HAINBACH ARTIST EXPANSION

2022年作TRONライブラリ

HAINBACH ARTIST EXPANSION

商品コード: 該当なし カテゴリー:
クリア
¥10,404 (税込)

HAINBACHのマインドを反映したトロンサウンド + フリーM-TRONプレイヤー

アーティスト拡張パックのシリーズ・ラインナップの開発に、ドイツのエレクトリックミュージック・コンポーザー兼ビデオクリエーターであるHainbachを招待して、モダンでありながら本格的な「トロンパック」をGFORCEが開発しました。実験的なサウンドデザイン技術を有することで知られるハインバッハは、さまざまなアコースティック楽器、シンセサイザー、キーボードをサンプリングして、ユニークな電子サウンドの28のテープバンクを作成しました。 Hainbach、Dave Spiers、Tom Wolfeによって慎重に作成された150を超えるM-Tronプリセットに加えて、この拡張パックはM-Tronを新しい音の次元に導きます。

このパックには無料のM-Tronプレーヤーも付属しています。対応するアプリケーションM-Tron Selectは、世界で最も象徴的で厳選された「Tronサウンド」をチョイスしたもので、M-Tron Proを所有していない方でも、Hainbach Artist Expansion Packの150以上のパッチをすべて使用できます。 M-Tron Proユーザーの場合は、M-Tronのすべての機能とサウンドデザイン機能を最大限に活用して、テープバンクを自由に形作ることが可能です。

GFORCEシンセを使ってまるまる一曲作ってみた。 by 高藤大樹

ハインバッハが誘うTAPES & STUDIO ツアー

Kraut Kalimba

Hohnerはハーモニカで知られているドイツのブランドですが、同社はいくつものワイルドなアイデアを持っており、Guitaretはまさにその1つを具現化したものです。ギターとカリンバのクロスである非常にユニークなこの奇妙な楽器はとても美しく音色を奏でます。しかしながら敢えてここではギターシンセサイザーを使ってワイルドなベーストーンとして仕上げました

HP Waves (Test Equipment Waves)

HP Wave Analyzerファミリーはサイエンスの中心的存在であり、実際に私も4台所有しています。今回はJuno60を分解し、「シンセサイズされていない」ものに仕上げたので、ぜひ聞いてみてください

Orchestral Strings

OP-1で作成した秘蔵パッチです。私が書いたオーケストラの一部分をリハーサルしている32人のクラシック音楽家の奏でるサウンドを聞くことができます。ペン(またはマウス)からコンサートステージに亘って自分の音楽を聞けることは、私にとって魔法のような瞬間でした

Crumar Colors (Cosmic Italy)

Museodel Synth Marchegianoへ赴いた際に、イタリアのシンセに没頭し多数の機材を手に入れたものの帰宅した途端に壊れてしまいました。Crumar DS-2は実に魅力的なモデルですが、私の主観とは関係のない奇妙で新しいチューニングで演奏しています。非常に奇妙でありながら楽しめるサウンドになっています。

Giallo Strings

私の最初のキーボードはドイツ製のWersiでした。 Wersiは多くのホラーサウンド・トラックで耳にする有名なLogan String Orchestraのブランドを変更し、Wersi名義で販売していました。スコアリングが必要な70年代スタイルを踏襲し自信を持って使用できるパッチを作成しています。

CRB 2000 (Computerband)

CRB 2000 Computer Bandは、これまでに開発された中でも最高かつ最も近代的な自動伴奏楽器です。最も多様性に富んでおり、他のポルカだけを作るような楽器とは一線を画します。私は自宅のリビングルームを埋め尽くす巨大な壊れたオルガンの一部に組み込むために実機を入手しました。いくつかのトリックを施して、皆さんのために魅力的なメロディックパッチを披露します。

Endless Piano

メモ採りが終わらない場合どうしていますか?テープのデジタルテイク、Bram Bosで作成したアプリGaussを使用して、ピアノの音符を終わりも始まりもなくなるまでオーバーダビングしました。無限を感じたいときはいつでもこのパッチを使用してください。

Trance Waves

私の音楽キャリアのスタート時期に、幻想的で珍しいウェーブテーブルシンセサイザーであるEnsoniq Fizmoが生まれました。しかしながら楽器が店頭に並ぶと同時にすぐに販売も終了。その紫色の色合いは、私が再び見つけることができるまで何年もの月日を費やしたことです。とてもニューエイジで奇妙で、真の傑作といえるでしょう。

Juno60 (Classic Synth)

かつてJuno 60を巨大な野外ステージのライブで演奏しましたが、当時の私のバンドにとってより多くのオーディエンス獲得への道だったものの失敗してしまい、ショーを台無しにしたことがありました。それ以降スタジオワークでは二度と同じ轍を踏まぬよう奮起したことものですが、Juno60には、すべてをまとめる魔法が存在しているように感じます。

Mad Rhodes

私はRhodesを20年間所有していましたが、どんなシチュエーションでも、スパイスを効かせて新しいプロダクションにチャレンジするのは良いことだと感じています。このパックでは敢えて冥界に誘うような処理を施しているのでソフトなRhodesプレイは期待しないでください。

Maestro

伝説のウラジーミル・クズミンによる本当に素晴らしいシンセサイザー。このシンセには、素晴らしいBBDコーラスが搭載され、また内部でオーバードライブできるため、最初から壊れているように聞こえるでしょう。ソビエトウェーブトラックに最適です。

SH2 (Classic Mono Synth)

Roland SH2はクラシックなシンセサイザーであり、過去20年間の私の作品においても真の主力といえる楽器です。美しい奏から、脅迫的なドローンにまで多彩に歌います。

THE SOUND OF HAINBACH

ハインバッハのファンは、その実験的なサウンド・デザインとアンビエントを醸し出す彼の特徴的なブレンドを即座に認識することでしょう。独自の「Tron Expansion Pack」を作成するために、Hainbachは彼のお気に入りのアコースティック楽器、シンセサイザー、キーボードのレンジをサンプリングしました。これらは、Suiko ST-50を含む珍しいデバイスから、Teenage Engineering OP1などのモダン・クラシックまで、すべてメロトロンの35キーの全範囲にわたって記録され、本物の「トロン」体験を提供します。クロマチックストリングシンセ、アンビエントプル、インダストリアルスタイルのテクスチャーを選択することで、ユーザーは伝統的な「トロンの雰囲気」を備えた、さまざまな独特のローファイ・サウンドを見つけることができるでしょう。

THE MAKING OF AUTHENTIC ‘TRON SOUNDS

ハインバッハがこれらの楽器をサンプリングした後、Streetly Electronicsで、Skeletron(必要最低限​​のMellotron M400)を介してレコーディング「トロナイズド = トロン化」させました。この工程には、一度すべてをテープに録音してから、Skeletronプリアンプを介して出力をリサンプリングするフローが含まれています。

「トロナイズド」レコーディングはエディットのためにハインバッハに戻され、最終的には彼の「Tronビジョン」を明確・確実に満たすクオリティを実現しました。愛情のこもった努力により、クラシックなMellotron©のキャラクターが維持されることを保証し、これを真に本物の「トロンパック」に仕上げることに成功したのです。

 

ARTIST'S OPINION

 

ハインバッハは、何十年にもわたって世界中の珍しい楽器やサウンドプロセッサの巣窟を擁する、オーディオウィザード、あるいはソニックサイエンティストとしても形容できます。実際にこのパックは驚くべきほど予測不可能で、そして非常に魅力的なサウンドのコレクションとしてインストールされます。 – Alex Ball

 

ハインバッハ について

ハインバッハは、自身のYouTubeチャンネルでのアンビエントレコーディングと実験音楽のテクニックで世界的に知られる存在となりました。作曲家、作詞家、ライブミュージシャンとして活動し、70を超える演劇に取り組み、その作品の多くにGForce M-Tronをフィーチャーしています。 成熟した音楽業界の中でも類をみないほどの、マシンやツールに対する彼の情熱から、美しく神秘的でレアなサウンドを生み出す新しい「トロン」のためにGForceはハインバッハへのオファーに至りました。

 

M-Tron Select 付属

 

150を超えるハインバッハ ・パッチの単なるプレーヤーではなく、M-Tron Selectは、直感的で使いやすいパッケージに収められた最も象徴的なメロトロンサウンドの厳選されたセレクションであり、別途50パッチが含まれています。

デュアル・テープサウンド

 

各テープのパン、チューン、リバース機能を制御します。 バランスノブを使用すると、サウンドBに対するサウンドAのレベルを調整できます。さらに、パッチの全体的なレベル、アタック、リリースを制御できます。

主な特徴

  • GForceソフトウェアとハインバッハ のコラボレーション
  • M-Tron ProおよびM-Tron Selectと互換
  • 150を超えるパッチ
  • 厳選された28のテープバンク
  • 収録楽器: Kraut Kalimba, Maestro, Orchestral Strings, Crumar Colors (Cosmic Italy), Michelsonne (French Toy Piano), CRB 2000 (Computerband), Mad Rhodes, SH2 (Classic Mono Synth), Endless Piano, Giallo Strings, HP Waves (Test Equipment Waves), Trance Waves, Suiko (Poetry Trainier) and Juno60 (Classic Synth).
  • テープバンクあたり35ノート
  • ダウンロード提供 (バージョンによる)〜700MBライブラリ
  • M-Tron Selectには50個の追加パッチを収録(プレーヤーは無償提供)
  • JANコード
    Mac
    対応フォーマット: スタンドアローン Audio Units AAX VST Intel Mac Mac OS 10.7 - 10.15
    PC
    32 / 64 bitバーチャルインストゥルメンツ 対応フォーマット: スタンドアローン RTAS VST Intel Pentium IV以上のプロセッサ Windows 8以上のOS