Installerからインストール頂きます。別途、製品ライセンスのデポジット完了までに、2~3営業日ほどお時間を頂きます。

    ・HDD版:製品のライブラリファイルは製品HDD内にプリインストールされているため、EastWest Online Installer、もしくはEastWestのWEBページからPlayをインストールするのみで製品を使用できます。別途、製品ライセンスのデポジット依頼を頂いた後、製品ライセンスのデポジット完了までに、2~3営業日ほどお時間を頂きます。

    ・DVD版:製品のライブラリファイルを始め、Playなどの製品を使用する上で必要なファイルを、DVD(インストールディスク)から全てインストールできます。また、EastWest Online Installerからインストールすることも可能です。製品オーソライズに必要なオーソライゼーションコードがDVDケースに記載されています。製品ライセンスデポジットはお客様自身で行う必要がありますが、手続きが完了後、すぐに製品を使用することができます。

    Playのバージョンが古くても新しく発売されているライブラリは読み込み可能なのでしょうか?

    現在、全てのEastWest製品はPlay5環境での使用を推奨しております。古いバージョンのPlayでは、音色の読み込み不具合などが生じる可能性がありますので、最新版のPlay5をご使用いただくことをお勧めします。

    EastWest製品を買うとiLokのデポジットが必要で、登録に数日かかる場合があると聞いたのですが?

    EastWestのHDD製品及び、ライセンス製品は、製品のライセンスデポジット依頼をメーカーに行う必要があるため、ライセンスデポジット完了までに2~3営業日ほどお時間を頂きます。その間は製品をご使用頂く事ができません。何卒ご了承の程宜しくお願い致します。

    オーディオ処理を最速で可能にするハードドライブは何ですか?

    メインで利用するシステムドライブではなく、オーディオ製作にのみ使用する専用のハードドライブをご用意されることを推奨しております。
    システムドライブがプロジェクトファイル等へのアクセスに多くの負荷がかかることに対して、専用ドライブはより効率的なデータ処理を実現します。

    最も一般的なハードドライブであるメカニカルHDDは未だ、5400rpmと7200rpmの2種類の速度を持つ製品群が広く知られています。
    PLAYのライブラリは7200rpm以上の処理速度を必要としており、かつ快適なデータ処理を行うために併用するドライブにも注意を払う必要があります。

    HDDに対しオーディオ処理を最速で可能にするには、ソリッドステートドライブ(SSD)の使用を推奨します。物理的な稼働箇所を持たないために安定性が高く、アクセス時間もメカニカルHDDをはるかに凌ぎます。
    結果ロード時間の短縮、ならびにオーディオ処理における大幅な安定性が見込めます。

    SSDのご利用を検討中のお客様は、接続に用いるポート等も熟慮し、最大限にご活用されることをおすすめいたします。
    Firewire400やUSB2.0といった旧型のポートはともに40MB/s前後の転送速度を持ちますが、Firewire800を利用すると約80MB/sの速度を実現します。

    またUSB3.0の使用により、約625MB/sというさらなるパフォーマンスの向上が望めます。
    最新のUSB3.1ではおよそ1.25GB/sが見込め、これは第一世代のThunderboltに比肩する数字です。

    第二世代のThunderboltにおきましては、約2.5GB/sもの転送速度を可能にしています。
    旧世代のMac ProタワーやPCタワーには、一般的にSATA2(約500MB/s)ならびにSATA3(1 GB/s)のインターフェースが用いられています。

    複数のハードドライブ・ベイをお持ちのお客様は、ライブラリを異なるドライブに分散させることで、最大限の処理速度を実現することをおすすめします。

    PLAYを64ビット環境で使用する利点とは?

    PLAYを64ビット環境で使用することは、膨大なインストゥルメントのセットアップを扱う上で必要不可欠なものです。

    32ビット環境でOSやソフトウェアを実行しているコンピューターは、約4GBのRAMにしかアクセスすることができません。
    それに対し64ビット環境は、理論上さらに多くの搭載RAMへのアクセスが可能となります。

    64ビット環境でのご使用をお考えのお客様は、OSやDAW、プラグインなど全体の使用環境を熟慮されることをおすすめいたします。
    PLAYのプラグインに関しましても、32ビットと64ビット版のそれぞれをご用意いたしております。

    EastWest製品を使用する上でiLokアカウントは必要ですか? iLokキーとは何ですか?

    EastWest製品のライセンス認証にはPACE社のiLok.comのシステムが利用されておりますが、現在は別売のiLok USBセキュリティキーまたはご使用のコンピューター本体のいずれかを選択して製品の認証を行うことが可能となっております。

    ご使用のコンピューター本体 にライセンス認証を行った場合には、一度ライセンス認証を解除すれば別のコンピューター本体に再度認証を行うことも可能ですが、iLok USBセキュリティキーにライセンス認証を行えば、単にiLokを取り外して別のコンピューターに接続するだけで使用できるため、普段使用しているコンピューターがある場所以外にもライセンス情報を持ち運ぶことが可能となり便利です。

    Symphonic OrchestraのSilver、Gold、Plutinam Plusの違いを教えてください。

    Silver…厳選された音色(アーティキュレーション)のみ収録されています。GoldやPlatinum Plusに収録されていない、Silver限定での音源やアーティキュレーションが収録されています。

    音源のマイクポジションは1か所(Stage-指揮者ポジション)のみ選択可能、ビットデプス16-bitになります。オーソライゼーションコードがあれば、お客様自身で製品ライセンスデポジットが可能ですので、手続き完了後、すぐに製品を使用することができます。

     

    Gold…全てのアーティキュレーションが使用可能です。Silver同様、音源のマイクポジションは1か所(Stage-指揮者ポジション)のみ選択可能、ビットデプス16-bitになります。オーソライゼーションコードがあれば、お客様自身で製品ライセンスデポジットが可能ですので、手続き完了後、すぐに製品を使用することができます。

    Plutinam Plus…全てのアーティキュレーションが使用可能です。音源のマイクポジションはClose、Stage、Hallの3か所選択可能、さらに16-bit、24-bitのビットデプスが選択できます。ただし、HDD版の購入が必須になるため、お客様から製品ライセンスのデポジット依頼を頂いた後、手続き完了までに2~3営業日ほどお時間を頂きます。

    製品詳細はこちら