Clarett 2Pre

10x4入出力 2XLR イン(マイク/インスト)、Airシュミレ—ター、4ラインアウト、ADAT Optical In、MIDI In&Out、ダイレクトモニター、Thinderbolt接続

Clarett 2Pre はThunderbolt接続を採用し、クラス最高のデジタルコンバージョンと極めて低いレイテンシーのもと、気になるディレイに妨害されることなくモニタリングやDAWを操作することが可能です。

新しい Clarett のマイクプリアンプは、Focusriteの名を知らしめたISAマイクプリアンプをモデリングする “Air”機能を搭載し、最高の音質を提供するだけでなくノイズやディストーションを極めて低い値に抑えます。さらにデジタル部のコンバーターは最大 24bit/192kHzに対応し、最高119dBのダイナミックレンジを誇ります。また、1.38msというかつてないほどに低いレイテンシーのもと、簡単にDAWを使用したレコーディング/モニタリングが可能です。

Clarett 2Pre

在庫切れ。納期のお問合わせはこちら
¥50,000 (税別)

2つの新しいClarettマイクプリと “Air” 機能

Clarettのために新しく設計されたマイクプリアンプは、高いゲインと低ノイズを兼ね備えています。さらに新開発の “Air” 機能を搭載し、トランスフォーマーベースのFocusrite伝統のISAマイクプリアンプをアナログモデリングすることが可能です。楽器入力では、高出 力のギターにも対応するよう、余裕のあるヘッドルームを確保しています。

精密なデジタルコンバージョン

Clarettのために新しく設計されたマイクプリアンプは、高いゲインと低ノイズを兼ね備えています。さらに新開発の “Air” 機能を搭載し、トランスフォーマーベースのFocusrite伝統のISAマイクプリアンプをアナログモデリングすることが可能です。楽器入力では、高出 力のギターにも対応するよう、余裕のあるヘッドルームを確保しています。

高性能DIを搭載

新しく設計された楽器入力では、いかなる激しいギターの信号が入力されてもクリッピングを起こすことなくレコーディングすることが可能です。その性能は市場のトップクラスの専用DIにも引けをとりません。極めて低いレイテンシーのもと、お好きなアンプシミュレーターやギターエフェクトプラグインを使用してリアルタイムにスムーズなレコーディングが可能です。

あなたのワークフローに革命を

極めて低いレイテンシーを実現した Clarett を用いることで、あなたのワークフローに大きな変化が起きるでしょう。インプットモニタリングをしてオーダーダブを行うためのミックスと、音源再生のためのDAWを使ったミックスを分けて行う必要はありません。オーバーダビング中や再生中に関わらず、DAW上でミックスを行い、ボーカルリバーブやギターアンプシミュレーター、そしてステージ上でのバーチャルインストゥルメンツの使用もレイテンシーに悩むことなく同時に行うことが可能です。

直感的かつ簡単なソフトウェアミキサーと驚きのサウンドを提供するプラグインが付属

Focusrite Controlは、モニタリングとルーティングをシンプルで直感的に構成できるように設計された最新のソフトウェアミキサーです。Air機能のオン/オフ やダイレクトモニタリングの設定だけでなく、Clarettをスタンドアローンで使用する際のルーティングの設定と保存を行うことが可能です。また、世界品質のプラグイン、Softube Time and Tone Bundle(TSAR-1R Reverb, Tube Delay, Saturation Knob)が付属し、さらにはFocusrite 伝統の Red EQ / コンプレッサーを正確にモデリングしたRed 2 & Red 3 Plug-Plug-in Suite(AAX / AU / VST 対応)が付属します。

“Halos” シグナルインジケーターによる可視化されたゲインレベル

フロントパネルのインプットには、Focusrite 独自の ”Halos” シグナルインジケーターが搭載されており、ゲインコントロールの周りが緑 / 赤に光ることによって、インプットレベルを確認することができます。また、フロントパネルにはメインモニターノブ、ヘッドホンアウトプット、ボリュームコントロールが搭載されています。

豊富な入出力

Clarett 2Pre には10イン4アウトが搭載されており、ヘッドホンインプット、リアパネルの4つのLINEアウトプットとさらに8チャンネル分の入力が可能なADAT入力が備わっているので、8チャンネルマイクプリを拡張することも可能です。

OS対応状況

PDF
  • JANコード
    4580101339989
    付属ソフトウェア
    Red 2 & Red 3 Plug-in Suite Loopmasters サンプルコレクション(1GB) Focusrite Control(DSP Mixer) Softube Time and Tone Bundle
    寸法 / 重量
    H5.5 cm × W21 cm × D16.1 cm 1.36kg
    マイク入力
    周波数特性:20 Hz - 20 kHz +/ - 0.1dB ダイナミックレンジ:118 dB(A-Weighted) THD+N:0.001% 最大入力レベル:+26 dBu ゲインレンジ:57 dB
    ライン入力
    周波数特性:20 Hz - 20 kHz +/- 0.1dB ダイナミックレンジ:118 dB(A-Weighted) THD+N:0.001% 最大入力レベル:+26dBu ゲインレンジ:57 dB
    インストゥルメント入力
    周波数特性:20 Hz - 20 kHz +/- 0.1dB ダイナミックレンジ:116dB(A-Weighted) THD+N:0.001% 最大入力レベル:+14 dBu ゲインレンジ:57 dB
    ライン&モニター出力
    ダイナミックレンジ(ライン出力):119 dB ダイナミックレンジ(モニター出力):118 dB 最大出力レベル(0 dBFS):+16 dBu(バランス) THD+N:0.0007%
    ヘッドホン出力
    ダイナミックレンジ:116 dB THD+N:0.0008% 最大入力レベル(0 dBFS):+16 dBu
    その他
    * Thunderboltケーブルは付属していません。
  • Focusrite製品の重量と寸法を教えてください。

    重量と寸法に関してはこちらを参照してください。

    Clarettインターフェースを使用時に、クリックノイズが発生する。

    El Capitan (version 10.11.5)バージョンにて、特定の機種のMac(iMac 17,1. iMac Retina 5K, 27-inch, Mid or Late 2015)においてClarettインターフェースをご使用いただいた際に、いくつかの不具合が発生する事象を確認いたしました。 

    お客様がお使いのMacの機種をご確認いただくには、まず画面上部にあるメニューバーの一番左にあるAppleロゴをクリックしてください。続いて「このMacについて」から「システムレポート」にお進みいただくことで、概要をご確認いただけます(この問題は44.1kHz以上の、全てのサンプルレートに影響を与える傾向があります。しかし44.1kHzで使用する際には、クリアな音質を実現します)。 

    MacOS 10.12.4以降のモデルでは改善しています。

    Focusrite製品の日本語マニュアルはありますか?

    ご購入いただいてからマイページへ登録いただければマイページで御覧いただくことが出来ます。

    Focusrite製品の対応しているOSを教えてください。

    OS対応状況はこちらを参照してください。

    お使いのFirewireポートと、Saffireの互換性を見分ける方法

    FireWireカードには様々なブランド・仕様の製品が存在しますが、リアルタイムのオーディオ処理に適した製品はその中の一握りであると言えます。 

    FireWireカードのユーザビリティは、主にご利用のマザーボードやOS,、Saffire用のドライバとの互換性に起因します。
    これらのカードやチップセット、マザーボードの組み合わせは無限に存在するため、残念ながら私共のほうでその全てをテストすることはできません。 

    しかしながら、互換性/非互換性既に関して、既に報告がなされている組み合わせもございます(一般的に、PCIカードよりもPCIe/Expresscardsの使用を推奨いたしております)。 

    Focusrite社が動作確認を完了した特定のチップセットは、以下になります: 

    Texas Instruments XIO2213Bシリーズ
    このチップセットに組み合わせるPCIeカードの例:SIIG DP FireWire 800 (NN-FW0012-S1): 

    LSI/Agere FW643
    このチップセットに組み合わせるPCIeカードの例:Startech PEX 1394B3 

    上記のFireWireチップセットであれば大部分のPCIe/Expresscardと互換性があり、Saffireでの動作も問題が無いと私共は考えております。

    しかしながら互換性に関する予期せぬ問題が発生する場合もございますので、ご購入の際には返品保証のある著名な販売店をご利用されることをおすすめいたします(Focusrite社は以前、VIAチップセットおよびTexas Instruments XIO2200Aチップセットを推奨しておりました。しかしWindows 10の登場以来、互換性に関する問題が寄せられるようになったため、今はこれらの製品の使用を推奨しておりません)。 

    お使いのFireWireチップセットの互換性が把握できない方は、こちらのツールをダウンロードしていただき、「OHCItool.exe」を実行してください。

    上記OHCIツールを実行後に「This controller is not compatible with DICE drivers」や「Compatibility Unknown”」といったメッセージが表示された場合、お使いのFireWireカードを互換性のある別のカードに交換する必要があります。 

    OHCIツールの実行に際して、Standard Windows Driverをご利用いただくことが前提となります。もしWindows 7上でLegacy Driverをお使いの方は、Windows Standard Driverへと設定を戻してからOHCIツールをご利用ください。 

    重要:OHCIツールにおける「Compatible」の表示は、検証中のチップセットがSaffireドライバと互換性があることを示しています。

    これはカード自体がご利用のマザーボードやOSと互換性があり、正常な動作の保証を意味するものではないということにご留意ください。

    iPadやiPhoneで使えるインターフェースはありますか?

    はい、ございます。詳細はこちらのOS対応状況リスト内の「iOS環境 – ハードウェア – 」の項目をご参照下さい。

    Scarlett第1世代と第2世代はどのような違いがあるのでしょう?

    第2世代のScarlettシリーズは、192kHzに対応した新たなADDAコンバーターとマイクプリアンプを搭載し、第1世代のScarlettシリーズより、さらに高音質のレコーディングが可能です。
    往復2.74msの低レイテンシーの測定にも成功し、よりリアルタイムなレコーディングと、モニタリング環境を構築できます。
    これらの本体スペックの向上に加えて、 Pro Tools | First Focusrite Creative PackとAbleton Liveの2つのDAWソフトがフリーダウンロード可能になっています。更に、Softube Time and Tone bundle、Focusrite Red Plugin-Suite、Novation Bass Stationのバーチャルソフトウェアと2GBのLoopmastersサンプルもフリーダウンロード可能です。

    Clarettシリーズのマイクプリに搭載されているAir機能とは何ですか?

    マイクプリアンプの周波数特性をわずかに修正することで、Focusrit伝統のトランスフォーマーベースのマイクプリアンプ、ISAシリーズのインピーダンスとレゾナンスをチャンネルごとにモデリングすることができます。高品質なマイクでレコーディングをしてみるとミドルレンジの解像度の高さをうかがうことができるでしょう。ボーカルやアコースティックな音色の楽器の録音に非常に適しています。

    Focusriteは歴史あるコンソールメーカーと聞きました。その伝統のサウンドとはどういった特徴があるのでしょう?

    Focusriteの製品には特にそのマイクプリアンプに特徴があると言われていきました。ISAシリーズ伝統の Lundahl L1538トランスの使用がその特徴の一つです。

    Focusrite製品のWindows 10対応について

    以下にFocusrite製品のWindows 10対応状況を示します。その他のOS対応状況に関しては 弊社OS対応状況ページ をご覧ください。

    重要:あなたのコンピューター、マザーボードがWindows 10でサポートされているかどうかまず確認してください。また関連するBIOSやチップセットもアップデートする必要がある場合があります。詳しくはお持ちのコンピューターのメーカーにお尋ねください。弊社ではコンピューター、マザーボード、BIOSやチップセットについてのサポートはおこなっておりません。予めご了承ください。

     

      • Saffire Firewireシリーズ(Pro 14, Pro 24, Pro 24 DSP, Pro 26, Pro 40, LS 56)
        対応しています
        注:マザーボードやmotherboard/FireWireチップセットがWindows 10でサポートされているか必ず確認してください。

     

      • Scarlett 2i2, Scarlett 2i4, Scarlett Solo
        対応しています

     

      • Scarlett 8i6, Scarlett 18i6, Scarlett 6i6, Scarlett 18i8, Scarlett 18i20
        対応しています

     

      • Saffire 6 USB 2.0
        対応しています

     

      • Forte
        対応しています

     

      • iTrack Solo
        対応しています

     

      • VRM Box
        動作します
        注: Windows 10で正式に対応していませんが、動作はします。今後、正式に対応する予定はありません。

     

      • Red 2 & Red 3 plug-in suite
        対応しています
      • Clarett シリーズ(2Pre, 4Pre, 8Pre, 8PreX)
        Windows 10 AU(Redstone)対応しています
        Windows 10 対応しています
        Thunderbolt 1 あるいはThunderbolt 2 をサポート
        Thunderbolt 3(USB-C) + Adapterには正式対応していません。

    Focusrite製品はmacOS Sierraに対応していますか?

    Focusrite 製品のApple macOS Sierraへの対応状況は以下を参照してください(2016年9月21日現在)。

     

      • Clarett 2Pre, 4Pre, 8Pre & 8Pre X
        対応しています – しかしながら5k Retina iMacs (model 17,1)で問題が確認されています。
        詳しくはマイページに記載があります。購入後のマイページ登録はこちら

     

      • Saffire firewireシリーズ (Pro 14, Pro 24, Pro 24 DSP, Pro 26, Pro 40, LS 56)
        対応しています

     

      • Scarlett 2i2, Scarlett 2i4, Scarlett Solo (第1世代&第2世代)
        対応しています。

     

      • Scarlett 6i6, Scarlett 18i8, Scarlett 18i20 (第1世代&第2世代)
        対応しています

     

      • Scarlett 8i6, Scarlett 18i6(生産完了品)
        対応しています

     

      • Saffire 6 USB 2.0(生産完了品)Saffire 6 USB 1.1(生産完了品)
        対応しています。
        Points of note : USB 2.0バージョンの Saffire 6の場合はドライバーは必要ありません。プラグ&プレイで動作します。もしUSB 1.1か 2.0かわからない場合は本体の下にあるシリアルナンバーを確認してください。もし ‘S2’で始まる場合はSaffire 6 USB 2.0で、’SU’で始まる場合はSaffire 6 USB 1.1.です。Saffire 6 USB 1.1.の場合は最新のドライバーを使用してください。

     

      • Forte
        対応しています

     

      • iTrack Solo
        対応しています

     

      • VRM Box
        対応していません – VRMはアウトプットデバイスとしてオーディオストリームが可能なように認識されますがソフトウェアが動作しません。
      • Red 2 & Red 3 plug-in suite
        対応しています

     

     

    Live 9はmacOS Sierraに対応していますか

    現在のところLive 9の最新バージョンはmacOS Sierra環境下で特に問題無く動作しています。しかしながらLive 9の古いバージョンでは問題無く完全に動作するように見受けられません。macOS Sierra で使用する場合は必ずLiveのバージョンを最新にアップデートするように確認してください。