Track16

16x14 デスクトップ入出力、マイクインx2、ギターインx22x4アナログステレオミニラインインx1、ADAT Optical x1CueMix FXMIDI In&Out、ブレークアウトケーブル(別売)、FireWire400/USB接続

一目惚れするほど洗練されたデスクトップスタジオのためのオーディオインターフェイス

MOTU最新のTrack16は見た目もサウンドも良い完成されたオーディオデバイス

Track16

商品コード: 4580101337701 商品カテゴリー:
解除
¥90,000 (税別)

シンプル、エレガントそしてプロフェッショナル

ワールドクラスレコーディングが簡単操作で実現します。

シンプルな操作、明快かつ洗練されたデザイン、そしてスタジオグレードの音質。Track16はすべてにおいて最高級に仕上がっています。サイズがコンパクトだからといって侮ってはいけません。プロフェッショナルスタジオでの作業に必要な入出力がすべて備わっており、複数のプレイヤーの演奏も同時録音できます。クリアかつワイドレンジのマイクプリアンプ、バランスライン入出力などTrack16には、MOTU定評のワールドクラスのサウンドクォリティが約束されています。

驚くほど豊富な入出力

2つのマイク、2本のギター、キーボード、音源モジュール、さらには8チャンネルのデジタル信号を同時入力可能

このコンパクトボディで、16チャンネルの入力と14チャンネルの出力の同時入出力とミキシングは本当にできるのでしょうか?答えは簡単です。はいできます。それだけではなく、Track16はMOTUの培われてきた技術と設計により、もっと高価なオーディオインターフェイスと同等以上のクォリティをこのコンパクトボディで実現しました。

ラグジュアリーなレベルメーター

常に確かな入出力レベルを表示

Track16は、コンパクトタイプのインターフェイスでありながら、詳細なレベル監視が可能なメーターを装備します。7セグメントのレベルメーターは、メイン出力専用のメーター以外に、ソース切替え可能なメーターを3つ装備し、合計4つのステレオレベルを同時に確認できます。メーター表示の切替えはボタン操作1つで即座に行うことが可能で、正確な入力または出力レベルの設定に大変便利です。

ワンタッチ操作

創作意欲を邪魔しません

本体トップパネルのボタンを押してノブを回すだけで、任意の入力あるいは出力を操作できます。とてもシンプルで直感的です。小さな画面と格闘することなく、考え込む必要もありません。すべてが創作作業の流れに従った設計です。

バックライトボタン

スタジオとステージのための設計

スタジオやステージにおいて、機器の操作にとって十分な明るさがとれない場面にしばし遭遇することがあります。Track16はマルチカラーLEDのバックライトをボタン類に設けることで、この問題を解決します。通常ボタン類はオレンジ色に点灯し、選択されたチャンネルは緑色に点灯します。この点灯色の組み合わせは、緑と赤などいくつか用意され、お好みに合わせて切り替えることも可能です。

スタジオグレードのサウンド

最高級のサウンドが至福の時間へと誘います。

Track16は、長年培われて来たMOTU定評のオーディオインターフェイス技術の粋を集めて誕生しました。世界各国でスタンダードとして信頼あるサウンドクォリティと安定した動作がTrack 16でも約束されています。数十年来の経験と技術によって、いつでも確かなレコーディング、ミックスがおこなえます。

 

ユニバーサル対応

業界随一のハイブリッドテクノロジーが、コンピューターの種類を問いません

MOTUは世界で最初にWindowsとMacの両方に対応したFireWireオーディオインターフェイスをリリースしたブランドであり、FireWireとUSB 2.0の両方を装備したオーディオインターフェイスを供給した会社でもあります。Track16はこのハイブリッドテクノロジーによって、プラットフォームはMac OS XとWindows、接続はFireWireまたはUSB 2.0に対応し、どの環境でもプロクォリティのレコーディング環境を実現します。

FireWireバスパワー

電源アダプターは不必要です

FireWire接続の場合、電源アダプターを接続する必要はありません。コンピューターのFireWire端子からTrack16を正常駆動させるのに十分な電源が供給されます。

High-speed USB 2.0

広い帯域と低レーテンシーを実現します

USB 2.0環境でも、Track16の全入出力を使用した同時録再がおこなえます。192kHz設定であっても十分な転送帯域幅が確保されています。

Mac OS X と Windowsに対応

お気に入りのオーディオソフトウェアに使えます

Track16は、安定動作が実証されているオーディオドライバーによって、Mac OS XおよびWindowsに対応します。これによってこれらの環境上で動作するすべてのWDM、ASIO、CoreAudioに対応したオーディオソフトウェアでご使用いただけます。

ソリッドメタルシャーシ

MOTUオーディオインターフェイスは常に長年にわたってご愛用頂ける設計です

Track16は、筐体にアルミ合金を使用することで、頑丈さと軽量さの両立に成功しました。 さらにスタジオからツアーまで、頻繁な移動に耐えられるように設計されています。 プラスティック素材を使用した筐体とは質感も耐久性も一線を画します。

豊富な接続端子

Track16はスタジオで複数のプレーヤーによるマルチトラックレコーディングに必要なオーディオ接続端子を専用ブレークアウトケーブルによってすべてを装備します

2つのマイク専用入力と完全独立したプリアンプ

2本のマイクで個別またはステレオ録音に対応します

Track16のマイク入力は、自然で透明感のあるプリアンプによってクリアでワイドレンジのサウンドを実現します。2つのマイク入力は独立した+48Vファンタム電源と-20dBのパッドコントロールを装備します。
価格帯に関わらず入力設定が独立設定可能なのはサウンドの品質と接続機器を大切にするMOTUのこだわりです。またこれらの操作はMIC 1および2のボタン操作1つでおこなえます。 また、必要に応じて2つのマイク入力をステレオペアで扱うこともできます。

2つのギター専用入力

自然なギター(楽器)のサウンド入力を実現す専用端子

Track16に装備されたHi-Z端子は、エレキギターやベースなどのハイインピーダンスの楽器専用入力で、市販のDI(ダイレクト)ボックスを用いる必要なく、確かなサウンド入力を実現します。 2つの入力は他のインターフェイスの兼用入力とは異なり、パッシブタイプでもアクティブタイプのピックアップに最適化され、市販のギター用ソフトウェアやプラグインを通した時に明確な違いを感じることができます。 MOTUはより自然なギターアンプサウンドを得るためのアダプター“Z-Box”を用意しています。

メインとライン出力

4つのアナログバランス出力

Track16は、2ペアのパワードタイプのスタジオモニタースピーカーを接続できます。 1/4″のメイン出力(TRSフォーン)とライン出力(TSフォーン)は独立した設定がおこなえます。 ライン出力は2ペア目のモニタースピーカー以外に、完全独立したミックス出力としても使用可能で、レコーディング時のプレーヤーへのモニターやステージでのモニター、クリック出力などにも使用できます。さらには同期信号も扱えます。

2ペアのライン入力

シンセサイザーなどの鍵盤楽器やiPadの接続に対応

Track16のアナログライン入力は、柔軟に設計され、様々なレコーディングシチュエーションに対応します。2つの1/4″バランスライン入力(標準TRSフォーン端子)は-10dBまたは+4dBの一般的な出力レベルのキーボードやミキサー、スタジオエフェクターなどの機器や楽器を接続できます。 本体に装備されているミニステレオ入力(3.5mm端子)は、iPadやiPodなどの民生用デバイスからの音声入力に適しています。

MIDI入出力

MIDIインターフェイス機能も装備

Track16はMIDI入出力も装備し、定評のMOTU MIDIインターフェイスと同様、DigitalPerformerなどの対応ソフトウェアで使用した際にサンプル精度のタイミングでMIDI信号を扱えます。 MIDI端子はMIDIコントローラーやキーボード、音源モジュールなどを接続できます。
Track16を使用すれば、オーディオとMIDIをFireWireまたはUSBケーブル1つでコンピューターで同時に扱うことができます。

柔軟な電源部

Track16はバス電源に対応し、単体でも使用できます

Track16はラップトップPCによるモバイルスタジオ環境で最大限の能力が発揮できるようにFireWireバス電源またはUSB2.0(ACアダプター必要)で駆動できるように設計されています。 電源端子は本単ではなく、専用ブレークアウトケーブルに装備されています。
この設計は、接続端子の耐久性や外部ノイズの干渉を最大限に押えたMOTUのこだわりと配慮です。 ブレークアウトケーブルや別売のブレークアウトボックスは、音質を最優先にしたカスタム設計で、耐久性のみならず音質面でもこれまでのデスクトップインターフェイスとは一線を画します。

2つのヘッドフォン端子

大小2種類のヘッドフォン端子を装備

Track16はモバイルオーディオインターフェイスとして、様々なシチェーションを想定した設計になっています。例えば外出先で、“ヘッドフォンの変換アダプターが見つからない”“あるいはiPhoneのイヤホンしか手元に無い”という時でも心配は無用です。Track16には、標準のステレオ端子以外にミニステレオ(3.5mm)端子も装備します。 また、2つのヘッドフォン端子は同時に使用できます。この2つのヘッドフォン端子は、メイン出力と同じオーディオ信号を出力し、独立した音量調節がおこなえます。また、設定によってTrack16の他の出力と同じ信号をモニターすることも可能です。

デジタルコントロールのアナログトリム

アナログ領域での最適な音量調節をデジタル精度で設定

Track16のプリアンプは、53dBのゲインレンジとクリーンなサウンドを実現し、デジタル制御のアナログトリムによって1dB精度での入力ゲイン設定がおこなえます。これによって、デジタル変換前の入力信号のレベル調節を完璧に設定できます。
この設定は、ミキサーの前段に適用しますので、最適なサウンドでのデジタル変換を実現し、確かなミキシングやレコーディングがおこなえます。 しっかりしたレベル設定は、レコーディングにおいて非常に重要な作業で、録音されたサウンドはミックス時に明確な違いがでます。 この設計思想は、デジタル入力にも反映され、Track16のデジタル入力も同様にレベル調節できます。

バランス仕様のラインレベル端子

オーディオ信号から外部ノイズの影響を防止

他のオーディオインターフェイスブランドでは、(価格に関わらず)バランス出力を軽視する傾向にあります。Track16ではバランス入出力を装備し、電磁波やAC電源のハムノイズなど様々な環境ノイズの発生源に強い信号転送を実現します。

デジタル入出力

3つの標準フォーマットに対応した光デジタル入出力を装備

スタジオ環境ではデジタル信号の転送は日常一般的におこなわれています。
Track16は光デジタル入出力(TOSLINK端子)を装備し、S/PDIF(ステレオ)、adat(8チャンネル)、SMUX(4チャンネル)の3つの業界標準の規格に対応します。 また、サンプリングレートも最大96kHzまでのデジタル信号を扱うことができます。

  • 16イン x 14アウト、Mac/Windows環境に対応したオーディオインターフェイス
  • 全チャンネル同時使用、独立操作可能
  • FireWireとUSB 2.0の両方の接続に対応したハイブリッド仕様
  • Mac、PC、Firewire(バス電源対応)、USB2とすべてのスタンダードプラットフォームと接続方法に対応
  • ワンタッチ操作
    目的の入力または出力チャンネルのボタンを押して、ノブを操作するだけ
  • コンパクト、デスクトップデザイン
    コンピューターキーボードやラップトップの横に設置できるコンパクト設計
  • 16バスデジタルミキサー
    16すべての入力をすべての出力ペアに直接ルーティング、ミキシング出力可能
  • 8つの独立したステレオミックス
    すべての出力ペア(メイン、ライン、ヘッドフォン、光デジタル及びリターンバス)は、16すべての入力を個別のミックスバランスで設定し、コンピューターからの出力とミックス出力可能
  • 2つのマイク入力
    2つのマイク入力は、48Vファンタム電源、-20dBパッドなどの設定を個別におこなえるマイクプリアンプを装備。完全独立のマイクプリアンプはPrecision Digital Trimによる正確な音量設定とワイドゲインレンジを確保
  • 2つのギター入力
    2つのHi-Z ギター(ハイインピーダンス楽器)入力は、Precision Digital Trimによる正確な音量設定と確かなプラグインドライブを実現
  • ステレオライン入力
    1/4″ TRSバランス端子は、キーボード、シンセ、ドラムマシーンおよびその他のアナログソースの接続に対応
  • ステレオメイン出力
    1/4″ TRSバランス端子は、パワードモニタースピーカー(またはアナログライン)との接続に対応
  • ステレオライン出力
    サブモニターやステージモニター、あるいはその他のラインレベル機器との接続に対応
  • 2つのヘッドフォン出力
    大小2種類の標準規格のヘッドフォン出力を装備。1/4″と3.5mmの2つの端子の同じオーディオソースを出力し、同時使用に対応
  • HDオーディオ対応
    最大で192kHzのサンプリングレートに対応
  • Precision Digital Trim
    アナログトリムをデジタル制御により、デジタル変換前の信号を1dB精度で設定し、確かなデジタル変換と設定のトータルリコールを実現
  • CueMix FX コントロールソフトウェア
    レーテンシーの無いミキシングとモニター、全入出力のEQ/コンプ処理、さらにはFFTディスプレイ、スペクトラムアナライザー、オシロスコープ、位相メーターなど先進的でプロフェッショナルのオーディオ解析ツール付属
  • 単体操作
    Track16は、コンピューター無しで使用することが可能
  • 拡張性
    面倒な設定やオーディオドライバーのインストールなく、MOTUオーディオインターフェイスで入出力を拡張可能
  • タイムコードサポート
    専用シンクロナイザーを用意すること無く、タイムコードのリゾルブまたはジェネレート可能
  • Direct Digital Synthesis (DDS)
    DSPベースで生成されたクロックによって超低ジッターで安定しあサウンドを実現。さらにDDSはタイムコードのリゾルブとジェネレートにも使用され、サンプル精度の同期を実現
  • DCカップルのTRS出力
    MOTUのプラグインソフトウェア Volta(別売)との組み合わせで、モジュラーシンセサイザーボルテージコントロールすることが可能
  • MacまたはWindows環境でFireWireあるいはUSB2接続
    最新のMacまたはWindowsシステム動作するモデルに対応
  • Mac OS X および Windows 7/Vista 環境での64bitネイティブサポート
    ASIO。WDM、Wave、Core Audio,およびCore MIDIドライバーを32bit、64bitの両環境でネイティブ対応。これによってほぼすべてのMacとWindows環境で動作するオーディオソフトウェアに対応
  • サードパーティソフトウェアに100%対応
    一般的なCPUベースのエフェクト処理をおこなうオーディオソフトウェアに完全対応
  • DAWソフトウェア付属
    DigitalPerformer(DP)のオーディオ機能を継承したマルチトラックオーディオソフトウェア AudioDesk が付属。Mac環境での32bitリアルタイムエフェクト処理とサンプル精度の同期、録音、編集、ミキシングが可能。DPやProToolsとのセッションファイルの受渡しに対応。また、DPへのお得なアップグレードパスも用意
  • FireWireバス電源駆動
    FireWire接続時には、コンピューターのFireWire端子(6ピンまたは9ピン)からの電源供給で駆動。USB2または単体使用時は付属のDCアダプターで駆動
  • コンパクトサイズ
    W x D x H = 5″(127mm)x 8.375″(213mm)x 1.125″(28.6mm)+ ノブ(約0.5″/12.7mm)のコンパクトサイズ
  • ブレークアウトケーブル付属
    DB25、約44″(111.76cm)長のオーディオクォリティに配慮した設計の専用ケーブル付属
  • Track16 breakout box(別売)
    Track16のブレークアウトケーブルのすべての端子をコンパクトサイズのボディに収めた専用ボックス。Track16とBreakoutの間のケーブルはブレークアウトケーブルと同様、音質に配慮したカスタム設計(Breakoutに付属)

OS対応状況

PDF

機能比較表

PDF
  • JANコード
    Track16 - デモ使用品: 4580101337701
    Track16 - 通常品: 4580101337701
    Macintosh
    PowerPC G4 CPU 1 GHz以上(PowerPC G5およびすべてのIntelプロセッサーに対応) 1 GB以上の RAMメモリ、2 GB以上推奨 FireWireまたはUSB 2.0ポート(USB 3.0ポート対応) 250GB以上のHDドライブ
    Windows
    Pentium 1 GHz以上 1 GB以上の RAMメモリ、2 GB以上推奨 FireWireまたはUSB 2.0ポート 250GB以上のHDドライブ
    コンバーター
    24bit
    サンプルレート
    44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 kHz
    アナログ入力
    2 x XLR マイク入力 2 x 1/4" TRS ライン入力(バランス/アンバランス) 1 x 1/8" ステレオミニライン入力(アンバランス) 2 x 1/4" Hi-Z ギター(楽器)入力
    アナログ出力
    2 x 1/4" TRSメイン出力(バランス) 2 x 1/4" TSライン出力(アンバランス) 1 x ヘッドフォン(標準ステレオ及びステレオミニ)
    デジタル入出力
    TOSLINK(光角型)端子 8チャンネル転送 = adatモード(1xサンプルレート、最大48kHz) 4チャンネル転送 = SMUXモード(2xサンプルレート、最大96kHz) 2チャンネル転送 = S/PDIFモード(最大96kHz)
    コンピュータ接続端子
    1 x FireWire 400(Type B/9ピン端子、バス電源対応) 1 x USB 2.0
    同期入出力
    SMPTEタイムコード(LTC)
    ヘッドフォン出力
    1 x 1/4" 標準ステレオ(TRS)端子 1 x 1/8" (3.5mm)ステレオミニ端子
    ファンタム電源
    +48V、マイクチャンネルごとに設定可能
    トップパネル
    2 x 7セグメントLED・メイン出力専用 2 x 7セグメントLED・マイク入力またはライン入力3-4 切替表示 2 x 7セグメントLED・ギター入力またはヘッドフォン出力 切替表示 2 x 7セグメントLED・ライン入力1-2またはライン出力 切替表示 2 x LED・48Vファタム電源表示 2 x LED・-20 dB pad表示 5 x マルチカラーバックライトスイッチ・入力選択 3 x マルチカラーバックライトスイッチ・出力選択 1 x マルチカラーバックライトスイッチ・メーター切替 1 x バックライトスイッチ・電源
    消費電源
    9-18V DC, 5W, tip + またはFireWireバス電源 DC電源アダプター付属(USB 2.0、単体使用またはFireWireバス電源が使用できない環境時に使用)
    ユーティリティソフトウェア (フリーダウンロード)
    CueMix FX MOTU SMPTE Console AudioDesk
    互換ソフトウエア(Mac OS X)
    Track16はMac OS X標準のCore Audioドライバーが付属。主な対応ソフトウェアは次の通りです MOTU Digital Performer(DP) MOTU AudioDesk 3(付属) MOTU MacFive 3、BPM、Ethno 2などのソフトウェア音源 Avid Pro Tools(バージョン9以降) Apple Logic Pro Apple Logic Express Apple Garage Band Apple SoundTrack Pro Ableton Live Propellerhead Record & Reason Steinberg Cubase Cockos Reaper Native Instruments Kontakt Wavesスタンドアローン動作時 など、Core Audioに対応したオーディオソフトウェア
    互換性ソフトウェア(Windows)
    Track16はWindows 7またはVista上で動作するASIO規格または標準のWAVE(WDM)ドライバーに対応するすべてのソフトウェアで使用できます。主な対応ソフトウェアは次の通りです Avid Pro Tools(バージョン9以降) Ableton Live Cakewalk Sonar Steinberg Cubase Propellerhead Record & Reason Image Line FL Studio Sony Vegas Pro Sony Sound Forge Sony Acid Cockos Reaper Native Instruments Kontakt Wavesスタンドアローン動作時 など、ASIOまたはWindows標準のオーディオに対応したオーディオソフトウェア
  • Mac OS 10.6やMac OS 10.7、またはThunderboltを搭載していないMacintoshで使用することはできないのでしょうか。

    正式にサポートしているのはMac OS X 10.8及び10.9ですが、Mac OS 10.6やMac OS 10.7にUSB接続して、クラスコンプライアントモードで動作する最大24入出力のオーディオインターフェイスとして認識しますので*注2、DAWのオーディオI/Oとしてお使い頂くことができます。そして、更にEthnernetで接続することにより、AVBインターフェイスの操作も行うことが可能です。 

    *注2:他製品のUSBドライバとの兼ね合いやOSの状況により、正常に動作しない場合がありますことをご了承ください。

    内蔵のDSPエフェクトが使えるのはモニターに対してでしょうか、それとも入力に対してでしょうか。

    両方にお使い頂けます。これにより例えばライブでモニター回線にEQとダイナミクス、リバーブを使いつつ、DAWへエフェクトを掛けないドライな音を送るといったこともできます。

    MOTUインターフェースのドライバー・インストール用に製品にCD/DVDが同梱されていますか?

    対象製品: 全製品 

    現在、MOTU製品にはCDやDVDは同梱されていません。アップデートは頻繁に行なれる可能性があり、お客様の手元に届く時にはバージョンが古くなっている場合があります。また現在市販されている多くのコンピューターはCD/DVDドライブを搭載していません。 

    全てのMOTU製品のドライバーはmotu.comページから常に最新のソフトウェアがダウンロード&インストール可能です。ユーザーの方は常に最新のソフトウェアを手に入れることが確約されています。

    もしダウンロードが失敗した場合、違うWebブラウザーを試したり、違うインターネット環境でもう一度トライしてみてください。

    MOTU製品のmacOS Sierra対応について

    Apple のリリースした macOS Sierra(version 10.12)に関して、MOTU は現在の MOTU製品が macOS Sierra に対応するように、またMOTU製品ユーザーが macOS Sierra にアップグレードした場合にスムースな移行ができるようにと、Apple社と作業を進めてきました。

    現在 motu.com/download(最新バージョン)ページからダウンロードできるMOTU全ソフトウエア製品と殆どのハードウエアドライバー は既に Sierra で動作しているように見受けられます。しかしながらMotu社での最終的なテストは現在も続いています。
    MOTUソフトウェア・アップデートは間もなく100%対応する予定です。さらなる情報は随時更新されていきますので弊社web もしくは motu.com を今後もチェックしてみてください。

    Sierra で MOTU製品をお使いになる場合は以下のドライバーが必要となります。 

    AVB オーディオインターフェース

    以下のリストにある AVB MOTUオーディオインターフェース用に MOTU は macOS Sierra で USBを通じたオペレーションをするのに必要なパブリックベータ・ドライバーをリリースしています。 
    以下の MOTU製品を Sierra で使用するには必ずこの新しいドライバーが必要になります。 

    ・1248
    ・8M
    ・16A
    ・24Ai
    ・24Ao
    ・Monitor 8
    ・112D
    ・Stage-B16
    ・UltraLite AVB 

    macOS Sierra USB用 MOTU AVBインターフェース用パブリック・ベータ

    Download for Mac
    v2.0 (71253) | September 20, 2016

    Sierra (USB接続)でMOTU AVB インターフェースを使う前に必ずダウンロード&インストールしてください。
    パブリック・ベータに関してフィードバックをお寄せください。ご意見、ご感想ありましたら弊社マイページからお知らせください。
    USB MOTU オーディオあるいは MIDIインターフェースをお使いの場合は以下のリンクから最新のドライバーをダウンロードしてください。 Sierra で MOTUインターフェースを使う前に必ずダウンロード&インストールしてください。 

    オーディオインターフェース

    Audio USB driver download

    ・828x
    ・Track 16
    ・MicroBook II
    ・MicroBook IIc
    ・8pre USB
    ・4pre
    ・Audio Express
    ・UltraLite-mk3 Hybrid
    ・896mk3 Hybrid
    ・828mk3 Hybrid
    ・Legacy MOTU USB audio interfaces 

    MIDIインターフェース

    MIDI USB driver download 

    ・MIDI Express XT
    ・MIDI Express 128
    ・micro express
    ・micro lite
    ・FastLane
    ・Legacy MOTU USB MIDI interfaces 

    サードパーティ・プラグインに関して

    幾つかのサードパーティのプラグインに関してSierraで対応していない、という報告があります。
    もし Digital Performer あるいは AudioDesk を Sierraで使用した場合にこの問題が発生する場合は全てのサードパーティプライグインの使用を控えてください(セーフモード)。