アーティスト

ガイル・サン(Gayle San)

ダンスミュージック界において、DJは人気が続かず短命に終わるか、もしくはDJとして活動できないことが多くあります。しかし、ガイル・サンはDJの中で長期間に人気を博し、競争率が高く常に需要が変化するDJ業界において稀な存在です。サンのオリジナリティと適応性はDJキャリアを築く中で重要な役割を担っていると考えられます。

シンガポールを離れ、1990年台にTop Ten Clubと呼ばれるクラブでDJを担当し、DJキャリアをスタートさせました。サンはKool and the Gang、Earth Wind and Fire、The Commodoresのオープニングアクトを務めたこともあります。彼女の活躍はすべて今までの努力と、DJとしてのキャリア確立する願望を追い求め続けたからでしょう。その後UKへと拠点を移動し、第一歩としてロンドンのクラブでレコード会社のパーティや様々な単発のパフォーマンス、ファッションショーのゲストとしてDJ活動を行いました。その結果、ロンドンのLimelight Clubで世界的に有名なDJと肩を並べてパフォーマンスするようになりました。

サンのダンス・ミュージックは当初と比べハードなものへと変わり、まだヨーロッパやアメリカからのテクノサウンドが知られていないイギリスでは珍しいものでした。テクノサウンドの人気が出てくるにつれ、サンの音楽はイギリス国内でも時代を先駆けたものであり、伝説的なイギリスのクラブ、Final Frontierでパフォーマンスするようになりました。その後、北ロンドンのクラブThe Complexでパフォーマンスしつつ、多くの民族が集まるフェスティバルへの参加を続けました。

クラブFinal Frontierはサンがパフォーマンスをするようになってから、世界の上位クラブに名を連ねることになりました。特にテクノ信者はスコットランドのエディンバラまでパフォーマンスを聞きに行くこともあるそうです。サンの3つのデッキを使用するミキシング技術とDJセットは瞬く間にヨーロッパのテクノ業界へ認知され、その評判の結果、月に1度フランクフルトにあるOmenクラブ(テクノのメッカ)と呼ばれる有名なクラブでパフォーマンスをするまでになりました。
その後は世界有数のクラブでパフォーマンスし、プリンス、チャカ・カーン、カイリー・ミノーグのような高級なパーティでパフォーマンスするようになりました。ガイル・サンは今、個人レーベルGSRと、様々なレーベルからPhobic Rec、Toolroom、Naked Lunch、H-Productionsなどリリースし、さらに多くのアーティストのリミックスをリリースしています。サンのデッキは未だに人気で、特にヨーロッパ、アメリカ、日本、中国で多くの支持を得ています。

 

出演交渉
Germany contactjonashager@gmail.com
Spain: jvalero@magnumbookings.com
France: renaud@dancecode.fr
Italy: booking@jayvip.com

リンク
Facebook
SoundCloud

 

 

HRオンラインストアからのオススメ製品

取扱ブランド

伝統のあるPAミキサーメーカーのノウハウで高音質、ハイエンドDJミキサーを実現

XYZ軸の操作で、まったく新しい演奏表現方法をもたらす、3Dタッチコントローラ:CMG

ハリウッドの有名スタジオで収録されたプロの為のプレミアムなインストルメンツ

世界初のマルチタッチ対応USB / MIDIフットコントローラー類とK-Mix

ロサンゼルスを基盤にAbleton用とKontakt用のプラグインを提供する新進メーカー

アメリカでデザインされ高品質・低価格を実現したマイクロフォン、マイクプリアンプ

Ableton Live 10 発売開始

リッチー・ホーティンとアンディ・ジョーンズがタッグを組んだ超ハイエンドDJミキサー

実在したイギリスの伝説のレコード・プロデューサーの名を冠したアウトボード類

80年代から業界のリーディングカンパニーとして君臨。DP、各種インターフェイス

世界のミュージシャン、DJから絶大なる人気を誇るレコード・バッグ、トロリーなど

スウェーデン発、軽快な動作と豊富な音源のドラム&キーボード・インストルメンツ