ADpak Session Percussion

エキゾチックなパーカッションサウンド

ADpak Session Percussion

商品コード: 該当なし カテゴリー:
クリア
¥12,618 (税込)

Svenska Grammofon Studion

 

パーカッシブなサウンド、その特徴を的確に捉えるために、天井高さ10メートルのSvenska Grammofon Studion(スウェーデン)の巨大なライブルームにて、往年のビンテージマイクのセレクションを利用し、情熱あふれるパーカッションサウンドを収録しました。最高なコンディションのNeumann U47、U67、M49マイクロフォンから、1081、1064、1073プリアンプを備えたNeve 8048コンソールを介したマニア垂涎のサウンドに仕立てました。

MIDIコントローラーで表現できる最高のパーカッションサウンドを体感してください。
コンガとティンバレスがまったく新しいグルーブを演奏し、通常のパーカッションサンプルライブラリからは決して得られないような活気に満ちたオーガニックなテクスチャを携えています。

 

ADpak Session Percussion

・丹念に収録された美しいパーカッションサウンド
・単独でのプレイにも、ドラムキットに組み込んだユニークな演奏にも対応
・厳選されたビンテージアナログ機器でレコーディングし、独自の暖かさとサウンドキャラクターを確立

厳選されたパーカッションキット

 

ADpak Session Percussionには、コンガ、ティンバレス、LPウッドブロック、プラスチックブロック、タンバリン、必須のラテンセットに加えて、ブラジルのカイシャとパンデイロ、大型オーケストラバスドラムを収録しています。パーカッションを自ら演奏して楽曲にフレーバーを加えたり、他のADpakとミックスしてリズムに独自性を加えられるほか、馴染みやすいサウンドに仕上がっていることからミックスにもうまく収まります。

ADpak Session Percussionは単なるパーカッションセットではありません。XLN Audioは、コンガとティンバレスをタムとして、パンデイロをハイハットとして設置し、ユニークながら完璧に機能するドラムキットでもあります。大型バスドラムのキック、特徴付けるカイシャスネアを配備しており、パンデイロのさまざまなスラップスタイルを網羅。これらはキック、スネア、ハイハットの各チャンネルとして簡単に分割して操作が可能です。これにより、フィードしたいドラムパターンを旧来とはまったく異なる方法でプレイすることができます。

Kit details

Kolberg Concert 32x20"

Brazilian Pandeiro (Kick)

Brazilian Caixa 12x6"

Brazilian Pandeiro (Snare)

Sabian AAX Stage 14"

Brazilian Pandeiro (Hihat)

Latin Percussion Plastic & Wood

Latin Percussion Tamb

Brazilian Pandeiro (Extra)

Conga, Skin on Skin 11"

Conga, Skin on Skin 13"

Latin Percussion Timbale, Tito Puente 14"

Latin Percussion Timbale, Tito Puente 15"

Meinl K Custom Hybrid 18"

MW & Zildjian 16"

Meinl Byzance 8"

Zildjian K (SGS) 22"

Addictive Drums 2 エンジンについて

このADpakは、XLN Audio社の高度な技術により、コンピュータにはほとんど負担をかけずに、息を呑むほどリアルなドラムを瞬時にロードし、再生することができます。また、わかりやすい画面とスタジオクオリティのサウンドで無限の可能性を提供します。

Addictive Drumsのその素晴らしいサウンドは世界中のトップミュージシャンやエンジニアによって証明されています。無数のヒット曲に使用され、様々な機会で耳にしているはずです。数百万ドルのスタジオに完璧なドラムキットを用意し、エンジニアやドラマーに仕事を依頼するより、はるかに素晴らしい結果ももたらすでしょう。

既存のAddictive Drums 2ユーザーにとっては、特徴的な最高のドラムサウンドを必要に応じて追加することが出来ます。

 

Addictive Drums 2 について

Session Percussion デモソング

 

今さら聞けない! この曲どうするの? – ドラムでリズムを入力する –