QuNeo

QuNeoは、iPadサイズの3Dマルチタッチパッドコントローラです。約8mmの極薄ボディながら合計251個のLEDが16段階の明るさで点灯させる事ができるので、パフォーマンスにも最適です。
MIDIもしくはOSC(Open Sound Control)に対応したソフトウエアを、全く新しい感覚で操作する事ができます。また個々のパッドは複数のコマンドを割り当てて、複雑な操作を行う事も可能です。

QuNeo

商品コード: N/A 商品カテゴリー:
解除
¥30,000¥35,000 (税別)

Josh Bess on 2 QuNeos and Ableton Live

QuNeo Grid Mode and Live Sequencing

DAWやDJ / VJソフトウエアをコントロール

QuNeoをコンピュータとUSBで接続して、Ableton Live などのDAWはもちろんのこと、MOTU BPM等のプラグイン、Serato Scratch LiveやTraktorなどのDJソフト、さらにはVJソフトなど幅広いソフトウェアをコントロールする事ができます。またパッドは光る色や明るさも設定できるので、パフォーマンスで目立つこと間違い無し!

エフェクターやハードウエアシンセもコントロールできる!

別売のMIDI Expanderを使うと、MIDIでエフェクター、マイクプリアンプやハードウエアシンセもコントロールできます。過激なフランジャー効果などの飛び道具エフェクトをパッドやスライダーで直感的にコントロールしよう! * 実際の接続では、MIDI Expanderに付属のACアダプタを使用して電源を供給する必要があります。

iPadもコントロールできる!

iPad Camera Connection Kitを使ってQuNeo でiPadのミュージックアプリをコントロールする事ができます!

QuNeo 特長

LEDライトフィードバック

QuNeoはマルチカラーLEDを搭載し、16段階の明るさで点灯させる事が可能です。

トリガー・パッド

ベロシティー対応の16m2のパッドはXY軸、圧力まで感知します。

ロータリーセンサ

2つのロータリーセンサは、中心からの角度、圧力、距離を感知し、トリガー・ストレッチ・ピンチ・フレーズやサウンドファイルの再生・スクラブなどの連続操作を可能にします。

マルチタッチスライダー

9つのマルチタッチスライダーはDAWのボリューム、エフェクトのフェーダーをコントロールするのに最適です。タッチセンシティブのスライダーはフェーダーやエフェクトのコントロールにマップすることができます。マルチタッチ対応で2点のポイントを変更する事が可能です。

スイッチ

スイッチは、サンプル、フェーダー・バンク、およびトランスポートコントロールを選択するスマートグループに配置されています。

サイズ

QuNeoは、iPadと同サイズなので、iPadのアクセサリ(マイククリップ、スタンド)等もご利用いただけます。

オープン・ソース・デベロップメント・キット

MIDIもしくはOSC(Open Sound Control)に対応したソフトウエアを、全く新しい感覚で操作する事ができます。また個々のパッドは複数のコマンドを割り当てて、複雑な操作を行う事も可能です。

QuNeo MIDI エキスパンダー

MIDI Expanderは、コンピューターを介さずに外部MIDI機器と接続するために必要な追加オプションです。QuNeo Editorで単体使用のための設定をおこなえば、この拡張ボックスだけで、MIDI機器と接続できます。MIDI Expanderは、QuNeo本体と接続するためのUSBケーブルとSoftStep本体に電源供給をおこなう電源アダプターが付属します。

商品名:SoftStep MIDI Expander
JANコード:4580101337107

  • JANコード
    QuNeo - QuNeo: 4580101337602
    QuNeo - QuNeo MIDIエキスパンダーバンドル: 4580101337626
    Qu Neo システム条件 *コンピューターやiPad使用時
    Intel Core 2 Duo 2.3GHz以上のCPU OS X 10.5以降(10.6、10.7.2対応) Windows XPまたはWidows 7 対応 iOS 4.2以降(iPadのみ) USB ポート
    Qu Neo 主な仕様
    マルチタッチUSB MIDIパッドコントローラー 全コントロール ベロシティ&圧力対応 251 x 16段階マルチカラーLED 16 x ドラムパッド 4 x ストレートフェーダーパッド 5 x スライドフェーダーパッド 2 x ロータリーセンサーパッド 17 x スイッチパッド ドライバーいらずのUSB接続 MIDIまたはOSC対応 iPadに接続して対応アプリをコントロール可能(要カメラコネクター) MIDI Expander(別売)を使用して、外部MIDI音源を単体でコントロール可能 寸法:W241mm x D186mm x H7.6mm ( iPadサイズ) 重量:387グラム
  • Keith Mcmillen製品の日本語マニュアルはありますか?

    ご購入いただいてからマイページへ登録いただければマイページで御覧いただくことが出来ます。マイページ登録、ログインはこちら。

    MIDIエキスパンダーは何に使うものですか?

    コンピューター以外のMIDI機器と接続する場合に必要となります。

    SoftStep本体はMIDIポートを持っていませんので、そのままではMIDI端子を持ったエフェクターやシンセサイザーなどに接続できませんが、MIDIエキスパンダーを組み合わせる事により接続可能となります。

    SoftStep本体とMIDIエキスパンダーの接続は、付属のUSBケーブル(標準A – Mini B端子)を使用します。

    MIDIエキスパンダーの電源供給は、MIDIエキスパンダーとUSB電源アダプタを付属のUSBケーブル(標準A – 標準B端子)で接続して行います。

    QuNexus のサイズは?

    寸法
    ・幅:12.8” / 325mm
    ・奥行き:3.3” / 84mm 
    ・高さ:0.43” / 11mm 

    キーパッドサイズ 
    ・1.18″ x 0.51″ / 30 mm x 13 mm 

    重量
    ・0.76 lb / 345 g

    QuNexus が、MIDI デバイスとして、コンピュータに表示されません。何が問題でしょうか?

    ほとんどケースにおいて、USB ケーブルの問題と推測します。別の USB ケーブルを使用して動作確認をします。

    QuNexus が、自分の音楽ソフトウェアで動作しないのですが、何が問題でしょうか?

    もし、QuNexus が、お手元の音楽ソフトウェアで反応、または動作しない場合、いくつかの理由が推測されます。

    USB ケーブルの不良の場合 

    ・QuNexus がコンピュータにしっかり接続されていますでしょうか? QuNexus Editor を起動するのも確認手段の1つです。もし、QuNexus が接続、認識されているのであれば、ラベル上に QuNexus ロゴが表示され、接続されていることをあらわします。もしくは QuNexus Editor メニュー(Mac)または、Help メニュー(Windows)から About QuNexus Editor を選択して、エディターソフトウェアと接続されている QuNexus の情報を確認できます。
    ・もし、QuNexus が接続/認識されていないのであれば、別の micro-USB ケーブルを使用して、状況を確認します。認識されている場合、QuNexus のプリセットを切替えて動作を確認します。 
    ・QuNexus Editor を起動し、QuNexus の接続を確認し、QuNexus プリセットを選択します。
    ・Send to Preset A ボタンを押してプリセットを送信ます。 
    ・同様に、スロット B、C、D もプリセットを転送します。

    これで、ご利用の音楽ソフトウェアから QuNexus を入力デバイスとして選択し、QuNexus からの MIDI 情報を確認します。 QuNexus に十分な電源が USB ポートから供給されない場合も、推測されます。もし、セルフパワーではない USB ハブをご利用の場合、QuNexus を直接接続、または別の USB ポートに接続して、動作確認をします。

    MIDI 信号で QuNexus LED を操作したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

    LED は QuNex の USB Port 1 に入力された MIDI ノートで点灯をコントロールできます。キーボードの LED はノート番号 48(C2)~ 78(C4)で操作します。この範囲外のノートを送信した場合でも、変換されてキーボードの LED 照明をコントロールします。本体左側のボタン類は、MIDI 入力によるコントロールはできません。ファクトリープリセットでは、MIDI チャンネル1が LED コントロールに設定(プリセット D のみチャンネル9に設定)されています。MIDI チャンネルは QuNexus Editor で設定を変更できます。詳しくは、QuNexus のマニュアルに記載しています。

    QuNexus はどういった種類の USB ポートを使用するのでしょうか?

    QuNexus は、マイクロ USB 端子を採用しています。この端子は、ミニ USB 端子とは形状が異なります。もし、別のケーブルを用意する場合は、この端子の形状をご確認の上、同じ端子で、USB 2.0 に対応したものを使用します。