お役立ち情報

DP11.04アップデーターをリリース 機能強化と不具合修正

DP11の最新バージョンである「DP11.04」がリリースされました。今回のアップデートではいくつかの機能強化及び、不具合の修正が行われております。DP11ユーザーは下記のページより無償にてアップデーターをダウンロードすることができます。

 

MOTUダウンロードページ

 

DP11の詳細はこちら

 

バージョン11.04で導入された機能強化

  • ファイルの開閉速度を最適化しました。
  • チャンクペーストの速度を最適化しました。
  • チャンクが複製された場合、オートレコード及びメモリーサイクルメニューで保存したバーのタイムも複製されるようになりました。
  • あるチャンクで保存されたオートレコード及びメモリーサイクルのタイムは、別のチャンクやグローバルリストで保存されたタイムと同じ名前を持つことができます。
  • 保存されたタイムのダイアログが正しい場所に表示されるようになりました。

 

不具合の修正

  • プラグインの表示/非表示のメッセージに対応するようにEUCON を更新しました。 これにより、インサートを開いたり閉じたりする際に、EUCON サーフェイス上でプラグインの表示/非表示のUI動作が一貫していなかったバグが修正されました。
  • Auralizerプラグイン(パンナープラグイン)のクラッシュの原因となっていたIntelのバグを修正しました。
  • N-Channel Delayプラグインのチャンネル毎のディレイUIを修正しました。
  • オンラインバウンス時の問題を修正しました。
  • オフラインのバウンストゥディスクをキャンセルすると、トランスポートが再生されてしまう不具合を修正しました。
  • オートレコード及びメモリーサイクルのタイムを保存したチャンクを削除した後に発生するクラッシュを修正しました。
  • スプラインツールで、開始点を基準として特定の方向に移動すると、正しく再描画されない不具合を修正しました。
  • デフォルトではないアーティキュレーション・スロットにシンボルを手動で割り当てた場合、MusicXML に “XML_SPACE_ENCODE”で書き出されるバグを修正しました。
  • 最長音符の計算にMIDIチャンネル1だけが使用され、異なるチャンネルの音符を選択する問題が発生していたバグを修正しました。
  • MIDI録音時に発生する可能性があったクラッシュの問題を修正しました。
  • シーケンス画面でクリップを選択する際に発生するクラッシュを修正しました。

 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

UK発、創業50年を超える由緒あるライブコンソール・メーカーが開発するハイエンドDJミキサー ラインナップ

ハリウッドを象徴するスタジオを擁するオスカー御用達のプレミアム・インストゥルメンツ

ヴィンテージ・シンセサイザー・プラグインの開拓者として席巻するデベロッパーブランド

洗練されたデザインと様々な音響アプローチのニーズに対応したインストゥルメント / スタジオエフェクトをリリースするスウェーデンのプラグイン・デザイナーブランド

80年代初頭の創業より業界をリードするDAWブランド Digital Performer / オーディオ、MIDI、AVBインターフェイス

鍵盤楽器にMPE機能を追加するほか新たな表現を演出するMIDIプラグイン・ブランド

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んで開発するUKメイドのハイエンド・パフォーマンスコンソール

“Tilt EQ”の開発に代表される優れたクラフトマンシップと独自のサウンド・キャラクターを両立するプロオーディオ・ブランド

数々の名曲を生み出したA-Range、Series 80など歴史的コンソールを輩出するコンソール・ブランド

スウェーデン発、軽快動作と中毒性あふれるAddictiveシリーズ、RC-20などのインストゥルメント / エフェクトを多数開発するプラグイン・ブランド