M-TRON MKII

各国セレブも愛用した、希少生産オリジナルのデュアル・マニュアル「トロン」を讃えたM-Tron MkII バーチャルインストゥルメンツ

 

GForce M-Tron MkIIは、生産数が極めて少ない非常にレアで、多くのファンを魅了し続けるオリジナルのデュアル・マニュアル「トロン」、つまりMellotron®MkI/ MkIIとChamberlin®Musicmasterを祝福したモデルです。 M-Tron MkII は、M-Tron Proとは異なる製品としてラインナップされますが、GForce M-Tronファミリーの一員です。

もともと究極のホームエンターテインメント・コンソールとして考案されたイギリス製のMkI / MkIIは、デュアル・マニュアルテープベースの楽器で、左側の35ノートが18のリズムと伴奏(GForce M-Tron MkIIでは66)、右側(35ノート)は18のリードサウンド(M-Tron MkIIでは66)を奏でました。

M-Tron MkIIは、オリジナルのデュアル・マニュアルChamberlin®、Mellotron®MkI、MkII楽器の刺激的なサウンドを取り入れたいプロデューサーや作曲家のために特別に設計されています。特にリズムとトラックに1950年代〜60年後半の瞬間を捉えます。

単に懐かしさだけでなく、ホストDAWと同期する現代のプロダクションに完璧に適合した最新かつ名曲の風合いを演出します。

 

M-TRON MKII

商品コード: 該当なし カテゴリー:
クリア
¥56,616 (税込)

GFORCEシンセを使ってまるまる一曲作ってみた。 by 高藤大樹

M Tron MkII Tutorial 1 – Intro & Lead Mode

M-Tron MkII Tutorial 2 – Dual Rhythm & Accompaniment Mode

M-Tron MkII Tutorial 3 – Under The Hood.

MTron MkII – Track Assembly

Introducing: M-Tron MkII

TOUR

M-Tron MkII Left Manual & Tapes' Host Sync

オリジナル・モデルのMkII同様、マニュアルトグルを操作しリズムと伴奏をロードします。
さらにR / Aテープは、ホスト同期して使用することも可能、制作環境とシームレスに統合できます。

M-Tron MkII Right Manual & hybrid rhythms and motifs

オリジナル・モデルのように、右のマニュアルはリードパートをロードします。また、オリジナルとは異なる点としてRhythm&をロードするためにRight Manualを拡張。 リズムとモチーフのハイブリッドな融合を作成するための伴奏を実現します。

Define the instrument as your own

M-Tron MkIIのボンネットの下にはインストゥルメンツを操作しやすいように役立つ多数のコントロールが仕舞っています。 ここで使用できる各パラメーターは、M-Tron MkIIパッチの一部として保存できます。

M-TRON MKII 主な特徴

  •  1960年代のデュアルマニュアルチェンバリン&メロトロンMkI&MkIIのリズム、伴奏、リードサウンド
  • 未発表のものを含む132のテープバンク
  • The StreetlyArchivesから厳選された4500超のサンプル
  • 150以上のパッチ
  • Rhythm / Accompaniment & Lead モードと、デュアルRhythm / Accompaniment
  • Rhythm / Accompaniment、またはその両方のパラレル・トリガーオプション
  • リズムと伴奏(Accompaniment)のホスト同期、移調、テープハーフスピード、リワインドテープタイム、テープリバース、パン
  • 個別のキー編集コントロール(テープスタート、デチューン、テープパン、キークリック)、およびキー編集プリセットを保存&リコール
  • 一致したリズムと伴奏を演奏するためのコードファインダービジュアルエイド
  • 88鍵盤キーボード、または2つの別々の小さいキーボードを使用して各マニュアルを管理
  • リバーブ(モダンまたはスプリング)とディレイエフェクト
  • 本物のMkIIプレイ体験のためのループされていないテープバンク

 

ARTIST'S OPINION

このサウンドの素晴らしさを説明しきることができません。 M-TRON MKIIは完璧なメロトロンとして、息を呑むほどのサウンドを実現しています。

Tony Visconti
Producer – Bowie, McCartney, The Moody Blues

M-TRON MKII DEMO TRACK

 

HARRY’S BOSSA NOVA / Dave Spiers

 

MkIで作成されたトラック MkIIのボサノバリズムとさまざまな伴奏&リード、ハリーチェンバリンからのボーカル。43秒から加わるドラムのみStylusRMXを使用しています。

 

PATHE – BYE BYE BLUES / Single patch demo

 

エリック・ロビンソンとデビッド・ニクソンの伝説的なパテニュースをご覧になったことはありますか?M-TronMkIIのDixieland Rhythm、MkII Trombone Accompaniments、Layered MkII Piano& Vibraphone Leadで作成されたこのトラックに馴染みがあるでしょう。

 

MORE BEAT / Dave Spiers

 

MkIピアノとクラリネット&サックス、MkIIビブラフォンとトロンボーン、チェンバリンDo Wahトロンボーンを含む、さまざまな伴奏を備えたチェンバリン・フォックストロットリズム。

 

FLUTES IN SPACE / Single patch demo

左右両方のマニュアルにチェンバリンフルートが含まれており、同時にプレイすることも可能。左側のマニュアルは1オクターブ移調されており、ホストシンクをアクティブにしているため、ナチュラルなモジュレーションが保持。

FOXTROT DAYS / Dave Spiers

 

チェンバリン・フォックストロット3とMkIIディキシーランドリズムをさまざまな伴奏と一緒にプレイしたデモ。ドラムにはStylusRMXを使用。

 

BERLIN WITH BOWIE AND BRIAN (BOTH MANUALS) / Single patch demo

 

左側のマニュアルにHalfspeed BrassとCelloが含まれ、右側のマニュアルにLayered TromboneとMutedBrassが含んだパッチをプレイ。

 

NEW OLD THINGS / Graeme Rawson

M-Tron MkIIリードサウンドと内蔵FXを駆使したデモ。 チェンバリンのピッツ弦、ストリングス、ピアノ、ベース用にダウンチューンされたハワイアンギターをフィーチャー。 Abletonのドラムを使用。

RETUNE, HOST SYNC AND CREATE A FUSION OF HYBRID RHYTHMS AND ACCOMPANIMENTS

かつてのオリジナルMkIIの各鍵盤の下には、大きな磁気テープが存在していました。ボタンを押すと、スクロールメカニズムによってテープが移動し、6つの各セクションのうち1つを再生できるようになっています。このセクションは「ステーション」と呼ばれ、それぞれが特定のスタイル、調、テンポに準拠しています。ただしオリジナルモデルでは、異なるステーションからのリズムや伴奏をミックスして一致させることは不可能でした。

M-Tron MkIIでも、この手法が検討されましたが、さまざまなステーションのリズムと伴奏を組み合わせる方法を加え、順列と柔軟性を大幅に向上させました。 M-Tron MkIIは、ホストのテンポを維持しながらバンク全体を再調整する機能も提供します。

さらに、M-Tron MkIIは、ChamberlinとMelly MkI&IIの2つのリズムと伴奏を重ねて、ハイブリッドなリズムとモチーフを融合するデュアルリズムモードを備えています。また、オリジナルテープの特徴を損なうことがないように注意が払われています。

 

TOUR

MKI, MKII and Chamberlin Tape Archive curated by Martin Smith

GForce M-Tron MkIIのすべてのサウンドは、このプロジェクトのレコーディングを準備したMartin SmithがキュレーションしたMkI、MkII、およびChamberlin TapeArchiveから供給されています。

Rhythm/Accompaniment Host sync

リズム / 伴奏はホストシンクが可能で、DAWと簡単に統合できます

Bring harmony to the MkII

M-Tron MkIIのコードボタンは、一致するリズムと伴奏をプレイする際に活躍します

Tape Control

すべてのテープを反転、本物同様の2秒の巻き戻し時間で再生しピッチングおよびパンすることができます。 また、リードテープは半分の速度で再生できます。

It’s all A Question Of Balance

マニュアルごとにリズムのレベルと伴奏のレベルのバランスをとることができます。 ハイパスまたはローパスフィルターを各マニュアルに適用することもできます

Bend and Mod

ピッチベンド(+3または-3セミトーン)とモジュレーションをサウンドに適用。 ブレーキボタンが点灯するとMODホイールはテープの減速として機能します。チェンバリンとメロトロンのユーザーがフライホイールのすぐ上にある機器に穴を開け、フライホイールを押してテープの速度を落とすトリックをシミュレートしています

Overall Balance

左のマニュアルと右のマニュアルのレベルの完璧なバランスを取ります

MIDI CC, Key Edit, UI Size

MIDICCにアクセス。 各キーのパン、テープスタート、デチューン、ノートオンクリックを編集します。 自分に合ったUIサイズの洗濯も可能

Add a touch of Reverb

スプリング・リバーブとピンポン・ディレイが追加、モダンなサウンドを補完します。

ARTIST'S OPINION

過去30年間にわたって数え切れないほどのトロンを復元し、そしてこのソフトウェアのマスターを編集してきた私からも、その見た目とサウンドに未だひそかに驚いています。

Martin Smith
Streetly Electronics – all things MELLOTRONIC

EVOLVED, EVOCATIVE AND BEAUTIFULLY IMPERFECT

MkIIは、マーガレット王女やヨルダンのフセイン国王、L・ロン・ハバードらがホームエンターテインメントとして導入した事例もあります。のち、新しい世代ががローランドTB-303とTR-909を新鮮で想像力豊かな手法で音楽を作り変えたことと同じように、当時ビートルズ、ムーディーブルース、キングクリムゾン、ジェネシス、ローリングストーンズも同様に大いに沸きました。ストロベリーフィールズフォーエバー、クリムゾン・キングの宮殿、Watcer of the skies、Nights in White Satin、2000 Light Years From Homeなどの名曲を介して、その特徴的なサウンドの粒子を伴う独特のトーンが一般の人々の意識に浸透します。

GForce M-Tron MkIIのすべてのサウンドは、開発プロジェクトのレコーディングを指揮したMartin SmithによってキュレーションされたMKI、MKII、そしてChamberlin Tape Archiveから供給されています。これらのテープは広範囲に亘りテープの復元とテンポのリマッピングが行われ、M-Tron MkIIでは、マイクとDIで録音されたバージョンのリードテープの両方が、リズムと伴奏の組み合わせと並んで配置実装されています。これはホストテンポに同期して、自分のコンポジションに合うように置き換えることができます。

 

  • JANコード
    M-TRON MKII - Download: 4580101327603
    Mac
    スタンドアローン AudioUnit AAX VST Intel / Apple Silicon Mac macOS 10.15以上 プログラム 230 MB以上のディスク容量 + 5GB ライブラリ容量
    PC
    スタンドアローン VST VST3 AAX 2GHz CPU with 2GB以上の RAM Windows 7 以上のバージョンOS プログラム 230 MB以上のディスク容量 + 5GB ライブラリ容量