twinQ2

プロフェッショナルデュアルスタジオチャンネル

この新しいJoemeek twinQ(ツインキュー)は2チャンネルのプロフェッショナル レコーディング スタジオを1つにまとめたスタジオプロセッサーです。 新世代のスタンダードとしてデザインされたtwinQは24bit/96kHzのデジタル出力をはじめ、シルキーでスムースなコンプレッサー、クリアでワイドなマイクプリアンプ、積極的なサウンドメイクから細かい補正を可能にするEQ、どこをとっても新世代のスタンダードにふさわしい機能とクォリティを装備します。

twinQはどんなマイクでも楽器でも、その入力ソースに関わらず、プレーヤのパフォーマンスを余すことなくスタジオプロダクションに取り込むための強力なプロセッサーです。

twinQ2

在庫切れ。納期のお問合わせはこちら

twinQ 特長

  • 2チャンネルのプロフェッショナルレコーディングスタジオチャンネル
  • JoemeekオリジナルCurrent Sense回路による、あらゆるマイクで最高のパフォーマンスを引き出します。
  • 高品位のマイクロフォンプリアンプ
  • 過激なサウンド演出から、微細な音質調整までをカバーする3バンドEQ
  • Joemeekならでは効果を演出できるオプトコンプレッサー
  • 便利な楽器入力
  • 外部機器との接続をするためのインターション端子
  • 高級感と頑丈さを兼ね備えた、肉厚アルミ削り出しパネルとノブ
  • 正確なレベル調節を行うための丸形VUレベルメーター
  • 24bit/96kHzのデジタル出力標準装備
  • ワードクロック入力
  • フルビットデジタルレコーディングのためのPeak FSDインジケータ
  • JANコード
    4580101337657
    入力インピーダンス
    Mic:1.2kΩ、Line:20kΩ
    プリアンプゲイン
    10dB ~ 60dB(可変)
    コモンモードリジェクション
    70dB
    入力ノイズレベル
    -128.5dBu (unweighted)
    歪み率
    0.001%(コンプレッサースレッショルド値以下時)
    周波数特性
    15Hz to 70kHz (-3dB)
    最大入力レベル(クリップ直前)
    Mic:+21dBu、Line:+45dBu
    ヘッドルーム(クリップ直前)
    +21dBu
    コンプレッサー スレッショルド
    -6dBu ~ +22dBu(可変)
    コンプレッサー レシオ
    1:1 ~ 10:1(可変)
    コンプレッサー アタックタイム
    1ミリ秒 ~ 100ミリ秒(応答型)
    コンプレッサー リリースタイム
    0.1秒 ~ 3秒(応答型)
    ハイパスフィルタ
    80Hz、12dB/oct
    EQブースト&カット
    ±15dB(ゼロフェーズシフト、ベルレスポンス)
    LF周波数
    80Hz/120Hz(切替)
    MID周波数
    300Hz ~ 5kHz(可変)
    HF周波数
    6kHz/12kHz(切替)
    "Q"幅
    0.9 (1.6 oct)
    規定出力レベル
    +4dBu(XLR)、+4dBまたは-10dBv(1/4"、切替)
    出力インピーダンス
    100Ω
    出力レベルスイッチ
    12dBアッテネーション
    ノイズフロア
    -85dBu(マイクゲイン = 40dB)
    VUメーター
    アナログ針式(入出力レベルとゲインリダクションを切替可能)
    電源
    AC115V / 230V、50/60Hz(内蔵)
    消費電力
    30W
    寸法
    482W x 88H x 220D(突起物含む)
    重量
    3 kg
    入力
    マイク:XLR、楽器:1/4"フォーン、ライン:1/4"TRSフォーン
    出力
    XLR、1/4"TRSフォーン
    インサーション
    1/4"TRSフォーン、Tip = センド、Ring = リターン
    デジタル出力
    AES:XLR、S/PDIF同軸:RCA
    ワードクロック入出力
    BNC
    ビット長
    24bit
    サンプリングレート
    44.1/48/88.2/96kHz
    出力フォーマット
    AES3、S/PDIFコアキシャル
    ワードクロック
    75Ω、1.25V - TTL、44.1 ~ 96kHz(自動シンク)