M2 – スタートガイド

ようこそ!

MOTU Mシリーズオーディオインターフェイスをご購入頂き誠にありがとうございます。このWEBページには、Mシリーズオーディオインターフェイスを使用し始めるために必要な情報が全て記載されています。


ご注意!Mシリーズオーディオインターフェイスは、ドライバなしであなたのMacで動作しますが、オプションのMacドライバをインストールすることで、より良い速度(低レイテンシー)とループバック機能を提供します。ドライバのインストールを行う場合は、予めMacドライバのインストールビデオをご参照ください。


以下のMシリーズ用のWindowsドライバーをダウンロードします。 このリンクはWindowsドライバーのみを提供します。 Performer Lite、Ableton Live Lite、ループライブラリなど、Mシリーズに含まれる残りのソフトウェアにアクセスするには、MシリーズをMOTUアカウントに登録して、追加のソフトウェアインストーラーにアクセスします。

MシリーズオーディオインターフェイスをMOTUアカウントに登録すると、バンドルされる全てのソフトウェア、プラグイン、バーチャルインストゥルメント、ループ、サウンドにアクセスできます。 今すぐ登録してください!

MシリーズオーディオインターフェイスをMac環境で使用する場合、ドライバのインストールは不要です。 ただし、このビデオで説明されているオプションのMacドライバーは、ホストオーディオソフトウェアの最高のUSBスピード(USBレイテンシーパフォーマンス)に加えて、コンピューターの出力を簡単にキャプチャできる便利な”ループバック”チャンネルを提供します。 コンピューターのオーディオとライブマイクやギター入力を組み合わせて、組み合わせたミックスをYoutubeまたはお気に入りのポッドキャスティングプラットフォームにリアルタイムでストリーミングします。 ストリーミングとポッドキャスティングは、かつてないほど簡単で優れたサウンドになります!

Macドライバのダウンロード(オプション)

Mシリーズを最大限に活用する

これらのビデオでは、Mシリーズオーディオインターフェイスに含まれるソフトウェア、プラグイン、バーチャルインストゥルメント、およびループライブラリのインストール方法と使用方法を説明しています。