Digital Performer 10 アップグレード・ダウンロード

インスピレーションを具現化する、真のプロフェッショナルDAWアプリケーション

* アップグレードはダウンロードのみの販売となっており、製品はライセンスコードをメールにて納品いたします。
※アップグレード版をご使用頂くには、旧バージョンのDigital Performerを所有している必要があります。当製品をMOTUアカウントに登録するには、旧バージョンのDigital Performerのシリアルナンバー(キーコードではありません)及び、MOTUアカウントが必要となりますので、予めご確認頂いた上でのご注文をお願い致します。

楽曲へのひらめきから、最終制作工程のミックスまでをも全て、一貫したワークフローで完結する。Digital Performer 10には、あらゆるクリエイティビティを具現化するために設計され、最も要求の高い世界トップ水準のレコーディング及び音楽制作環境にインスピレーションを与えるためのツールが網羅されています。

Digital Performer 10 アップグレード・ダウンロード

商品コード: N/A 商品カテゴリー:
解除
¥21,450¥33,335 (税別)

DP 10の紹介

バージョン10となるDPには、クリップウインドウや新しいオーディオストレッチ機能に加えて、100種類を超える音源の追加など、DPユーザーの要求に応えた数十種に及ぶエキサイティングな新要素が取り込まれています。

CLIPS WINDOW

ループ / フレーズをトリガーするクリップウインドウ

新たに登場したClips Windowは、Digital Performerにループトリガーの機能を追加します。同じくDP 10より新たに搭載されたコンテンツブラウザーからオーディオやMIDIをクリップウインドウにドラッグアンドドロップし、リアルタイムでクリップをトリガーすることが可能になりました。これによりライブパフォーマンスでの活用や音楽制作時にひらめきのきっかけを与えることとなるでしょう。それぞれ個々のクリップのトリガーから、複数トラックにわたる任意のクリップ、または行全体(すべてのトラックにわたるシーン・クリップ)複数クリップのトリガーにも対応します。
DP独自のクリップ・キューイングはクリップシーケンスを事前にスタック(クリップの設置)することができるため、手動でトリガーする必要性をもちません。ラップトップやMIDIコントローラでの操作時にインスピレーションを得たとき、クリップの追加、削除をすぐさま行えます。クリップウインドウは、旧来のリニアトラックベースのプレイバックに加えてクリップトリガーをも可能とし、ステージオペレーションからライブミキシングにも対応します。最高のライブパフォーマンスのためにDPはその根幹を担います。DPは今やクリエイティブな制作ツールとしてだけでなく、ライブパフォーマンスにも対応し、多様化したニーズを包括する、真のプロフェッショナルDAWとして君臨します。

CLIPS WINDOWのビデオを見る

ストレッチ・オーディオ

今までにないオーディオへのアプローチ

個々のビートに対しての深い編集から、全体的なテンポの変更まで、ストレッチオーディオを使用することで、より早く、かつ簡単に操作ができます。個々のオーディオビートを選択し、タイミングを調整します。新しいStretch Edit レイヤーを使用し、アンカーポイントを操作し、想像したリズムタイミングを正確に実現します。全体的なテンポコントロールを行うには、ストレッチモードを有効にするだけで、テンポチェンジがあっても、オーディオトラックオーディオトラック全体がテンポとタイムラインに即座に準じます。
この機能をもたらすZynaptiq™のZTX PRO™は、最高のオーディオ品質を実現します。

ストレッチ・オーディオのビデオを見る

 

BEAT DETECTION 2.0

テンポとビートの究極のコントロール

魔法のようなDP 10のBeat Detection(ビート検出)は、個々のループのほか、マルチチャンネルのステム、そしてフルミックスされたオーディオに含まれる、リズミカルなオーディオのビートを検出します。ビートが検出されたらDPの新しいストレッチ・オーディオ機能と、業界をリードするDPのテンポチェンジ機能を使って、オーディオをプロジェクトのテンポとタイムラインに即座に一致させます。オートメーションによるテンポチェンジを指定し、ループをクリップウインドウにドロップします。これによって、プロジェクトに対してテンポとタイミングが完全に一致します。

CONTENT BROWSER

全てのファイルに即座のアクセス

バーチャルインストゥルメンツ、ループ、クリップ、プラグインなど、DPで使用するすべてのリソースに、コンテンツブラウザはすぐにアクセスします。必要なものはなんでも、ドラッグアンドドロップの操作ですぐに使用できます。名前またはテキスト文字列で素材を素早く見つけ出し、コンテンツブラウザを活用することで、旧来のワークフローを10倍加速します。

CONTENT BROWSERのビデオを見る

VCA フェーダー

ミックスのための強化されたコントロール

これまでの伝統のアナログコンソールと同様に、VCAフェーダーはミックス手法に革命をもたらします。1台のVCAフェーダーで任意のトラック数を相対的な音量を自由にコントロールできます。例えば、必要なだけのVCAを作成します。そして複数のネストされたサブグループを作成するために、他のVCAとVCAを接続します。ミックスオートメーションをVCAに適用すると、サブフェーダーオートメーションが維持され、全体にわたっての操作がなされます。完璧なミックスの達成までに容易に、かつ素早く到達することとなるでしょう。

STREAMLINED WAVEFORM EDITOR

明瞭かつ正確にオーディオ波形を編集する

Digital Performerのウェーブフォームエディターは、精密なビート編集、柔軟なオーディオストレッチング、ピッチ補正、テンポマッピングなど、オーディオ編集の全てのツールが搭載されています。まず編集レイヤーを選択し、必要なセクションに移動します。メニューとツールが表示されます。新しいウェーブフォームエディターはエンジニアリングにおいて視覚的な正確さと、明快さをもたらし、必要な情報を取り出せるツールとなるでしょう。また、この際ズームのショートカットも設けられていますので、より詳細な情報へのアクセスも簡単に行えます。

VST 3サポート

お好みのVST 3プラグインを起動

Digital Performer 10はVST 3のプラグイン、バーチャルインストゥルメンツに対応します。また、今まで通りVST 1もしくはVST 2規格のプラグインにも対応しています。

MOTU INSTRUMENTS SOUNDBANK

数百のバーチャルインストゥルメンツとループ素材を収録

DP 10には、アコースティック&エレクトリックドラムキット、ピアノ、ギターやベース、そしてチャーチオルガン、エレクトリックオルガン、弦楽器、木管&金管楽器、シンセサイザー、民族楽器、ボイスサンプルやコーラス、パーカッション、SE(サウンドエフェクト)などが5GBに及び収録されており、300種以上の楽器、1,100もの音色と500種類のループから構成されいるサンドバンクが付属。この多彩なコレクションは、様々な音楽ジャンル、時代、地理地域、そして文化的スタイルにわたり活用できるものとなっています。

Digital Performer 関連動画

【10分で解説!】Digital PerformerのチャンクとV-RACKの概要をご紹介します

作曲女子が使うMOTU Digital Performer エフェクターとミキサーの活用 by 大橋莉子

MOTU James Sizemore クラシック音楽を作るための現代的アプローチ【日本語字幕】

DP10 Clips window

6GBのフリーループ&サンプルパック

Big Fish Audio

1986年以来、Big Fish Audioは一貫して最高品質のサンプルライブラリを提供してきました。
長きもわたって、同社のサウンドは何百ものチャートイン、そしてトップの映画やテレビのサウンドトラックで使用されてきました。

Lucidsamples

Lucidsamplesは、最も人気のある音楽ジャンルの作品を作成するのに適した高品質のサンプルとサンプルパックを提供する、経験豊富な音楽プロデューサーとプロのミュージシャンの集団です。
同社のサウンドは世界中で有名なDJ、音楽プロデューサー、そして企業によって世界中で使われています。

Loopmasters

Loopmastersは確固たる「サンプルブティック」として知られています。
イギリスのブライトンを拠点とするこのレーベルは、10年以上前から独自のオーディオライブラリを提供してきました。
コンテンツは、アマチュアとベテランのアーティストを同様に鼓舞する数百のロイヤリティフリーパックで、何年にもわたって拡張そして進化してきました。

DP10には、6 GBの無料ループと大手サンプルコンテンツプロバイダのサンプルパックが含まれており、音楽制作環境をお持ちでない初めての方でも、購入後すぐに音楽制作を始めることができます。 DPの新しいコンテンツブラウザで、数十種類の音楽スタイルからお好みを選択し、クリックし試聴。そしてプロジェクトのタイムラインにドラッグアンドドロップするだけで、すばやくトラックを作成できます。

SCALABLE UI

完璧で明瞭なUIを実現

今日の高解像度コンピュータディスプレイは、これまでにないサイズと明瞭さを提供しています。DP 10ではあらゆる画面解像度のディスプレイを最大限に活用することができます。コマンドプラスとコマンドマイナス(Windowsの場合はコントロールプラスとコントロールマイナス)を押すだけで、DPのUI全体を拡大または縮小が可能です。

SCALABLE UIのビデオを見る

RUN COMMAND

DPの機能へ即時アクセス

コンピュータキーボードのShift – Spaceを押すとRun Commandウインドウが表示され、Digital Performerに搭載されているすべての”機能”にアクセスすることができます。Run Commandにテキストを入力をし始めると、入力したものと一致するすべての機能が瞬時に表示されます。扱いたい機能がどのメニューにあるか思い出せない場合、Run Commandに、その名前や機能の一部を入力してみてください。

RUN COMMANDのビデオを見る

PROGRAMMABLE SKIP BUTTOMS

- 拍・小説のスキップ -

DP 10のメイントランスポートにある早送り/巻き戻しボタンは、現在選択している音符単位でスキップできます。
1ビート、2小節、または4小節で早送りまたは巻き戻します。 コンサートプレイバックでバンドが再生システムと同期しなくなったとき、この機能は救世主となるかもしれません。

CONSOLIDATED ZOOMING

- ズーミングがより簡単に -

アクセスを容易にするために、すべてのウィンドウのズームコマンドが[表示]メニューに統合されました。

REGION MENU PRESETS

- より速いリージョンメニューの活用 -

リージョンメニュー操作用のプリセットを保存および作成できるようになりました。
これにより日常的に多用する設定をすばやく簡単に呼び出すことができます。
特定のプリセットは、割り当てられたキーストロークまたは新しいRun Commandウィンドウで呼び出すことができます。

ENHANCED GRID SNAPPING

- 相対グリッドと絶対グリッド -

MIDIとオーディオをドラッグするときは、相対グリッドスナップまたは絶対グリッドスナップを選択します。
自動グリッドスナップを使用すると、グリッドの解像度が自動的に設定されるため、特段考慮する必要はありません。

PRIMARY AND ALTERNATE TOOL

- より速いツール編集 -

DP 10には主ツールと代替ツールの両方が用意されています。
これらのツールは 'x'キーを使って切り替えることができ、ツールパレット内の2つの異なるツール間ですばやく切り替えることができ、よりスピーディな編集が可能になります。

ENHANCED QUANTIZE AND GROOVE QUANTIZE

- 強化されたクオンタイズとグルーヴのクオンタイズ -

クオンタイズ、グルーブクオンタイズ、またはインプットクオンタイズを適用すると、Digital Performerは付随するコントローラデータをそれぞれのノートで正しく調整して、元のパフォーマンスをより正確に維持したクオンタイズを行います。

ENHANCED OVERDUB RECORDING

- CCデータを置き換えるオーバーダビングレコーディング -

連続してコントローラデータをオーバーダビングレコーディングするとき、既存のデータはすべて互いに競合するデータストリームを防ぐために置き換えられます。

MIDI NOTE DISPLAY PREFERENCES

- 強化されたMIDIノート表示 -

一目で各ノートのピッチをすばやく識別するためのベロシティ「サーモメータ」とMIDIノート名を含む、ノート表示により、さらに詳細な情報が視認できるようになります。

EVENT LIST QUICK FILTER

- イベントリスト編集の高速化 -

イベントリストのリストすぐ上にクイックフィルタボタンが追加され、データタイプをすばやく表示または非表示にすることが可能になります。

  • JANコード
    OSの対応状況
    macOS version 10.11以降 Windows 7 (32- and 64-bit) Windows 8 (32- and 64-bit) Windows 10
    基本機能
    無制限のシーケンス 無制限のソング 無制限のVラック 無制限のトラック 無制限のオーディオ 無制限のUndo 最大モノラルバス:2048 最大ステレオバス:1024 最大センドチャンネル:20 最大イン/アウト:(接続されたハードウェアに依存) オーディオエンジン分解能:32ビット浮動小数点
    ファイルのインポート
    AudioDeskファイル スタンダードMIDIファイル Final Cut Pro 7 XML
    ファイルのエクスポート
    スタンダードMIDIファイル(タイプ0および1) デジタルパフォーマー(バージョン7-9、6.0、5.12、5.1、4.6、4.5、4.1、3.1) AudioDesk(バージョン2.0および1.0) Final Cut Pro XML MusicXML
    サポートされているオーディオファイル形式
    AIFF WAVファイル ブロードキャストWAV(非MPEG) サウンド・デザイナーII MP3 ACID Apple Loops(AIFFとCAF) REX(RCY) Core Audioフォーマット(CAF) QuickTimeムービー AVIムービー オーディオCDファイル MuLawファイル 3G2 3GP AIFC AAC M4A MP4
    タイム フォーマット
    測定時間(測定 | ビート | ティック) 実時間(時間:分:秒:小数点) フレーム時間(時間:分:秒:フレーム) サンプル
    SMPTEタイムコード形式
    30ノンドロップ 30ドロップ 29.97ノンドロップ 29.97ドロップ 25 24 23.976
    オーディオビット デプス
    16ビット整数 24ビット整数 32ビットフロート
    オーディオサンプルレート(kHz)
    44.1 48 88.2 96 176.4 192
    チャンネル フォーマット
    モノ ステレオ クワッド LCRS 5.1 6.1 7.1 10.2
    プラグイン・フォーマット
    Audio Units(Macのみ) VST2 & VST3 MAS
    コンピュータのディスプレイ解像度
    1024 x 768 1280 x 1024以上を推奨
    資料
    DPクイックTipsビデオ DP10ゲッティングスタートガイド(PDFデータ132ページ、BOX版には冊子封入) DP10ユーザーガイド(PDFデータ992ページ) DP10プラグインガイド(PDF) DPコントロールサーフェスガイド(PDF) DPコントロールアプリユーザーガイド(PDF)