K-MIX

スタジオでも、ステージでも プログラマブルミキサー、MIDIコントロールサーフェス、オーディオインターフェイス機能搭載のK-MIX

視覚的に目を惹くユニークな音楽製品を次々と世に送り出してきたキース・マクミレン・インストルメント社が、オーディオインターフェイスにも、ミキサーにも、MIDI コントロールサーフェスにもなる、斬新な製品を発明しました。ポップな見た目とは裏腹に、しっかりしたスペックでプロフェッショナルも現場で使用する頑丈で柔軟な頼もしい製品です。

K-MIX

在庫あり
¥65,000 (税別)

用途別ガイド

オーディオインターフェイス

K-MixはプロレベルのUSBオーディオインターフェイスです。キース・マクミレン・インストルメント社開発の超低ノイズマイクプリアンプ「µPre™」(マイクロプリ)を2基搭載、ファンタム電源48V(12Vに設定可)を備え、ハイ・インピーダンスの楽器入力も2チャンネル、高クオリティのレコーディングをスタジオでもステージでも可能にします。

プログラマブル・ミキサー

各チャンネルにDSPを搭載し(3バンドEQ、セミパラメトリックEQ)柔軟なルーティングで自由にプログラムできるミキサー。フォノ/ライン入力切り替え可能な6ch、また最大で12までプリセットを保存でき、コンピュータなくともスタンドアローンで動作可能です。

コントロール・サーフェス

暗闇で目を引くカラフルなフェーダーとロータリー。これらを指先でタッチすることでコントロールするK-MIXには、各12色LEDのフェーダーが8つ、マスターフェーダーには2本LEDが備えられ、VUメータとしても正確なレベルを表示。高いセンシティビティで、お使いのどのDAWでも、体の一部のように直感的に操作することを可能にしてくれるでしょう。

用途別機能と特徴

オーディオインターフェイス

USBバスパワー起動
超低ノイズµPre™プリアンプAKMハイエンドコンバータ搭載
32bitフロート内部演算
8イン/10アウト

プログラマブル・ミキサー

チャンネル毎のDSP処理
柔軟なルーティング
Quad、5.1、7.1、Octoサラウンドミキサー
本体へのプリセット保存が可能
コンピュータを使用せず、単体動作

コントロール・サーフェス

高精度タンチセンシティブ、ロータリー&フェーダー
自由にアサインできるMIDIコントロール
軽量で持ち運びに便利
外れるパーツがなく、頑丈で壊れにくい

K MIX イントロダクション

K-MIX を K-Mix Editor ソフトウェアでコントロール

K-MIX: オーディオインターフェイスとして使う 【日本語字幕付】

K-MIX:ミキサーとして使う 【日本語字幕付】

K-MIX:コントロールサーフェスとして使う 【日本語字幕付】

K Mixでフィールドレコーディング

  • JANコード
    4580101340176
    動作条件 Mac
    Intel Core 2 Duo 2.3GHz 以上 100MBのハードディスク空き容量 Mac OS 10.7 から 10.11
    動作条件 Win
    2.5 GHz processor 以上 4GB RAM以上 USB 2.0以上 100MBのハードディスク空き容量 Windows 7, 8, & 10 (64-bitのみ)
    寸法
    23.4 x 16.8 x 3.81 730g
    オーディオ
    インプットチャンネル:8バランスインプット +28bBu アウトプットチャンネル:10アウトプット(8バランスアウト) ビットデプス:24bit AKMコンバータ ダイナミックレンジ110db サンプルレート:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz インターナルレイテンシー: ・~2.5ms @96kHz ・~2.75ms @88.2kHz ・~5ms @48kHz ・~5.5ms @44.1kHz
    接続端子
    アナログインプット ・2XLR / TRSコンボジャック XLRマイク/ライン入力(バランス) Hi-Z Inst /ライン 1/4 TRSインプット(バランス) ・6 1/4 TRS端子(ライン/フォノ バランス) アナログアウトプット ・8 1/4TRSコネクタ ・1 ステレオ 3.5mm TRSヘッドホンアウト ・<50オーム アウトプットインピーダンス ・最大出力+2.6 dbV デジタル: ・1 micro-USB(オーディオI/O、MIDI I/O、電源) ・1 mini-USB(電源、MIDIエクスパンダー接続)
    コントロール
    フェーダー: ・8チャンネルフェーダー(75mm) ・各チャンネル12LEDインジケーター ・1マスターフェーダー 24LED ・全フェーダーMIDI CC出力 ロータリー: ・4ロータリーコントロール(360°) ・各ロータリー16LED ・全ロータリーMIDI CC出力 ボタン: ・9チャンネルセレクトボタン ・4バンクセレクトボタン ・17ファンクションボタン ・全ボタンMIDIノート出力
    マイクプリアンプ
    プリアンプ数: ・2 ファンタム電源: ・48V or 12Vファンタム電源 ゲイン: +60db THD + N ・-105.12 dBu @0dbゲイン、20Hz~20kHz(unweighted) ・-116.49 dBu @0dbゲイン、20Hz~20kHz(unweighted) EIN: ・-127.0 dBu、150オーム @20Hz~20kHz(unweighted)
    周波数特性
    ±0.03 dB @20Hz~20kHz(44.1kHz、unweighted) ±0.15 dB @20Hz~40kHz(96kHz、unweighted)
    プロセッシング
    イコライザー: ・3バンドセミパラメトリックEQ ・±18db カット/ブースト コンプレッサー: ・各チャンネルコンプレッサー/リミッター ・スレッショルド/アタック/リリース/メイクアップゲインの調整可能
  • Keith Mcmillen製品の日本語マニュアルはありますか?

    ご購入いただいてからマイページへ登録いただければマイページで御覧いただくことが出来ます。マイページ登録、ログインはこちら。

    K-Mixをオーディオインターフェースとして使えますか?対応OSも教えてください。

    K-Mixは8in 10outのUSBバスパワー駆動オーディオインターフェイスとしての機能も備えており、OS 10.6以降のMacで使用できます。2016年8月現在はWindowsに対応しておりませんが、米KMI社は開発を進めています。

    最新の情報はこちらをご参照下さい。

    K-Mixはミキサーとして使えるようですが入出力数を教えてください。

    2つのコンボ入力端子及び、6つの1/4ジャックの計8入力と、メインアウト、3系統のAux出力、個別の出力として機能も果たす1/8ステレオジャックのヘッドホンアウト、計10出力の、8in10out仕様です。

    K-Mixでコントロール出来るDAWを教えてください。

    K-MixはMIDI CCとMIDI Noteを受信するAbleton Liveをはじめとした主要DAWで、MIDIコントローラとして機能します。

    MIDIエキスパンダーは何に使うものですか?

    コンピューター以外のMIDI機器と接続する場合に必要となります。

    SoftStep本体はMIDIポートを持っていませんので、そのままではMIDI端子を持ったエフェクターやシンセサイザーなどに接続できませんが、MIDIエキスパンダーを組み合わせる事により接続可能となります。

    SoftStep本体とMIDIエキスパンダーの接続は、付属のUSBケーブル(標準A – Mini B端子)を使用します。

    MIDIエキスパンダーの電源供給は、MIDIエキスパンダーとUSB電源アダプタを付属のUSBケーブル(標準A – 標準B端子)で接続して行います。