Symphonic Instrument

オーケストラ音源

最新のテクノロジーによるオーケストラのアンサンブルを作成する為のソフトウエア音源です。
繊細かつ丁寧にレコーディングされた8GB ものサウンドライブラリが付属します。
シンプルウインドウで直観的な操作が可能です。さらに、実際のコンサートホール等の残響を忠実に再現することが可能なサンプリングリバーブをも搭載。
WIN、Macの両OSに対応しVST、AU、RTAS、MASのプラグインフォーマットに対応。もちろん単体起動も可能!独奏楽器は勿論、小編成アンサンブルからフルオーケストラまで、壮大で荘厳なオーケストラ音源です。

Symphonic Instrument

在庫切れ。納期のお問合わせはこちら
¥45,000 (税別)

Symphonic Instrument 特長

8GB 容量の即戦力フルオーケストラ音源

ソロからアンサンブルまでのストリングス、金管、木管、打楽器、クワイヤー、パイプオルガン、ピアノ、ハープシコードなどを収録

最大64 パートマルチ

最大64MIDI チャンネル入力対応(単体動作およびMAS/RTAS モード時)

17 ステレオマルチ出力

Vibrato、Tremoro等の設定を可能

高品位サンプリングリバーブ搭載

フルシンセサイズパラメーター

2バンドEQ

Mac/Win のハイブリッド仕様

単体動作

VST/AU/RTAS/MAS プラグイン動作

Mach Five 2、BPM、UVI Workstation の拡張音源として使用可能

快適ブラウジング
目的の楽器に瞬時にアクセス可能

エキスパート設定
キーレンジ、キースイッチ、ベロシティの設定が行えます。

MOTU Symphonic Instrument(=MSI/ モツシンフォニックインストゥルメント)は、必要な楽器をすべて備えながらもシンプルに使用できるオーケストラに特化したソフトウェア音源です。ソロや小編成の楽器からフルオーケストラまで、MSIに収録されています。8GB容量はワールドクラスのオーケストラとプレーヤーを招いて高いオーディオ特性と詳細さを兼ね備えながら、適度な容量消費におさえたバランスの良いハイクォリティ音源です。

複数のパートでの作業が強いられる、スコア制作の作業効率を高めるために、シンプルかつ識認性の高い操作画面は、必要なサウンドにアクセスして、設定操作が直観的におこなえるように設計されています。軽快かつリアルなサウンドの同居は、他では得難いパフォーマンスを引出します。
さらにMSIには、音色面において単体エフェクトと遜色の無い高品位のコンボリューションリバーブを搭載し、リアルなルームアンビエンス、迫力のあるコンサートホールまで様々な残響効果を加えることができます。 MSI は、単体のみだけでなく、Digital Performer(MAS)以外にも、Ableton Live(AU/VST)、Cubase(VST)、Logic(AU)、ProTools(RTAS)、Sonar(VST)など主要アプリケーションのプラグイン音源として動作します。

MSIは、本体でのキーレンジやスイッチ設定が可能な他、MOTU Mach Five 2、BPMや同じUVIエンジンを搭載したUVI Workstation(無償ダウンロード配布)の拡張音源としても使用できます。 BPMのラックに追加して、ゴージャスなストリングを加えたり、UVI Workstationで、ソロ楽器をIRCAM Solo Instrumentsのオケとして使用したり、演奏することができます。 Mach Five 2ではさらに、より詳細な編集をおこなうことが可能で、新しいサウンドの合成やご自身の演奏にマッチしたプリセットを詳細なまでに設定できます。

OS対応状況

PDF
  • JANコード
    4580101322820
    Mac
    G5以上(IntelMac推奨) 8GB以上のHD空き容量 RAM:1GB以上(2GB以上を推奨) USBポート DVDドライブ
    Win
    Pentium4以上(Core2Duo以上推奨)または互換プロセッサー 8GB以上のHD空き容量 RAM:1GB以上(2GB以上を推奨) USBポート DVDドライブ
    スタンドアローン動作可能
    プラグインとしてご利用の場合は、VST、AU、RTAS、MASに対応したホスト アプリケーション
  • Symphonic Instrument(MSI)のサウンドバンク(dat形式のファイル)は、MachFive 3で使用できますか?

    MachFive 3が32bitモードで動作している場合に限り、使用することができます。この際、MSIがオーソライズされたiLokが必要です。

    Windows 64bit環境では、32bit版のMachFive 3をインストールする必要があります。 
    Mac OS X環境では、MachFive 3の情報画面で、「32bitモードで開く」にチェックをいれます。

    MOTU製品のmacOS Sierra対応について

    Apple のリリースした macOS Sierra(version 10.12)に関して、MOTU は現在の MOTU製品が macOS Sierra に対応するように、またMOTU製品ユーザーが macOS Sierra にアップグレードした場合にスムースな移行ができるようにと、Apple社と作業を進めてきました。

    現在 motu.com/download(最新バージョン)ページからダウンロードできるMOTU全ソフトウエア製品と殆どのハードウエアドライバー は既に Sierra で動作しているように見受けられます。しかしながらMotu社での最終的なテストは現在も続いています。
    MOTUソフトウェア・アップデートは間もなく100%対応する予定です。さらなる情報は随時更新されていきますので弊社web もしくは motu.com を今後もチェックしてみてください。

    Sierra で MOTU製品をお使いになる場合は以下のドライバーが必要となります。 

    AVB オーディオインターフェース

    以下のリストにある AVB MOTUオーディオインターフェース用に MOTU は macOS Sierra で USBを通じたオペレーションをするのに必要なパブリックベータ・ドライバーをリリースしています。 
    以下の MOTU製品を Sierra で使用するには必ずこの新しいドライバーが必要になります。 

    ・1248
    ・8M
    ・16A
    ・24Ai
    ・24Ao
    ・Monitor 8
    ・112D
    ・Stage-B16
    ・UltraLite AVB 

    macOS Sierra USB用 MOTU AVBインターフェース用パブリック・ベータ

    Download for Mac
    v2.0 (71253) | September 20, 2016

    Sierra (USB接続)でMOTU AVB インターフェースを使う前に必ずダウンロード&インストールしてください。
    パブリック・ベータに関してフィードバックをお寄せください。ご意見、ご感想ありましたら弊社マイページからお知らせください。
    USB MOTU オーディオあるいは MIDIインターフェースをお使いの場合は以下のリンクから最新のドライバーをダウンロードしてください。 Sierra で MOTUインターフェースを使う前に必ずダウンロード&インストールしてください。 

    オーディオインターフェース

    Audio USB driver download

    ・828x
    ・Track 16
    ・MicroBook II
    ・MicroBook IIc
    ・8pre USB
    ・4pre
    ・Audio Express
    ・UltraLite-mk3 Hybrid
    ・896mk3 Hybrid
    ・828mk3 Hybrid
    ・Legacy MOTU USB audio interfaces 

    MIDIインターフェース

    MIDI USB driver download 

    ・MIDI Express XT
    ・MIDI Express 128
    ・micro express
    ・micro lite
    ・FastLane
    ・Legacy MOTU USB MIDI interfaces 

    サードパーティ・プラグインに関して

    幾つかのサードパーティのプラグインに関してSierraで対応していない、という報告があります。
    もし Digital Performer あるいは AudioDesk を Sierraで使用した場合にこの問題が発生する場合は全てのサードパーティプライグインの使用を控えてください(セーフモード)。