OctoPre MkII Dynamic

8XLR イン(マイク/ライン:内2インスト)、8ラインアウト、最大96kHz対応ADAT Optical In&Out、Word Clock In&Out

OctoPre MkII Dynamicは、8基のFocusriteマイクプリアンプに加えて、RED3の VCAコンプレッサーを各チャンネルに搭載し、24-bit / 96 kHzのADAT出力を装備した、8チャンネルマイクプリアンプ+コンプレッサー・ADコンバーターです。Focusriteならではの高品位マイクプリアンプと、ADAT接続によるADコンバータの組み合わせにより、Pro ToolsをはじめとするDAWシステムやレコーディングシステムの拡張をシンプルに行う事ができます。

OctoPre MkII Dynamic

在庫あり
¥77,000 (税別)

1~2チャンネルにはHi-z入力が用意されギターやベースを直接接続できるほか、出力として各チャンネルのダイレクト出力も搭載しています。
さらに、内部クロックは10PPMのロージッターを実現しており、その価格からは考えられない機能とパフォーマンスを併せ持っています。

25年にも及ぶプロオーディオ業界の経験

25年以上にも渡ってFocusriteは、数多くの歴史的なマイク・プリアンプを設計しました。この経験は、クリアで低ノイズのプリアンプを設計するために使用され、OctoPre MkIIはもちろん、フラッグシップFireWireインターフェースであるLiquid Saffire56の設計にも使用されています。
十分なヘッドルームを確保したプリアンプ部は、ダイナミックマイクやコンデンサーマイク、さらにはリボンマイク等に適しています。
もちろんファンタム電源も搭載されています。

OctoPre MkII Dynamic 特長

高品質マイクプリアンプ

OctoPremk2 Dynamicには、25年以上の経験と技術によって生まれたFocusriteの高品質なマイクプリアンプを8基搭載しています。
そのマイクプリは数々の賞を受賞しており、業界最高峰の位置づけとなります。

24bit/96kHzの高品質設計

OctoPre mk2 Dynamicは、24bit/96kHzサンプルレート、高品質なAD/DA、さらにJetPLLジッター排除テクノロジーにより、自然のままのオーディオ品質と信頼性の高い同期が保証されています。

ドラム録音に最適なプリアンプ設計

搭載しているマイクプリアンプは、キックやスネアなどのアタック音だけ極端にレベルの高いサウンドが入力された場合でも、クリップしにくい設計になっています。

透明感のある"シングルダイアル"コンプレッサーを各チャンネルに搭載

あのRED 3と同クラスのVCAコンプレッサーを、"1ダイアルコントロール"のコンプレッサーに集約して各チャンネルに搭載。
伝統的なソフト・ニータイプのコンプレッサーは、透明感ある自然なコンプレッションを得る事ができます。
そしてその反面、"More"ボタンを押すとレシオが倍になり、過激なコンプレッション効果を生み出します。

LED5ポイントのインプットメーターを各チャンネルに用意

応答の速い5ポイントのLEDインプットメータにより、各チャンネルの入力がクリッピングしていないか監視する事ができます。

各チャンネルにダイレクト出力を用意

ダイレクト出力は、デジタル出力とパラレルで同時に出力されますので、例えばADAT出力からDAWへ出力するのと同時に、モニター音声としてアナログミキサーへ出力する事ができます。

高精度のデジタルクロックを搭載

OctoPre MkII Dynamicは、業界標準のジッターリダクション技術JetPLLを採用しており、内部クロックは10PPMのロージッタを実現しています。
また外部クロックに同期させるためのワードクロックの入力端子も用意されており、外部機器との連携も勿論可能です。

 

OS対応状況

PDF
  • JANコード
    4580101337473
    マイク入力
    周波数特性: 20Hz~20kHz +/- 0.1 dB. THD+N: 0.001% (1kHz 20Hz/22kHz バンドパスフィルター). ノイズ: EIN > 125dB (128dB アナログからデジタル変換時) 60dBゲイン、150Ωターミネーション、20Hz/22kHzバンドパスフィルター マイクゲイン: +10dB~+55 dB 入力パッド: -10 dB ファンタム電源スイッチ:2 x 4チャンネルグループ(1-4と5-8) 最大入力レベル: +8 dBu (+17 dBu パッドオン)
    ライン入力
    周波数特性: 20Hz~20kHz +/- 0.1dB. THD+N: < 0.001% (0dBFS入力  22Hz/22kHzバンドパスフィルター). ノイズ: -90dBu (22Hz/22kHz バンドパス). ゲイン: -10 dB~+36 dB 最大入力レベル: +22 dBu
    インストゥルメント入力
    周波数特性: 20Hz~20kHz +/- 0.1dB. THD+N: 0.004% (0dBu入力 20Hz/22kHzバンドパスフィルター). ノイズ: -87dBu (20Hz/22kHz バンドパスフィルター). ゲイン: +10 dB~+55 dB 最大入力レベル: +8 dBu
    アナログ出力
    周波数特性: 20Hz~20kHz +/- 0.2dB. THD+N < 0.0010% (-100dB) (0dBFS入力  22Hz/22kHzバンドパスフィルタ) 基準レベル(0dBFS ):16 dBu(バランス)
    デジタル
    ADダイナミックレンジ:110dB 'A 負荷' 全入力) JetPLLテクノロジー採用 クロックジッターr < 250ピコセカンド サンプルレート・クロック精度: +/- 20PPM. 対応サンプルレート: 44.1kHz~96kHz. クロックソース:インターナルもしくは外部ワードクロック
    寸法
    寸法:H 45mm×W 484mm×D 265mm 重量:3600g
  • Focusrite製品の重量と寸法を教えてください。

    重量と寸法に関してはこちらを参照してください。

    Focusrite製品の日本語マニュアルはありますか?

    ご購入いただいてからマイページへ登録いただければマイページで御覧いただくことが出来ます。

    Focusriteは歴史あるコンソールメーカーと聞きました。その伝統のサウンドとはどういった特徴があるのでしょう?

    Focusriteの製品には特にそのマイクプリアンプに特徴があると言われていきました。ISAシリーズ伝統の Lundahl L1538トランスの使用がその特徴の一つです。

    Live 9はmacOS Sierraに対応していますか

    現在のところLive 9の最新バージョンはmacOS Sierra環境下で特に問題無く動作しています。しかしながらLive 9の古いバージョンでは問題無く完全に動作するように見受けられません。macOS Sierra で使用する場合は必ずLiveのバージョンを最新にアップデートするように確認してください。