sixQ2

Joemeek sixQは、評価高いJoemeekステレオスタジオチャンネル”twinQ”の1チャンネル分に相当する、高いパフォーマンスを実現したスタジオチャンネルプロセッサーです。 sixQは、ハイクォリティマイクロフォンプリアンプと、伝統的なJoemeek 3バンドEQ、そのサウンドに定評のあるオプトコンプレッサーを1Uスペースにまとめ、価格帯を超えた充実した機能とサウンドクィリティを兼ね備えています。また、フロントパネルで、ギターやベースなどの楽器も直接入力できます。

1Uサイズの筐体にエレガントで高級感溢れるアルミ削り出しの肉厚パネルをあしらったsixQは、最大24bit/96kHzまでのデジタル出力も可能で、DAWの拡張機材として、更なるクォリティの向上を図るのに最適です。

sixQ2

在庫切れ。納期のお問合わせはこちら

sixQ 特長

  • twinQの技術/クォリティを完全に受け継ぐ、モノチャンネルのスタジオチャンネルストリップ
  • Burr-Brown ICを使用したハイクォリティマイクプリアンプ
  • 用途やマイクロフォンに合わせて切替え可能なトランスフォーマー入力
  • Joemeek史上、最もフレキシブルな設定を実現した4バンドEQ
  • 過激な効果まで演出できるJoemeekオプティカルコンプレッサー
  • 正確なレベル設定が行えるLED式レベルメーター
  • 独立したゲインリダクションメーター
  • フルビットデジタルレコーディングのためのPeak FSDインジケータ
  • 楽器/ライン入力
  • 外部機器との接続を行う為のインサーション端子
  • 24bit/96kHzデジタル出力
  • S/PDIFコアキシャル
  • 高級感と頑丈さを兼ね備えた、肉厚アルミ削り出しパネルとノブ
  • JANコード
    4580101337633
    入力インピーダンス
    Mic:1.2kΩ、Line:20kΩ
    プリアンプゲイン
    10dB ~ 60dB(可変)
    コモンモードリジェクション
    70dB
    入力ノイズレベル
    -128.5dBu (unweighted)
    歪み率
    0.001%(コンプレッサースレッショルド値以下時)
    周波数特性
    15Hz to 70kHz (-3dB)
    最大入力レベル(クリップ直前)
    Mic:+21dBu、Line:+45dBu
    ヘッドルーム(クリップ直前)
    +21dBu
    コンプレッサー スレッショルド
    -6dBu ~ +22dBu(可変)
    コンプレッサー レシオ
    1:1 ~ 10:1(可変)
    コンプレッサー アタックタイム
    1ミリ秒 ~ 100ミリ秒(応答型)
    コンプレッサー リリースタイム
    0.1秒 ~ 3秒(応答型)
    ハイパスフィルタ
    80Hz、12dB/oct
    EQブースト&カット
    ±15dB(ゼロフェーズシフト、ベルレスポンス)
    LF周波数
    200Hz ~ 2kHz(可変)
    MID周波数
    300Hz ~ 5kHz(可変)
    HF周波数
    7kHz/14kHz(切替)
    "Q"幅
    0.9 (1.6 oct)
    規定出力レベル
    +4dBu(XLR)、+4dBまたは-10dBv(1/4"、切替)
    出力インピーダンス
    100Ω
    出力レベルスイッチ
    12dBアッテネーション
    ノイズフロア
    -85dBu(マイクゲイン = 40dB)
    レベルメーター
    LED、9ポイント
    ゲインリダクションメーター
    LED、4ポイント
    電源
    AC115V / 230V、50/60Hz(内蔵)
    消費電力
    30W
    寸法
    482W x 44H x 220D(突起物含む)
    重量
    3 kg
    入力
    マイク:XLR、楽器:1/4"フォーン、ライン:1/4"TRSフォーン
    出力
    XLR、1/4"TRSフォーン
    インサーション
    1/4"TRSフォーン、Tip = センド、Ring = リターン
    デジタル出力
    AES:XLR、S/PDIF同軸:RCA
    ビット長
    24bit
    サンプリングレート
    44.1/48/88.2/96kHz
    出力フォーマット
    S/PDIFコアキシャル